Home

macOS 13 Ventura: Betaバージョン、互換性、リリース日、機能

Updated on 2024年5月27日月曜日

iBoysoft author Erika Zhang

Written by

Erika Zhang
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

macOS 13 Ventura の詳細: 最新の macOS 機能、リリース日

概要: Apple の WWDC 2022 で最新バージョンの macOS とその新機能が発表され、多くの熱心な Mac ユーザーを魅了しました。この投稿ではリリース日、対応デバイス、および機能を理解するのに役立ちます。

macOS 13 Ventura

WWDC 2022 のイベントで、Apple が最新の macOS - macOS 13 を発表しました。これは macOS 12 Monterey の後継として、ステージマネージャ on Mac と 連係カメラ という 2 つの新機能が搭載される新しい macOS です。さらに、強化された Spotlight 検索、リデザインされた システム設定 アプリ、更新されたアプリ、新しいセキュリティツール、および Appleパスキーを備えています。このオペレーティングシステムの新機能を見て、「macOS Ventura にアップグレードすべきか?」という疑問に答えましょう。

新 macOS 名: Ventura

噂されていた macOS Mammoth の代わりに、Apple は新しい macOS の名前をカリフォルニア中部の都市から取って macOS Ventura と発表しました。オペレーティングシステムにApple本社の地名を冠するこの伝統は、OS X 10.9 Mavericks 以来受け継がれています。

macOS 13 リリース日

Apple は次の macOS バージョンの正式リリース日を明らかにしていません。通常、Apple は毎年の macOS アップデートをリリースするのは 9 月か 10 月の後半になるでしょう。前身であるmacOS Monterey は 2021 年 10 月 25 日に登場し、macOS 13 と同じくらいの時期 (2021 年 6 月 7 日) に発表されたので、同じような時期になると予期できます。

macOS 13 Beta リリース日

2022年6月6日、Appleは開発者向けに最初のmacOS 13 Betaをリリースしました。登録された開発者はApple Developer Centerからアクセスできます。必要なプロファイルがインストールされると、開発者Beta版はシステム環境設定のシステム更新パネルから更新できます。

macOS 13のパブリックベータは2022年7月まで到着しませんが、正式リリース前にソフトウェアを試したい場合は、無料Betaプログラムに今すぐ登録できるようになります。

macOS Venturaのパブリックベータリリース日

macOS Venturaの互換性とサポートされているデバイス

2020年に最初のM1 Macが登場してから、AppleはIntelチップからApple Siliconへの移行を開始しました。これに合わせて、彼らは現在M2チップを所有しています。Apple Siliconへの移行を加速するために、AppleはIntel Macの廃止速度を速め、macOS 13 Venturaを新しいMacモデルに制限しています。ここにmacOS 13.0でサポートされているデバイスのリストがあります:

  • MacBook Air(2018年以降)
  • MacBook Pro(2017年以降)
  • MacBook(2017年以降)
  • Mac Mini(2018年以降)
  • iMac(2017年以降)
  • iMac Pro(2017年以降)
  • Mac Pro(2019年以降)

 

macOS Ventura:最新のmacOS機能

この新しいmacOS 13 Venturaは、マルチタスクにおける生産性の向上とiPadやiPhoneとのより良い統合に焦点を当てています。WWDC 2022で発表されたmacOS Venturaのすべての新機能は次のとおりです:

ステージマネージャ - ウィンドウとアプリを自動的にグループ化する

macOS Ventura ステージマネージャー

Apple macOS 13のステージマネージャを使用すると、複数のウィンドウやアプリ間で作業することが簡単になります。使用中のウィンドウを自動的に画面の中央に、他のウィンドウやアプリを画面の左側に表示します。これにより、他のウィンドウやアプリからの気を取られることなく、1つのアプリに集中できます。

ステージマネージャはまた、特定のプロジェクト用に開いているウィンドウやアプリを整理したり、ウィンドウのサイズや位置を再配置したり、カスタマイズしたままウィンドウ間を切り替えたりすることができます。

連続カメラ - MacでiPhoneのカメラを使用する

連係カメラ

Macのカメラの品質に満足していない場合や、ビデオ通話にiPhoneのカメラを使用したい場合は、macOS 13.0がその夢を叶えます。macOS 13 Venturaを実行しているMacは、Apple IDにサインインし、Wi-FiとBluetoothがオンになっている同じAppleデバイスを自動的に近くにあるウェブカメラとして認識します。

さらに、あなたのiPhoneはMacに無線で接続することもでき、HandoffでFaceTime通話をMacに、その逆にもつなげることができます。さらに嬉しいことに、連係カメラはiPhoneの超広角カメラを利用してデスクビューを可能にし、画面上に自分の顔と机の概要を表示します。デスクビューは他の人に自分が何に取り組んでいるかを知らせることができ、DIYビデオの作成やスケッチの表示などのお手伝いをします。

さらに、連係カメラはセンターフレーム、ポートレートモード、そして新しいスタジオ照明機能をサポートしています。これにより、ユーザーの顔を照らし、背景を暗くすることができます。

パスキー - 安全でパスワード不要のサインインシステム

AppleはFIDO Allianceと協力して、パスワードに依存する人々を減らし、パスキーで置き換える取り組みをしています。これらのパスキーはWebサーバーではなくMacにのみ保存されるため、漏洩する可能性はほぼありません。次のmacOSのバージョンでは、Safariのログインページに到着した際に、パスワードの代わりに、MacがiPhoneやiPadのTouch IDまたはFace IDを使用して個人の確認を求めるようになります。

Macに保存するだけでなく、パスキーはiCloudを有効にしたすべてのAppleデバイス、iPhone、iPad、Apple TVと同期されます。

Spotlight - 更新されたデザイン、ファイルのプレビュー、より豊富な検索結果

アップデートされたスポットライト

Spotlightには、さらに多くの機能が追加されており、ファイルのプレビュー用にクイックルックが追加され、写真ライブラリ内、システム全体、ウェブ上で画像を検索し、場所、人物、シーン、主題によって写真を検索し、タイマーを起動したり、新しいドキュメントを作成したり、ショートカットを実行したりすることができます。

メッセージ - 送信済みメッセージの編集や取り消し、メッセージを未読としてチェック

macOS VenturaのMessagesアプリにはいくつかのアップデートがあります。macOS Venturaでは、送信後15分以内のテキストを元に戻したり編集したりすることができます。削除されたテキストを30日以内に取り戻したり、メッセージを未読としてマークしたりして、即時の応答の圧力を和らげることができます。さらに、Messagesで共有ドキュメントを編集するなど、新しいコラボレーションツールもあります。

メール - 電子メールの取り消しや予定

macOS 13 Venturaでは、ネイティブのメールアプリが送信後すぐに電子メールを取り消したり、後で送信するようにスケジュールすることができます。検索機能も大幅に改善されており、即時の提案、タイプミスの修正、より詳細なプレビューが可能です。その他の機能には、将来のメールへのリマインダーの設定、フォローアップの提案での通知、添付ファイルやccされた受取人がメールから欠落している場合に検出して通知することが含まれます。

Safari - 共有タブグループ

macOS 13 VenturaのSafariには、他の人があなたと共有されたタブを表示、編集、または削除できる共有タブグループがあります。この機能は、グループ計画やリサーチなどに役立つものです。

システム環境設定 - リニューアルされ、「システム設定」に名称変更

新しいmacOSのバージョンでは、Appleはデバイス間でユーザーの体験を統一し続けています。そのために、彼らはシステム環境設定を システム設定 と改名し、サイドバーに設定を配置し直しました。これにより、iPhoneやiPadの設定アプリと似た外観になりました。この新しい外観により、異なる設定画面を簡単にナビゲートし、Macを設定することがより簡単になります。

mac OS VenturaとMontereyとの区別

ゲームサポート - Metal 3でより良い体験

macOS 13を搭載した新しい全てのMacは、EAのGRID Legendsやカプコンのバイオハザード ヴィレッジなどのゲームをサポートします。Apple Siliconの可能性は Apple Metal 3で完全に引き出され、Appleプラットフォーム上のゲーム体験を支えるソフトウェアの最新バージョンです。

Metal 3の機能に加えて、MetalFX Upscalingというゲーム専用テクノロジーがあります。「MetalFX Upscalingは、開発者がより少ない計算負荷のフレームを使用して複雑なシーンを高速にレンダリングし、解像度のスケーリングとテンポラルアンチエイリアシングを適用することができる」とAppleは述べています。新しいFast Resource Loading APIにより、ストレージからGPUへのより直接的な経路が提供され、待ち時間が短縮されます。

天気と時計 - 新しいアプリが登場

iOSからmacOS Venturaに登場するのは、天気アプリと Mac時計アプリです。iPhoneで提供されているのと同じ天気のアニメーションと情報を Mac用の天気アプリ で表示できるようになります。また、Siriを使用して時計アプリでアラームを設定することもできます。

アクセシビリティツール - ライブキャプション、改良されたLive Text、ビジュアル検索

以前のmacOS Montereyでは、 Live Text Mac「テキスト認識表示」が画像内のテキストを認識することができました。macOS 13.0 Venturaでは、一時停止したビデオフレームや日本語、韓国語などの言語のサポートが追加されました。拡張された Visual Look Up「画像を調べる」 機能では、動物、鳥、像、昆虫、その他のランドマークなどを認識することができます。

macOS Venturaでは、FaceTime通話や第三者のオンライン会議アプリに対してライブキャプションが導入されています。これにより、聴覚障害のある方や聴覚障害のある方にとって通話が容易になります。

macOSセキュリティツール - スピーディーなセキュリティ対応

Appleはソフトウェアのアップデートでセキュリティ更新を導入していますが、ユーザーがデバイスを適切に更新しない場合、重大なセキュリティ問題を回避できない可能性があり、理想的な方法とは言えません。macOS Ventura、iOS 16、iPad OS 16では、スピーディーなセキュリティ対応が導入され、標準的なソフトウェアアップデートの間にセキュリティ更新を自動的に適用するかどうかの選択肢がユーザーに与えられます。

このようにして、Appleは問題が浮かび上がった際にデバイスに必要なセキュリティ更新を自動的にインストールすることができます。

MacでmacOS Ventura Betaを実行しているときに何か気にならないことがあれば、次の記事を読んで安定したmacOS Montereyに戻ってください: macOS VenturaをMontereyにダウングレードする方法に関する完全ガイド