Home

Macをセーフモードで起動して問題を診断&修正する方法

Updated on 2024年2月23日金曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Macをセーフモードで起動し、Macの問題を修正する方法

概要:この記事では、Macセーフモードについてのすべてを説明します。Macをセーフモードで起動する方法やオフにする方法、Macがセーフモードで起動しない問題の解決策も紹介しています。

Macをセーフモードで起動

セーフモードはMac OSのコンパクトバージョンです。この投稿では、Macをセーフモードで起動し、Macのトラブルを修正する方法について説明します。

この記事から得られるもの:

Macをセーフモードで起動する方法

セーフモードとは、なぜ必要なのか?

セーフモードは、Macの起動オプションに含まれており、主にOSに関連する問題をトラブルシューティングするために使用されます。マックオペレーティングシステムの診断モードと考えることができます。

通常、Macコンピューターが以下のように異常に動作する場合、セーフモードを使用する必要があります。

  • Macコンピューターが非常に遅く動作し、kernel_taskのCPU使用率が高い。
  • Macがフリーズしている。
  • MacがMacカーネルパニックのために繰り返し再起動しています。
  • Macが起動しないで、空白、ピンク、グレー、または黒い画面を表示しています。
  • Macが読み込みバーで立ち往生しています。
  • Macマシンがログイン画面に立ち往生しています
  • macOS Venturaでスリープ中にカーネルパニックが発生しました。

Macをセーフモードで起動する方法

Macをセーフモードで起動する方法は、IntelベースのMacとAppleシリコン搭載のMacで異なります。したがって、まずMacモデルを確認する必要があります。

Macを起動できる場合は、Appleメニューを開きます。このMacの概要タグの下にプロセッサータイプが表示されます。Macが起動できない場合は、AppleのウェブサイトでMacモデルを確認できます。

IntelベースのMacをセーフモードで起動する方法:

  • Macコンピューターをシャットダウンして10秒待ちます。
  • 電源ボタンを押してMacを再起動し、同時にShiftキーを押し続けます。
  • ログインウィンドウが表示されたらShiftキーを解除します。

Apple Siliconチップを搭載したMacをセーフモードで起動する方法:

  • Macをシャットダウンし、10秒間待ちます。
  • 起動オプションとオプションギアアイコンが画面に表示されるまで電源ボタンを押し続けます。
  • 起動ディスクを選択します。
  • Shiftキーを押しながら、「セーフモードで継続」をクリックします。その後、Shiftキーを離します。

Macがセーフモードであるかどうかを確認する方法:

通常モードとセーフモードは似たデスクトップを表示します。上記の方法に従った後、確実にセーフモードに入っているかどうか不明な場合があります。

通常のブートとセーフブートは異なります。Macのセーフモードの特徴は次のとおりです:

Macセーフモードのマーク
出典: Apple.com

  • 読み込みプロセスが通常モードよりも遅くなります。
  • ログインウィンドウの右上隅に「セーフブート」という言葉が表示されます。
  • MacのDockの色が薄いグレーになります。(通常モードの色はデスクトップの色に似ています)
  • Macのパフォーマンスが低下します。

また、セーフモードに入っているかどうかを確認するには、次の手順に従ってください:

  • Appleメニューを開く > このMacについて。
  • システムレポートをクリックし、ソフトウェアを選択します。

次に、System Software Overviewペインでブートモードの状態をチェックします。 Safeと表示されていれば、セーフモードに入っていることを意味します。 Normalと表示されていれば、通常モードに入っていることを示します。

セーフモードは何をするのですか?

セーフモードの作業はMacの起動プロセス中に行われます。コンピュータの起動中にセーフモードが行う作業は次のとおりです:

  • 不要なプログラムやドライバーを無効にしますが、基本的な起動アイテムはロードします。
  • Macを実行するために必要なカーネル拡張機能のみをロードします。
  • 起動ボリュームのディレクトリチェックを実行します。
  • 起動ディスク上のエラーをチェックします。
  • Macのスピードを低下させる一時データを削除します。
  • /System/Library/Fontsにないサードパーティのフォントをスキップします(Mac OS X v10.4以降)

要するに、Macのセーフブート中に行われるチェックや変更は、特にサードパーティのドライバーによって引き起こされるソフトウェアの問題のトラブルシューティングに役立ちます。さらに、起動ボリューム上のディレクトリエラーもチェックして修正します。

セーフモードを解除する方法:

セーフモードでのチェックを終えて解除する必要がある場合は、Macを再起動またはシャットダウンすることができます。

  • Appleメニューをクリックします。
  • 再起動またはシャットダウンを選択します。

Macセーフモードを解除する

Macの再起動や完全シャットダウンまでしばらくお待ちください。Macが通常通りに再起動すると、セーフモードが問題を解決していることを意味します。

セーフモードに起動しないMac、どうすればいいですか

Macセーフモード起動時には予期せぬ状況も発生します。時々、Macがセーフモードで起動中にスタックしたり、単に通常モードで起動したりします。

これらの事故が起きた場合は、Macがセーフモードで起動しない可能性のあるすべての問題をチェックして修正する必要があります。その後、Macをセーフモードで再起動してください。

Macセーフモードに関するよくある質問

A

Shiftキーがはまっていないか確認できます。はまったShiftキーは、Macを起動時に自動的にセーフモードにします。場合によっては、電源ボタンを数秒間押してMacを完全にシャットダウンし、再起動します。問題が解決しない場合は、Appleサポートに連絡してください。

A

ログイン時に自動的に開くアプリを無効にする方法です。Appleメニューを開いて、システム環境設定を選択し、ユーザーとグループをクリックします。 次に、ログイン項目タブを選択します。 左下隅にあるロックをクリックして、変更を有効にします。最後に、アプリを選択してマイナスボタン(-)をクリックして削除します。

A

Appleメニューを開いて再起動をクリックします。通常モードと同様です。