Home

[解決済み] Mac ドキュメントフォルダーが空です

Updated on 2024年4月12日金曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

MacのDocumentsフォルダーが空です:修正方法とデータの回復

概要: MacのFinderでDocumentsフォルダーが突然空になったことはありますか?フォルダー内のファイルは削除または非表示にされている可能性があります。iBoysoftのこの投稿では、この問題の修正方法とファイルの回復方法を教えています。

MacのDocumentsフォルダーが空の修正方法

昨夜、Documentsフォルダーが突然空になっていることがわかりました。ファイルとサブフォルダーはすべて消えており、たくさんのファイルがありました。昨日まではファイルがありました。Spotlightを使用してファイルを検索すると、iCloud Driveの下のフォルダーにありますが、ローカルのフォルダーからは消えてしまっています。Transmissionを使用してダウンロードしたファイルはDocumentsのサブフォルダーにあり、Transmissionを開くとその特定のファイルに「データが見つかりません」と表示されます。iCloud同期に変更は加えていないため、なぜそのフォルダーが突然空になったのかわかりません。

Spotlightを使用して検索結果からファイルにアクセスして開くことはできますが、Finderでは見つけることができません。ファイルは完全になくなったか削除されたかのようですが、iCloud Driveには同期されています。

それ以外にも、Documentsフォルダーが突然空になることがあります。この問題のルート原因は何であり、それを修正する方法は何でしょうか?Documentsフォルダーのファイルが消えてしまったか永久に削除された場合はどうすれば良いのでしょうか?それでは、確認してみましょう。

目次:

以下のテキストを読み続け、ファイルを回復し、問題を修正してください。お読みいただいた後、このチュートリアルを共有していただけると非常に感謝します。

 

MacでDocumentsフォルダーが空になる理由

MacでDocumentsフォルダーが突然空になる主な3つの理由を以下にリストしています。

  • ファイルを誤って削除しました。 ファイルを誤って削除した場合、Macのドキュメントフォルダは完全に空になります。
  • Mac Finderがファイルを隠しています。 設定を変更した場合、Finderは削除済みのように見えるファイルを隠す場合があります。
  • iCloudがファイルを同期しています。 ファイルをで同期することで、すべてのAppleデバイスでアクセスできます。ただし、同期のプロセス中にこの機能を無効にした場合、ファイルは削除されますが、Macにはまだ残っています。

サードパーティのソフトウェアを使用してファイルを回復する

ドキュメントフォルダのファイルを誤って削除した場合、回復する最も簡単で効率的な方法は、サードパーティのデータ復旧ソフトウェアを使用することです。iBoysoft Data Recovery for Macの使用を強くお勧めします。

iBoysoft Data Recovery for Macは、内部または外部のハードドライブに保存されている削除されたファイルや紛失したファイルを回復できる、強力かつ信頼性の高いデータ復旧ツールです。写真、ドキュメント、ビデオなど、複数の種類のファイルを回復できます。最新のmacOS-macOS Sonoma(14)にも対応しています。

Macの最高の削除ファイル回復ソフトウェア - iBoysoft Data Recovery for Mac

  • 削除された写真、ドキュメント、オーディオファイル、ビデオ、メールなどを回復
  • HDD、SSD、フラッシュドライブ、SDカードなどから削除されたファイルを回復
  • APFS、HFS+、exFAT、FAT32のフォーマットされたドライブをサポート
  • macOS SonomaとApple Silicon Macに対応

 読み取り専用で安全

 

以下の手順に従って削除されたファイルを回復し、Macのドキュメントフォルダがまだ空かどうかを確認してください。

ステップ1:iBoysoft Data Recovery for Macを無料でダウンロードし、インストールして起動します。

ステップ2:ファイルが保存されているドライブを選択し、失われたデータを検索 をクリックします。

失われたデータを検索

ステップ3:検索結果をプレビューし、必要なファイルを選択します。

検索結果をプレビュー

ステップ4:回復 をクリックし、回復したファイルを保存する別の場所を選択します。

ファイルを回復する

プロセスが終了したら、再びファイルにアクセスできます。

Macの「ドキュメント」フォルダが空であることを修正するための別の3つの方法

「ドキュメント」フォルダに保存されているファイルを削除していないことが確認されるが、フォルダ内に表示されない場合、それらはFinderで非表示にされているか、iCloudによって同期されている可能性があります。ファイルを再表示するために、以下の方法を試すことができます。

Time Machineバックアップを使用する

以前にMacのバックアップにTime Machineを使用している場合、Time Machineバックアップからファイルを回復するのは良い選択です。データを回復する前に、対象のフォルダが空になる前にファイルをバックアップし、最新のバックアップに置き換えられていないことを確認する必要があります。

  1. Time MachineバックアップドライブをMacに接続します。
  2. Finder > アプリケーション > Time Machineに移動し、ダブルクリックして開きます。(または、Launchpad > その他 > Time Machineに移動し、ダブルクリックして開くこともできます。)

Time Machineバックアップを使用する

その後、バックアップの一覧が表示されますので、復元したいファイルを選択します。

iCloudの同期を無効にする

Macの「ドキュメント」フォルダが空の場合、それはiCloudの同期によるものかもしれませんので、iCloudの同期を無効にしてみることができます。

  1. ドックからシステム設定を開きます。
  2. Apple ID > iCloud Driveを選択します。
  3. デスクトップとドキュメントフォルダのチェックを外します。

iCloudの同期を無効にする

その後、Finderに戻り、アクセスしたい「ドキュメント」フォルダが回復したかどうかを確認します。

Terminalでファイルを表示する

「ドキュメント」フォルダのファイルが非表示にされている場合、空の「ドキュメント」フォルダが表示されます。Terminalを使用して以下の手順でこれらのファイルを表示できます。

ステップ1:Finder > アプリケーション > ユーティリティ > Terminalに移動し、ダブルクリックして開きます。

ステップ2:以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

Terminalでファイルを表示する

ステップ3:以下のコマンドを入力してFinderをリフレッシュします。

killall Finder

今、Terminalを終了し、「ドキュメント」フォルダを再度開いて隠れたファイルが表示されているかどうかを確認します。

ボーナスのヒント

Macのファイルやフォルダを削除、紛失、または失うことを防ぐには、バックアップを取ることが最善の方法です。Time Machine、iCloud、または他の利用可能なソフトウェアを使用してMacのバックアップを作成し、ファイルやフォルダをより簡単かつ迅速に復元できるようにしましょう。一度ファイルやフォルダが回復不可能な状態になると、それらは永久に失われます。

上記の方法でMac上のDocumentsフォルダが空になる問題を修正することができた場合は、必要としている人々と共有してください。

 

MacにおけるDocumentsフォルダが空のFAQ

A

それに関連するデータが誤って削除されたり、隠されたりしている可能性があります。または、MacがiCloudとデスクトップ&ドキュメントフォルダーを同期するように設定されているかもしれません。