Home

Macがソフトウェアアップデートでアップデートを確認中に止まってしまう場合!確実な修正方法!

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

ベントゥーラ/モントレーのMacはアップデートを確認できません!どうすればいいですか?

概要: Macがシステム設定/環境設定で「アップデートを確認中」に止まってしまうと、MacBook Air/Pro/iMacに最新のアップデートをダウンロードしてインストールできません。本記事では、Macのアップデート確認が止まってしまう原因とその修正方法について説明します。

Macがアップデートを確認中に止まってしまった

目次:

macOSのアップデートには、Macユーザーにとってシステムセキュリティが向上したり、設定が改善されたりするなどのメリットがあります。 最新バージョンにMacをアップデートする 一般的なプロセスには、アップデートを確認し、アップデートをダウンロードし、Macにアップデートをインストールするという手順が含まれます。

ほとんどの場合、スムーズに進行し、数分で確認が完了します。しかし、Macがアップデートできない場合や、Macでソフトウェアアップデートが見つからない場合、Macのソフトウェアアップデートがアップデートを確認中で止まったり、エラー102が表示されたりすることがあります。さらに、アップデートをダウンロードし、インストールすることができない場合もあります。

この問題は、以前のmacOS MontereyやBig Sur、最新のmacOS Sonomaでも発生します。macOSの更新を継続するには、まずMacのアップデート確認が止まってしまう問題を修正する必要があります。この記事では、この問題の修正方法を紹介します。

アップデートが確認できない原因

macOS Big Sur以降、AppleはデルタアップデートおよびコンボmacOSアップデートを単独のダウンロードとして提供していません。したがって、macOSアップデートのサイズが大きくなり、システムがアップデートを確認するのに時間がかかる場合があります。しかし、数時間待っても画面に何の変化もない場合、Macのアップデート確認が止まってしまう原因は、何らかのエラーが原因である可能性が高いです。

Macがアップデートを確認中に止まってしまった

また、Macのソフトウェアアップデートが動作していない場合Macがアップデートを確認できない場合、原因は様々ですが、以下のようなものが挙げられます。

  • インターネット接続の問題。この場合、"Unable to check for updates make sure you are connected to the internet."というエラーメッセージが表示されることもあります。
  • Appleサーバーの障害。
  • Macの容量不足。
  • NVRAMまたはSMCのバグ。
  • 現在のOS関連のエラー。

アップデート確認が止まるMacの解決法

アップデート確認が止まる原因を知った後、以下の詳細な解決法を1つずつ実行し、エラーを解決してMacを通常通りにアップデートできるようにします。さあ、始めましょう。

  インターネット接続を確認する

不安定で弱いインターネット接続は、Macがアップデート確認できない、または「アップデート確認中...」または「要求がタイムアウトしました」というエラーになってしまう原因になることがあります。そのため、最初にMacコンピューターのインターネット接続を確認することが重要です。

インターネット接続エラーを解消するためには、Wi-Fiに再接続する、別のWi-Fiに変更する、ルーターを再起動する、電源コードを抜き差しするなどがあります。その後、macOS Monterey以前ではAppleメニュー>システム環境設定>ソフトウェアアップデート、macOS VenturaではAppleメニュー>システム環境設定>一般>ソフトウェアアップデートに移動して、MacBookで再度アップデート確認を行います。

  Macのストレージ容量を確認する

先にも述べたように、macOSのアップデートは以前よりも大きくなっています。Appleによると、macOS Venturaをインストールするには約12 GBの空きスペースが必要で、あわせて2 GBの追加スペースが必要になります。MacOS Venturaでは、El CapitanやYosemiteなどの以前のバージョンからアップデートする場合は、より多くのスペースが必要になります。そのため、Macの起動ディスクにmacOSアップデートをインストールするための十分なストレージ容量があることを確認する必要があります。そうでない場合、Macがアップデート確認中に停止してしまうことがあります。

macOS Monterey以前でストレージスペースを確認する方法:

  1. Macコンピューターの左上にあるAppleロゴをクリックします。
  2. ドロップダウンメニューからAbout this Macを選択します。
  3. ポップアップウィンドウからストレージタブを選択します。
  4. 数秒待ってから、システムが全体のストレージ容量、使用されたスペース、空きスペースの結果を返します。

check storage space on Mac

macOS Venturaでストレージスペースを確認する方法:

  1. Appleメニューを開き、「システム環境設定」を選択します。
  2. 左側のサイドバーから「一般」をクリックします。
  3. 右側のペインから「ストレージ」をクリックします。
  4. しばらく待つと、使用可能な空き容量が表示されます。

macOSの更新に十分な空き容量がない場合は、Macのスペースを開けて、未使用のアプリをアンインストールしたり、不要なダウンロードを削除したり、大きなファイルを移動したり、削除したりすることで、ドライブ上の使用可能なスペースを回復する必要があります。サードパーティーのアプリアンインストーラであるiBoysoft MagicMenuやMacクリーナーのiBoysoft DiskGeekerを試してみることもできます。

  Macを再起動する

たまに、Macが遅くなったり、ファンの音が大きくなったり、アプリが突然クラッシュしたりすることがあります。これらの場合、Macを再起動することで問題を解決することができます。Macが正常に動作しない場合は、Macを再起動することで、Macを新たな状態に戻すことができ、macOSが更新されない場合にも効果があるかもしれません。

  セーフモードでmacOSを更新する

Macの再起動が効果的でなく、まだ「更新の確認」画面に固まっている場合は、セーフモードでmacOSをインストールしてみることができます。セーフモードは、オペレーティングシステムの診断モードであり、スタートアップ中に不要なプログラムやドライバーを読み込まないようにすることで、特定のチェックを実行します。セーフモードでmacOSの更新をダウンロードし、インストールすることができるかもしれません。

IntelベースのMacでセーフモードを起動する:

  1. Macコンピューターの電源を切り、10秒待ちます。
  2. 電源ボタンを押してMacを再起動し、同時にShiftキーを押し続けます。
  3. ログイン画面が表示されるまでShiftキーを離します。

Apple M1のMacでセーフモードを起動する:

  1. Macコンピューターをシャットダウンし、10秒間待ちます。
  2. スタートアップオプションとオプションギアアイコンが表示されるまで、電源ボタンを押し続けます。
  3. スタートアップディスクを選択します。
  4. Shiftキーを押しながら続行をクリックしてセーフモードで起動します。その後、Shiftキーを離します。

Macのセーフモードに入った後、再びシステム環境設定で更新を確認してみることができます。macOSのインストールが完了したら、Macを再起動してセーフモードを終了します。 

Macをセーフモードで起動する

  NVRAMとSMCをリセットする

NVRAMは、Macの高速起動と正常な動作を可能にするOS関連の設定を保管しています。NVRAMにバグがあると、Macの不具合を引き起こす可能性があります。そのため、MacのNVRAMをリセットすることをお勧めします。残念ながら、NVRAMをリセットしてもmacOSの更新に失敗する場合は、Macの多数のパーツを担当しているSMCをリセットすることができます。それも試してみる価値があります。

  Apple StoreまたはAppleのサイトからmacOSをインストールする

Macのシステム環境設定/設定でmacOSを更新できない場合は、他の方法があります。2つの代替方法があります。最新バージョンのmacOSをAppleストアまたはAppleのサイトからインストールすることができます。単にお好みのmacOSのバージョンを検索して、ガイドに従ってMacにダウンロードしてインストールしてください。ちなみに、Appleはこれらの早期バージョンのエントリを隠しているため、App StoreでmacOS Mojave/Catalina/Big Surを見つけることができません

  Terminalを使用してmacOSをアップデートする

システム環境設定/設定、Appleストア、Appleのサイト以外でも、MacをTerminalでアップデートすることができます。TerminalコマンドでmacOSのインストールを実行し、Mac上のすべてのバグを回避することができます。 

1. アプリケーション>ユーティリティに移動し、そこからTerminalアプリを起動します。

2. Terminalで以下のコマンドを入力し、Enter/Returnを押して実行します:

sudo softwareupdate -l

3. パスワードを入力してEnter / Returnを再度押します。

4. 特定のアップデートをダウンロードしてインストールするには、次のコマンドを使用します。

sudo softwareupdate -i '名前'

「macOS Big Sur 11.4-20F71」など、ダウンロードしてインストールする特定のアップデートに応じて、名前を置き換える必要があります。

5. 選択したアップデートがダウンロードされ、ダウンロード後に自動的にインストールが開始されます。

ターミナルを使用してMacをアップデートする

  macOSを再インストール

アップデートのチェックがスタックしている場合、現在のMacコンピューターのオペレーティングシステムにエラーがある可能性があります。破損したOSは通常、Macが異常な方法で動作する原因になります。問題のあるオペレーティングシステムをトラブルシューティングするには、Macに macOSを再インストール する必要があります。その前に、Macを 回復モード で起動する必要があります。それより前に、macOSの再インストールにより、Macのすべてのコンテンツが削除されるため、Macをバックアップする必要があります。

回復モードでmacOSを再インストールする

結論

この投稿で示された8つの実証済みの修正を使用すると、Macがアップデートのチェックでスタックする問題を解決し、デバイスで通常のmacOSの更新を実行できます。ただし、一部のユーザーは、システムが最新のmacOSを見つけたと報告している一方で、 macOS Venturaがダウンロードおよびインストールでスタックしましたと指摘するユーザーがおり、他の人たちは Macのアップデートが削除された 問題に直面していると報告しています。それなら、関連記事を読んで、問題を解決してください。