Home

[ガイド] macOS Sonoma およびそれ以前のバージョンでの高いCPU使用率の修正方法

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Macの重いCPU使用率? 解決策はこちら!

概要: この投稿では、MacのCPU使用率を確認する方法を案内します。CPU使用率が高いと判断された場合、この投稿の実証済みの解決策を使用して、macOS Sonomaおよびそれ以前のバージョンを実行しているMacでの高いCPU使用率の修正ができます。

Macでの高いCPU使用率の修正方法

CPU(中央処理装置)はMacの脳であり、すべてのシステムタスクを処理し、Macの他のすべてのコンポーネントと通信し、コマンドや指示を実行します。すべてのMacコンピュータには限られたCPUがあり、高いCPU使用率にはマイナスの影響があります。

Macでの高いCPU使用率の一部の症状:

これらの症状のいずれかがMacBook Air/Pro/iMacで発生した場合、MacのCPUが過負荷になっている可能性があります。この問題は特定のMacモデルやmacOSに限定されているわけではありません。一部のMacユーザーは、Macでの高いCPU使用率をM1/M2を搭載し、macOS Sonomaを実行している場合さえも遭遇することがあります。

Macでの高いCPU使用率を修正するために、この投稿を読み続けてください。

MacでCPU使用率を確認する方法

Macでの高いCPU使用率は明らかなパフォーマンス低下をもたらす可能性があります。予期せずにMacが非常に遅く動作したり、レスポンスがない、アプリが突然クラッシュするなどの異常な症状に気付いた場合は、MacのCPU使用率を確認できます。

内蔵のアクティビティモニターのおかげで、MacでのCPU使用率を確認および表示するのは簡単で直感的です。以下の手順で進めてください。

  1. Finder > Applications > Utilitiesからアクティビティモニターを起動します。
  2. アクティビティモニターの上部ツールバーでCPUタブをクリックします。

MacでのCPU使用率の確認

CPUタブでいくつかの重要な指標がハイライト表示されます:

  • %CPU: プロセスが使用するプロセッサの全体的な容量の一部であり、プロセッサの能力とも呼ばれます。
  • CPU時間: プロセスが最後に起動してから経過した時間の量。
  • アイドルウェイクアップ: プロセスがスリープ状態から復帰した回数。

ここでは、開いているプログラムやアプリケーションとそれらが消費しているリソースを正確に表示することができます。CPUの消費量が最も高いプロセスがリストの先頭に表示されます。

アクティビティモニターのプロセスはアプリケーションまたはシステムに属することがあります。アプリケーションベースのプロセスの場合、名前の横にアプリアイコンがあり、ユーザーメトリックの「test」というようにアカウント名がラベル付けされています。システムプロセスの場合、アイコンは存在せず、「root」が所有者です。このように、高いCPU使用率がMacでアプリケーションベースのプロセスなのかシステムプロセスなのかを確認することができます。

これらの手順を共有してMacのCPU使用率をチェックしましょう!

 

なぜMacのCPU使用率が高いのでしょうか?

アクティビティモニターでCPU使用率を表示すると、いくつかのプロセスが異常にCPUの大部分を消費していることがわかるかもしれません。中には100%近くに迫るものもあります。MacのCPU使用率が高い原因は次のとおりです:

  • 同時に実行されているアプリの数が多すぎる
  • 不要なログイン項目が多い
  • ウイルスまたはマルウェアの感染
  • CPUを占有するアプリ
  • 故障したハードドライブ
  • システムエラー
  • 動作不良のアプリ

Macでの高いCPU使用率を修正する方法

Macでは、過剰なCPU使用率がさまざまな問題を引き起こす可能性があります。幸いにも、ほとんどのMacの高CPU使用率の問題は解決できます。同じ問題が発生した場合、以下の解決策を複数使用してMacコンピューターの高CPU使用率を解消できます。

不要なアプリとプロセスを終了する

アクティビティモニターツールでCPU使用率を表示した後、どのアプリやシステムプロセスが多くのCPUパワーを消費しているかを特定できます。そのため、そのようなプロセスをアクティビティモニターで終了してCPUを解放することができます。問題のプロセスに関連するプロジェクトが進行中の場合は、終了する前に保存することをお勧めします。

  1. スポットライト検索を介してアクティビティモニターを開きます。
  2. CPUタブをクリックしてプロセスを降順で並べ替えます。
  3. プロセス名をクリックし、新しいウィンドウで「終了」をクリックします。
  4. 再度終了をクリックして確認します。

アクティビティモニターでプロセスを終了する

また、Appleメニューからアプリを強制終了することもできます。: Macでアプリを強制終了する方法

  1. Mac画面の左上隅にあるAppleロゴをクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから「強制終了」を選択します。
  3. CPU使用率の高いアプリを選択し、「強制終了」ボタンをクリックします。
  4. 再度「強制終了」をクリックします。

Appleメニューからアプリを強制終了する

ソフトウェアを更新してMacを再起動する

古いソフトウェアはMacのCPU使用率が高くなる原因になります。Macを再起動する前に利用可能なソフトウェアのアップグレードを確認してください。一般的にはアプリとオペレーティングシステムを更新することで問題が解決します。

macOSの確認と更新:

  1. Appleメニューに移動し、システム環境設定を選択します。
  2. システム環境設定パネルで「ソフトウェアアップデート」をクリックするか、一般>ソフトウェアアップデートを選択します。
  3. 自動的に更新の確認が行われるのを待ちます。
  4. 利用可能な更新がある場合、「アップグレード/更新/再起動」をクリックし、画面の案内に従います。

macOSの更新を確認する

Mac上のアプリの確認と更新:

  1. ランチパッドからMacのApp Storeを開きます。
  2. サイドメニューから「更新」をクリックします。
  3. 関連するすべてのアプリを更新します。

App Store以外でインストールされたアプリの場合は、内部の通知を確認して更新するか、公式サイトから最新バージョンをダウンロードすることもできます。

macOSとアプリを更新した後、Macを再起動して新たなスタートを切ることができます。

不要な起動項目を削除する

起動時にロードされるLaunch Agents/スタートアッププログラムやログインアイテムは、システムに過剰な負荷をかけてCPU使用率や重要なリソースを消耗する可能性があります。Macの起動時に自動的に起動する不要な項目を無効にすることで、システムのスピードを劇的に向上させることができます。

macOS Ventura以降の場合:

  1. Appleメニューに移動し、システム環境設定を選択します。
  2. 左のサイドバーから「一般」を選択します。
  3. 右のパネルで「ログイン項目」をクリックします。
  4. 「ログイン時に開く」のボックスでアイテム名をクリックし、「-」をクリックして削除します。
  5. 「バックグラウンドで許可する」セクションの隣にあるボタンをオフに切り替えます。

ログイン項目を無効にする

macOS Monterey以前の場合:

  1. 画面の左上隅にあるAppleメニューをクリックします。
  2. 「システム環境設定」を選択します。
  3. 「ユーザーとグループ」をクリックします。
  4. 「ログイン項目」タブを選択します。
  5. 不要なアイテムを選択し、「-」をクリックして削除します。

起動プログラムを削除する

問題のあるアプリをアンインストール/再インストールする

アップデートされたアプリケーションは、Activity Monitorで上位ランキングされる場合があります。その場合は、Macでアプリをアンインストールして問題を解消できます。

アプリをアンインストールするためには、複数の方法がありますが、中でもiBoysoft MagicMenuをお勧めします。右クリックメニューから素早くアプリを削除し、同時に残り物も削除できます。

SMCとNVRAM/PRAMをリセットする

SMC (System Management Controller) は、Macのキーボード、バッテリー、ファンなどの重要なデバイスハードウェアに電力を供給します。また、NVRAM(不揮発性ランダムアクセスメモリ)は、OS関連の設定を保存し、コンピュータの起動を迅速かつスムーズに行います。

これらのコンポーネントのいずれかが正常に機能しなくなると、kernel_taskプロセスがCPU負荷を増加させる場合があります。この問題を解決し、Macに余裕を与えるには、SMCのリセットおよびNVRAMのリセットを行うことができます。

ハードウェアの問題を特定する

ソフトウェアの問題に加えて、高いCPU使用率の原因となるのはハードウェアの故障です。Appleは、明らかなハードウェアの問題を特定するためのツール「Apple Diagnostics」を提供しています。これにより、Macのロジックボード、RAM、バッテリー、ワイヤレスコンポーネントのハードウェア問題をチェックすることができます。

Activity MonitorのCPUタブでプロセスが正常に見えるが、Macで高いCPU使用率の症状が現れる場合、ハードウェアに問題がある可能性があります。その場合は、Intel Macs/Apple Silicon MacsでApple Diagnosticsを実行してハードウェアの問題を特定してください。

これらの解決策はほとんどの状況に適用されます。例えば、MacでのWindowServerの高いCPU使用率などのより具体的なケースに対しては、他の有効な修正方法もあります。以下の投稿を読み続けて、Macで高いCPU使用率を占有する一部の一般的なプロセスの確実な対策を学ぶことができます。

これらのMacで高いCPU使用率の解決策を共有しましょう!