Home

Windows 10/11からmacOS Bootable USBを作成する方法(最新)

Updated on 2024年3月5日火曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Windows 10/11からMacOSブート可能なUSBを作成する方法? [完全ガイド]

概要: このガイドでは、Windows 11、10、8、または7でmacOSブート可能なUSBを作成する際のステップバイステップの手順を提供します。Macが起動しない場合やMacやWindows PCにmacOSをインストールする必要がある場合に便利です。Macが動作していない場合でも、この記事の手順でWindowsでmacOSブート可能なUSBを作成できます。

WindowsでmacOSブート可能なUSBを作成する方法

macOSブート可能なUSBインストーラーを持っていることは、特にMacが起動できない場合やMacやWindows PCにmacOSをインストールする必要がある場合に価値があります。作業中のMacがない場合は、この記事の手順に従ってWindowsでmacOSブート可能なUSBを作成してください。

このチュートリアルは、すべてのmacOSまたはOS Xバージョンに適用されます。

  • WindowsからHigh Sierraブート可能なUSBを作成する
  • WindowsでmacOS Montereyブート可能なUSBを作成する
  • WindowsでmacOS Catalina USBインストーラーを作成する

WindowsからmacOSブート可能なUSBを作成する手順の要約を以下に示します。

WindowsでmacOSブート可能なUSBインストールメディアを作成する:

  1. USBを準備し、希望のmacOS dmgファイルとTransMacをダウンロードします。
  2. USBドライブをクリーンアップし、MBRであればGPTパーティションスキームに変換します。
  3. BaseSystem.dmgファイルを展開します。
  4. USBドライブをフォーマットし、必要なdmgファイルを復元します。
  5. ブート可能なインストーラーでコンピューターを起動します。

目次:

WindowsからmacOSブート可能なUSBを作成する方法

このセクションでは、WindowsでmacOSブート可能なUSBを作成する方法について詳細な手順を説明します。お使いのMacは、コンピューターに付属しているmacOSバージョンよりも古いmacOSが含まれるUSBからはブートできないことに注意してください。言い換えると、MacがmacOS Catalinaで出荷された場合、macOS High Sierraのブート可能インストーラーからはブートしません。

始める前に、作成したいブート可能インストーラーがMacモデルと互換性があることを確認してください。

ステップ1:Windows 11/10/8/7でmacOSブート可能なUSBを作成する前の準備

Windows 11/10/8/7でmacOSブート可能なインストーラーを作成するには、以下のアイテムが必要です:

① USBフラッシュドライブまたは他のタイプのUSBストレージデバイスを準備します。

使用するUSBドライブは少なくとも16GBのストレージスペースを持つ必要があります。ブート可能なインストーラーを作成する際にそのデータが消去されるため、必須ファイルがすべてバックアップされていることを確認してください。

② WindowsでmacOSのdmgファイルをダウンロードします。

Windows PCで使用するmacOSのdmgファイルもダウンロードする必要があります。たとえば、macOS High Sierraのdmgファイルをダウンロードする必要があります。

WindowsでmacOS 10.12 Sierra、OS X 10.11 El Capitan、OS X 10.10 Yosemite、OS X 10.8 Mountain Lion、OS X 10.7 Lionをダウンロードするには、このAppleのリンクをクリックし、"Use a web browser"セクションにスクロールして、ダウンロードシンボルをタップしてください。

WindowsでmacOSのdmgファイルをダウンロードする

WindowsでOS X 10.9 Mavericks、macOS High Sierra、およびその他のバージョンをダウンロードするには、まずこのリンクをチェックしてください。リンクが機能しなくなった場合は、「macOS High Sierra dmg」というキーワードで検索し、利用可能なリソースから入手してください。

③ WindowsにTransMacをダウンロードしてインストールします。

macOSのdmgファイルをUSBドライブに焼き付けてブート可能なインストーラを作成するには、TransMacが必要です。15日間の無料トライアルが付いている有料ツールです。コピーはこちらから入手できます。

Step 2: USBスティックをGPTパーティションスキームに変換します

次のステップは、USBスティックをクリーンアップしてGPTパーティションスキームを持っていることを確認することです。次の手順に従ってください。

  1. USBドライブをWindows PCに挿入します。
  2. スタートメニューを開いて「コマンドプロンプト」と検索します。
  3. 「管理者として実行」を選択します。
  4. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押してください。diskpart
  5. USBドライブのディスク番号を表示するには、次のコマンドを実行してください。list disk
  6. USBドライブを選択するために次のコマンドを実行してください。(たとえば、ディスク1だとします。)select disk 1
  7. ディスクをクリーンにするために次のコマンドを実行してください。clean
  8. ドライブをGPTパーティションスキームに変換するために次のコマンドを入力してください。(MBRパーティションを選択するよう求められた場合は、デバイスがすでにGPTパーティションマップを持っていることを意味します。その場合はコマンドプロンプトを終了して次のステップに進んでください。)convert gpt
  9. プライマリパーティションを作成するために次のコマンドを実行してください。create partition primary
  10. コマンドプロンプトを終了するには、次のコマンドを入力してください。exit

WindowsでUSBをクリーンにしてGPTパーティションマップに変換する方法

Step 3: TransMacを使用してBaseSystem.dmgを抽出します

USBドライブが準備完了したら、macOSのdmgファイルからBaseSystem.dmgファイルを抽出する時がきました。

 注意: 私はmacOS dmgファイルを直接USBに復元しましたが、2020年のMacBook Airでは起動ディスクとして認識されませんでした。しかし、BaseSystem.dmgファイルではうまくいきました。だから、このステップは必要です。

別のリソースからのdmgファイルにはわずかに異なるフォルダ構造があることを述べておく価値があります。以下の手順では、Appleの公式ウェブサイトからdmgファイルを使用しています。別のソースからダウンロードした場合、7-zipなどのツールを使用してBaseSystem.dmgファイルを抽出できます。

  1. TransMacを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。
  2. 変更を許可するためにはいをクリックします。
  3. カウントダウンを待ち、実行ボタンをクリックします。
  4. ファイルメニューに移動し、「ディスクイメージを開く」をクリックします。
    TransMacでmacOS dmgファイルを開く
  5. 以前にダウンロードしたmacOS dmgファイルに移動し、選択して開きます。
  6. 左のサイドバーで、InstallOS.dmgをクリックし、「macOSをインストール」フォルダを開きます。
  7. 中にはInstallOS.pkgファイルがあります。
  8. それをデスクトップにドラッグアンドドロップします。
    InstallOS pkgファイルをデスクトップにドラッグアンドドロップする方法
  9. ファイル>ディスクイメージを開くをクリックし、デスクトップに移動します。
  10. ドロップダウンメニューで「すべてのファイル」を選択してInstallOS.pkgファイルを表示します。
  11. InstallOS.pkgファイルを選択して開きます。
  12. ツールメニューを開きます>設定。
  13. 「非表示およびシステムファイルを表示 (注意して使用)」をチェックしてOKをクリックします。
    pkgファイルの非表示またはシステムファイルの表示方法
  14. InstallOS.pkgファイル>左のサイドバーからOS X Install ESDをクリックします。
  15. BaseSystem.dmgファイルを探します。
  16. BaseSystem.dmgファイルをデスクトップにドラッグアンドドロップします。
    BaseSystem dmgファイルを探してデスクトップにコピーする方法

ステップ4:USBドライブをフォーマットして、macOS dmgファイルを復元する

今、抽出したBaseSystem.dmgファイルを使用して、TransMacを使用してブート可能なUSBを作成する必要があります。

  1. 閉じている場合は、管理者としてTransMacを開きます。
  2. USBドライブに右クリックして、「Mac用にディスクをフォーマット」を選択します。
    USBドライブをMac用にフォーマットする
  3. はいをクリックします。
  4. ブート可能なUSBに名前を付け、OKをクリックします。
  5. はいをクリックして、USBドライブがフォーマットされるのを待ちます。
  6. フォーマットが完了したら、USBディスクを右クリックして、「ディスクイメージでリストア」を選択します。
    dmgファイルでUSBドライブをリストアして、WindowsでブータブルmacOSインストーラを作成する
  7. BaseSystem.dmgファイルを選択し、開くをクリックします。
  8. OKをクリックして、その後ははいをクリックします。
  9. リストアプロセスが完了すると、「リストア完了」というメッセージが表示されます。
  10. OKをクリックします。

すべてがうまくいけば、上記の手順でWindows 10または11でmacOSのブート可能なUSBスティックを作成しているはずです。

ステップ5:ブート不可能なMacからmacOSブート可能インストーラを起動する

 注意: WindowsでmacOSブート可能なUSBを作成する方法をお探しの場合、起動しないMacからデータを回復する必要がある可能性があります。その場合は、Recovery Modeからデータ復旧を実行して、進む前にファイルを取り戻してください。

最後のステップとして、MacでmacOS USBインストーラから起動する方法について説明します。

  1. Macをシャットダウンします。
  2. macOSブート可能USBをMacに挿入します(未挿入の場合)。
  3. 電源ボタンを押し、すぐにOptionキーを押し続けます。
  4. 起動ボリュームが表示されたら、キーを離します。
  5. WiFiネットワークを選択してパスワードを入力します。
  6. ブート可能ディスクのボリュームを選択し、上向き矢印をクリックします。
    MacでブータブルmacOS USBから起動する方法
  7. macOSをインストールするための画面の指示に従います。

ソフトウェア更新エラーを受け取った場合、このガイドで解決してください: [Fixed] A Software Update is Required to Use This Startup Disk

このガイドを共有して、他の人がWindows 10または11でmacOS dmgファイルを使用したブータブルUSBを作成するのに役立ちます。

 

WindowsからmacOSブート可能なUSBを作成する方法に関するFAQ

A

はい、この記事の手順に従ってWindowsからmacOS Bootable USBを作成できます。

A

いいえ、RufusではmacOS Bootable USBを作成できません。Windowsのブート可能なインストーラーの作成のみが可能です。WindowsコンピュータからmacOS Bootable USBを作成する必要がある場合は、通常、TransMacや類似のソフトウェアなどのツールを使用します。

A

はい、Bootable USBにmacOSをインストールできます。