Home

VMwareやVirtualBox用にmacOS Sonoma ISOをダウンロード/作成する

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

VMwareやVirtualBox用のmacOS Sonoma ISOをダウンロード/作成する方法

概要:このチュートリアルでは、VMware、VirtualBox、Parallel Desktopなどの仮想マシンソフトウェア用のmacOS Sonoma ISOをダウンロードするリンクを提供します。互換性のあるMacや仮想Macがある場合、指示に従って独自にmacOS Sonoma ISOファイルを作成することもできます。

macOS Sonoma ISOのダウンロードまたは作成方法

Appleは2023年9月26日に、macOS Venturaの後継であるmacOS 14 Sonomaを一般に公開しました。このメジャーアップデートには、革新的な機能、洗練されたデザイン、ユーザーエクスペリエンスと生産性の向上を目指した数々の機能強化が導入されています。

注目すべき追加機能には、世界中のロケーションからの美しいダイナミックなスクリーンセーバー、デスクトップに追加できるウィジェット、画面共有中も前面に出続けることができる新機能の「プレゼンターオーバーレイ」、ゲームモード(ゲームにCPUとGPUの最高優先度を割り当てる)、Safariブラウザの機能強化などがあります。

VMware、VirtualBox、Parallel Desktopなどの仮想マシンにmacOS Sonomaをインストールしたい場合、macOS 14 Sonoma ISOファイルが必要です。

macOS Sonoma ISOファイルをダウンロードまたは作成する:

macOS Sonoma ISOファイルとは何ですか?

macOS Sonoma ISOファイルとは何ですか

macOS Sonoma ISOファイル(.iso)は、macOS Sonomaのディスクイメージファイルであり、通常はVMwareやVirtualBoxなどの仮想マシンにmacOS Sonomaをインストールするために使用されます。これを使用してブータブルなインストーラーを作成したり、Mac App Storeやソフトウェアアップデートを通じて提供されるAppleの標準的なアップグレードプロセス以外のインストール方法に使用されます。

macOS Sonoma ISOファイルがあれば、VMwareやVirtualBoxで新しい仮想マシンを作成し、macOS Sonoma ISOを仮想ディスクドライブとしてマウントし、その仮想マシン上でmacOS Sonomaをインストールすることができます。これにより、実際のコンピューターがWindows、Linux、または他のオペレーティングシステムを実行しているかどうかにかかわらず、実際のコンピューター内でmacOS Sonomaを実行できるようになります。

これにより、ユーザーは実際のコンピューターを変更する必要なく、開発者、テスター、ITプロフェッショナルなどにとって特に有用な、孤立した環境でmacOS Sonomaやアプリケーションをテスト、開発、実行することができます。

macOS Sonoma ISOファイルが何かを他の人に知らせるためにこの投稿を共有してください!

 

VMwareまたはVirtualBox用のmacOS Sonoma ISOをダウンロードする方法

macOS Sonomaに対応していないMacを持っていない場合、以下のリンクからお使いのために作成したmacOS Sonoma ISOファイルを直接ダウンロードすることができます。

このISOファイルは公開されたmacOS Sonomaのリリースから作成され、サイズは12.9 GBで、私のmacOS Sonomaを実行しているMacBookからダウンロードされました。最終的なmacOS Sonoma ISOファイルのサイズは16.76 GBです。転送を容易にするために圧縮しており、zipファイルのサイズは14.36 GBです。

macOS Sonoma ISO 無料ダウンロード

Macで仮想マシン用のmacOS Sonoma ISOを作成する方法

macOS Sonomaをサポートする予備のMacまたはmacOS仮想マシンをお持ちの場合、以下の手順でmacOS Sonoma ISOファイルを作成できます。それ以降は、WindowsのVirtualBoxにmacOS SonomaをインストールまたはWindowsのVMwareにmacOS Sonomaをインストールなどのニーズに応じてISOファイルを引き続き使用することができます。

  • ステップ1:macOS Sonomaフルインストーラをダウンロードする
  • ステップ2:Terminalで空のISOディスクイメージを作成する
  • ステップ3:macOS Sonomaインストーラを作成する
  • ステップ4:macOS Sonomaディスクイメージをアンマウントし.iso形式に変換する

ステップ1:macOS Sonomaフルインストーラをダウンロードする

macOS Sonoma ISOファイルを作成する最初のステップは、macOS Sonomaのフルインストーラをダウンロードすることです。

対応したMacの場合、Mac App Storeからダウンロードできます。アプリストアを開いて、「macOS Sonoma」を検索し、検索バーで入力し、Enterキーを押します。

macOS Sonomaが表示されたら、表示>取得をクリックし、macOS Sonomaを取得したいかどうかを尋ねられたときに、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

Mac App StoreからmacOS Sonomaのフルインストーラをダウンロードする方法

ダウンロードが完了したら、「macOS Sonomaをインストール」>「インストールをやめる」>「終了」をクリックしてインストールを終了します。その後、macOS SonomaインストーラはApplicationsフォルダに保存されます。

macOS Sonomaインストーラを終了する

仮想Macの場合、Apple Serverからダウンロードできます。ダウンロードは.pkg形式のインストールパッケージです。ダウンロードが完了したら、InstallAssistant.pkgファイルを開き、画面の指示に従って展開します。展開されたら、Applicationsフォルダに「Install macOS Sonoma」アプリが表示されるはずです。

Applicationsフォルダー内のmacOS Sonomaフルインストーラー

ステップ2:Terminalで空のISOディスクイメージを作成

次のステップは、macOS Sonomaインストーラー用の空のディスクイメージを準備し、hdiutilコマンドラインツールでマウントすることです。

Spotlight検索を開くには、Command + Spaceを押し、「terminal」と入力してEnterキーを押してTerminalを起動します。

MacでTerminalを開く方法

その後、以下のコマンドをTerminalウィンドウにコピー&ペーストし、Enterキーを押して実行します。(ディスクイメージの作成には時間がかかる場合があります。)

hdiutil create -o /tmp/Sonoma -size 15979m -volname Sonomaiso -layout SPUD -fs HFS+J -type UDTO -attach

macOS Sonoma用の空のディスクイメージを作成する方法

* このコマンドは、新しい、シングルパーティションの、15979 MBのディスクイメージを作成し、「Sonomaiso」という名前のボリューム名を使用し、HFS+ジャーナリングファイルシステムを使用し、/tmpディレクトリに「Sonoma」という名前でCD/DVD ISOを作成するための適切なタイプのディスクイメージを作成します。ディスクイメージを作成した後、システムに即座にマウントされます。

tepフォルダー内の空のmacOS Sonomaディスクイメージ

以下は、コマンドの詳細です:

  • hdiutil create: これは新しいディスクイメージの作成を開始します。
  • -o /tmp/Sonoma: -oオプションは、出力ファイルの場所と名前を指定します。/tmp/Sonomaは、新しいディスクイメージが作成されるパスです。ファイルは一時的にシステムの/tmpディレクトリに「Sonoma」という名前で保存されます。
  • -size 15979m: これはディスクイメージの最大サイズを15979メガバイトに設定します。
  • -volname Sonomaiso: これはディスクイメージに「Sonomaiso」というボリューム名を割り当てます。
  • -layout SPUD: -layoutオプションはディスクイメージのパーティションスキームを指定します。「SPUD」はシングルパーティションUDIF(Universal Disk Image Format)の略です。
  • -fs HFS+J: これにより、ディスクイメージのファイルシステムがジャーナリング機能を備えたHFS+に指定されます。HFS+はmacOSでよく使用されるファイルシステムです。
  • -type UDTO: これはディスクイメージのタイプをUDTO(Universal Disk Image Format DVD/CD-R master)として指定します。このタイプはCD/DVDに焼くためのISOイメージを作成するためによく使用されます。
  • -attach: ディスクイメージを作成した後、-attachオプションで新しいディスクイメージをファイルシステムにマウントし、それを物理ディスクのようにアクセス可能にします。

ステップ3:macOS Sonomaインストーラーを作成する

これで、作成した空のディスクイメージにブータブルなmacOS Sonomaインストーラーを作成できます。

ターミナルに以下のコマンドを貼り付けてEnterキーを押してください。次に、管理者パスワードを入力してEnterキーを押してください。 (パスワードは画面に表示されません。)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Sonoma.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Sonomaiso --nointeraction

空のディスクイメージに macOS Sonoma インストーラーを作成する方法

  • sudo: 通常、管理タスクやコマンドを実行するために使用されます。
  • /Applications/Install\ macOS\ Sonoma.app/Contents/Resources/createinstallmedia: macOS Sonoma インストーラーパッケージ内の createinstallmedia コマンドへのパスです。通常は /Applications ディレクトリにあります。バックスラッシュ(\) は、コマンドラインでファイルやディレクトリ名のスペースを扱うためのエスケープ文字です。
  • --volume /Volumes/Sonomaiso: この指定は、ブータブルインストーラーが作成されるボリューム「Sonomaiso」を示します。
  • --nointeraction: このフラグは、ユーザーの入力を要求せずにコマンドを実行します。つまり、実行中に確認や追加の入力を求めることはありません。

ステップ4: macOS Sonoma ディスクイメージをアンマウントし、.iso形式に変換する

macOS Sonoma インストールメディアが作成された後、それをアンマウントし、そのフォーマットを Sonoma.cdr から Sonoma.iso に変換してデスクトップに移動する必要があります。

ターミナルで、"Install macOS Sonoma" ディスクイメージをアンマウントするには、次のコマンドを実行してください。

hdiutil detach -force /Volumes/Install\ macOS\ Sonoma

macOS Sonoma ブータブルインストーラーをアンマウントする

次に、macOS Sonoma インストーラーをデスクトップに移動し、拡張子を .cdr から .iso に変更するために次のコマンドを実行してください。

mv /tmp/Sonoma.cdr ~/Desktop/Sonoma.iso

macOS Sonoma インストーラーを macOS Sonoma ISO に変換する

これで、Mac のデスクトップに macOS Sonoma ISO ファイルがあるので、それを使用して VMware、VirtualBox、または他の仮想マシンに macOS Sonoma をインストールできます。

デスクトップに作成された macOS Sonoma ISO

その他にも読んでみてください:

クリーンインストール用の macOS Sonoma DMG ファイルをダウンロード/作成する方法?

VirtualBox/VMWare 用の macOS Big Sur 11.7 ISO ファイルをダウンロード/作成する方法

このガイドを共有して、macOS Sonoma ISO ファイルを作成したいと思っている他のユーザーに利益をもたらしてください。