Home

完全ガイド: Time Machineを使わずにMacをバックアップする方法

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップする方法

概要:おそらくTime Machineを使ってMac/MacBookをバックアップする方法には非常に慣れているかもしれませんが、Time Machineが正常に動作しない場合もあります。そのため、Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップすることを試してみることができます。この記事では、Mac/MacBookをバックアップする5つの方法と、バックアップする前の準備も紹介しています。 -iBoysoft

Time Machineを使わずにMacをバックアップする方法

重要なドキュメントや画像、ファイルがすべてMac/MacBookに保存されているため、Mac/MacBookのバックアップは重要で不可欠です。Mac/MacBookが破損したり、不具合が発生した場合(例:Mac/MacBookが動かないMac/MacBookが起動しないなど)、保存されているすべてのデータを失う可能性があります。

Mac/MacBookユーザーにとってよく知られている方法は、Time Machineを使用してバックアップすることです。Time Machineのバックアップを使用すると、破損したファイルや誤って削除されたファイルを回復し、ファイルを新しいMac/MacBookに転送することができます。さらに、Mac/MacBook全体をバックアップしていれば、Time MachineディスクからMac/MacBookを起動することもできます。

しかし、Time Machineを使用してバックアップすることには完全な信頼性がありません。Time Machineはさまざまな理由で破損したりアクセスできなくなったりすることがあり、さまざまなエラーメッセージが表示される可能性があります。例えば、現在のTime Machineバックアップディスクに接続できないTime Machineバックアップディスクが見つからないなどです。

そのため、Macをバックアップする別の方法を試してみることができます。以下の内容を読んで、Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップする方法を試してみてください

目次:

Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップする方法についてのチュートリアルを読み続ける場合は、読み終わった後に共有することをお忘れなく。

 

Mac/MacBookのバックアップの準備

Mac/MacBookをバックアップする前に、まずはMac/MacBookをクリーニングする必要があります。Mac/MacBook内のすべての不要なファイルを削除して、重要なデータが完全かつ成功裏にバックアップされることを確認してください。

その後、外部ハードドライブを用意し、外部ハードドライブのストレージ容量を確認して、バックアップに十分なスペースがあるかを確保してください。ちなみに、外部ハードドライブが正しくフォーマットされているかどうかも確認してください。正しくフォーマットされていない場合は、Disk Utilityでフォーマットすることができます。

  1. 外部ハードドライブをMac/MacBookに挿入します。
  2. Finder > Applications > Utilities > Disk Utilityを開きます。(または、Launchpad > Other > Disk Utilityをクリックして順番に進んでもかまいません。)
  3. ご利用の外部ハードドライブを選択し、ツールバーでEraseをクリックします。
  4. ポップアップウィンドウでフォーマット形式を選択し、Eraseをクリックします。
     バックアップのために外部ハードドライブをフォーマットする

その後、Time Machineを使わずにMac/MacBookを外部ハードドライブにバックアップすることができます。

サードパーティのソフトウェアを使ってMac/MacBookをバックアップする

Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップするには複数の方法がありますが、手順はやや複雑です。ここでは、ハードドライブを消去し、同時にMacをバックアップできる強力で高度なツールを紹介します。

iBoysoft DiskGeeker は、Mac/MacBook用のオールインワンディスク管理ツールです。このソフトウェアを使用すると、ソースディスクからターゲットディスクへの内容のクローンや、APFS ボリュームのバックアップ、ディスクのストレージの確認、Mac/MacBook上の不要なファイル、ジャンクファイルのクリーンアップなどが可能です。

iBoysoft DiskGeeker

  • Macで BitLocker 暗号化ドライブとNTFSドライブを読み書きできます
  • FileVault またはBitLockerを使用してディスクを暗号化およびアンロックできます
  • USB Defenderを設定してウイルス攻撃を防ぎます
  • ディスクエラーをチェックおよび診断できます
  • 異なるプロトコルでネットワークドライブをマッピングできます
  • USBドライブ、フラッシュドライブ、外付けハードドライブを管理できます
  • ディスクのシーケンシャルまたはランダムな読み取り書き速度をテストできます
  • macOS Sonoma & macOS Ventura & Apple Silicons(M2 Ultraも含む)に対応しています

 読み取り専用&リスクなし

 

高度なアルゴリズムと使いやすいインターフェースで、ユーザーは簡単に操作することができます。次の手順でMac/MacBookのバックアップを作成することができます。

Mac/MacBookのバックアップの準備のためにジャンクファイルをクリーンアップする

  1. iBoysoft DiskGeekerをダウンロード、インストール、有効化します
  2. 以下に進みます:システム設定 > セキュリティとプライバシー > プライバシー > フルディスクアクセスを確認し、リストの中にiBoysoft DiskGeekerがチェックされているかどうか確認します。
     フルディスクアクセスの有効化
  3. Mac/MacBookを再起動します
  4. お使いのmacOS ディスクを選択し、右サイドバーのジャンクをクリーンアップをクリックします
  5. スキャンが終了するまで待ち、不要なファイルを選択し、ウィンドウの右下にあるクリーンアップをクリックします。
     不要ファイルのクリーンアップ

ディスクストレージを確認し、外付けハードドライブをフォーマットする

  1. 外付けハードドライブをMac/MacBookに挿入します
  2. iBoysoft DiskGeekerを起動するために上記と同じ方法を実行します
  3. 左サイドバーで外付けハードドライブを選択します
  4. 右ツールバーでスペース分析をクリックして利用可能なストレージを確認します
    ディスクのストレージを確認する
  5. それから、元のインターフェースに戻り、右ツールバーで消去をクリックします

iBoysoft DiskGeekerの消去機能を使用しても、外付けハードドライブをフォーマットする場合、Disk Utilityに移動する必要があります。ただし、フォーマットするドライブがNTFS形式でない限りです。したがって、上記の操作と同じ手順でDisk Utilityでドライブをフォーマットしてください。

Mac/MacBookをバックアップする

バックアップしたいデータがすべてAPFSボリュームに保存されている場合、iBoysoft DiskGeekerのファイルキーパー機能を使用することができます。

  1. APFS形式のボリュームを選択し、右のツールバーでファイルキーパーをクリックします。
  2. ポップアップウィンドウの右上隅にある設定アイコンをクリックし、オプションをタップします。
  3. バックアップするデータの間隔時間と保存期間を設定します。
     ファイルキーパーの設定を行います
  4. 設定を保存して設定に戻ります。
  5. 今すぐバックアップをクリックして開始します。
     今すぐバックアップ

これで、Mac/MacBookは自動的にバックアップされます。 Mac/MacBookが破損した場合は、これらのバックアップを検索してデータを復元することができます。

Mac/MacBookをクローンする

iBoysoft DiskGeekerは、APFSボリュームに保存されたデータのバックアップのみ可能です。したがって、内部ドライブが他のファイルシステムでフォーマットされている場合は、別のディスクにクローンする必要があります。ディスクをクローンする前に、以下のポイントに注意する必要があります。

  • ターゲットディスクの容量はソースディスクよりも大きい必要があります。
  • オペレーティングシステムを含むディスクはターゲットディスクとして選択できません。
  • ソースディスクからクローンされたデータを格納するため、ターゲットディスク上のデータをバックアップしてください。

それでは、Mac/MacBookのクローンを開始できます。

  1. 2つのディスクをMac/MacBookに挿入します。
  2. ソースディスクを選択します(ボリュームではなく、ディスク全体を選択します)。
  3. 右のツールバーでクローンをクリックします。
  4. リストからターゲットディスクを選択し、クローン開始をクリックします。
    ディスクのクローン

クローニングプロセスはユーザーによって終了できません。プロセスが誤って終了した場合、2つのディスクを再びMac/MacBookに接続すると、ディスクのクローニングは自動的に再開されます。

Mac/MacBookを正常にバックアップ/クローンしましたか? この強力で高度なソフトウェアをソーシャルメディアで共有するのを忘れないでください。

 

Time Machineを使用せずにMac/MacBookをバックアップする他の方法

Time Machineを使用せずにMac/MacBookをバックアップするために、他の方法を手動で使用することができます。

手動でMac/MacBookをバックアップする方法

Time Machineとは異なり、起動ディスク全体ではなく、重要なファイルのみを外部ストレージデバイスにバックアップすることができます。この方法を使用すると、ディスクのストレージを節約することもできます。

  1. 外部ハードドライブをMac/MacBookに挿入します。
  2. Finderを開き、外部ハードドライブをクリックします。
  3. バックアップファイルを保存するためのフォルダを作成します。
  4. 重要なファイルをフォルダにドラッグします。
  5. ドライブを正しく安全に取り外します。

iCloudを使用してMac/MacBookをバックアップする方法

iCloudは、リモートストレージシステムにデータを保存できるスペースです。iCloudを有効にすると、データをバックアップできます。同じApple IDでサインインしているすべてのAppleデバイスから保存されたデータにアクセスできます。

  1. システム設定を開き、Apple IDをクリックします。
  2. iCloudをクリックし、iCloud Driveをオンにします。
     Use iCloud to back up Mac
  3. その後、オプションをクリックし、保存するアプリを選択します。
  4. バックアップを開始するには、完了をクリックします。

Time Machineを使用せずにMac/MacBookをバックアップする簡単な方法ですが、Appleはユーザーに5GBの無料ストレージしか提供していません。したがって、より多くのスペースを必要とする場合は、有料で購入する必要があります。

Google Driveを使用してMac/MacBookをバックアップする方法

iCloud Driveよりも優れたGoogle Driveでは、15GBのデータをバックアップすることができます。Googleのアカウントでウェブサイトにサインインして、Mac/MacBookのバックアップを作成できます。

  1. Google Chromeまたは他のブラウザでGoogleアカウントにログインします。
  2. Google Driveの公式ウェブサイトに移動します。
  3. 新規作成をクリックし、ドロップダウンリストからファイルのアップロードまたはフォルダのアップロードオプションを選択します。
     Use Google Drive to back up Mac
  4. バックアップしたいファイルまたはフォルダを選択し、開くをクリックしてアップロードします。
  1. データのアップロード時間は、ファイルやフォルダのサイズによって異なります。iCloudやGoogle Drive以外にも、Dropbox、One Driveなども試してみる価値があります。

結論

データの損失を防ぐために、Time Machineやその他のツールを使用しているかどうかに関係なく、Mac/MacBookをバックアップすることは不可欠です。なぜなら、これらのバックアップからいつでもデータを復元できるため、Mac/MacBookに問題が発生した場合でも安心です。要するに、iBoysoft DiskGeekerやその他の3つの方法を使用して、Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップすることができます。これらの方法を使用して、Mac/MacBookをバックアップしたりデータを保護したりすることができると良いです。

Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップできましたか?もしできたなら、以下のボタンをクリックして、これらの素晴らしい方法を必要としている人々と共有してください。

 

Time Machineを使わずにMac/MacBookをバックアップする方法に関するFAQ

A

Macに外付けハードドライブを接続し、バックアップファイルを保存するための新しいフォルダを作成してください。そして、重要なデータを見つけてドラッグ&ドロップするだけです。

A

iBoysoft DiskGeekerを使ってMac上のAPFSボリュームをバックアップするか、Macを外付けハードドライブにクローンすることができます。

A

もちろん、ただし5GBしか無料のストレージスペースはありません。