Home

MacでmacOS SonomaとmacOS Venturaをデュアルブートする方法は?

Updated on 2024年4月24日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

MacでmacOS SonomaとVenturaのデュアルブートガイドの段階的手順

概要: この記事は、iBoysoftからの投稿で、2つのマシンを所有することなくMacでmacOS SonomaとmacOS Venturaをデュアルブートする方法を教えてくれる素敵なチュートリアルです。

MacでmacOS SonomaとmacOS Venturaをデュアルブートする方法

macOS Venturaがリリースされてから1年後、Appleは大々的に新しいメジャーなMacオペレーティングシステムを一般に発表し、その名は--,macOS Sonoma,2023年9月26日に正式版がリリースされました。

最新のmacOSと比較すると、新しいものは確かにさまざまな改善と向上が歓迎され、事前にインストールされたアプリケーションやシステム設定も含まれています。macOS Sonomaの味わいたいと思う人も多いかもしれませんが、macOS Venturaも好きであり、2つのマシンを手に入れることは本当に能力を超えています。

落ち着いてください、そこで本記事が助けに来ました。この記事は、Macで2つのバージョンのmacOS -- SonomaとVenturaをデュアルブートする方法を詳細に説明し、どちらのオペレーティングシステムもストレスなく1台のマシンで体験できるように手助けします。

開始前に行うべき準備

始める前に、macOS SonomaとmacOS Venturaのデュアルブートを成功させるために重要な準備作業を行う必要があります。

1. あなたのMacモデルがmacOS Sonomaを実行できるか確認してください:

  • MacBook Air: 2018年以降
  • MacBook Pro: 2018年以降
  • iMac: 2019年以降
  • Mac Pro: 2019年以降
  • Mac Mini: 2018年以降
  • Mac Studio: 2022年以降
  • iMac Pro 2017

2. 新しいmacOSをインストールして実行するために、十分なスペース(少なくともmacOS Sonoma用に25GB)を確保してください。2つ目のmacOSのインストールと実行には十分なスペースが必要ですので、まずマシンから不要なアプリケーションを削除することが最優先です。一般的なアプリの削除は時間と労力を浪費するので、なぜiBoysoft MagicMenuを試して、数クリックでそれらをアンインストールしないのでしょうか?

また、アプリは常に余分なファイル、関連ファイル、およびキャッシュを残して限られたスペースを占有します。残りのすべてのファイルとフォルダを取り除くために、iBoysoft DiskGeekerを使用できます。

3. Mac上の重要なすべてのものをバックアップします。 macOSのインストールが停止したり、データが失われるといった事故がいつでも起こる可能性があります。この瞬間、完全なバックアップによってすべてが元通りに復元され、損失やリスクはありません。

この記事が役立ち、情報提供と感じた場合、なぜ他の人々と共有しないのでしょうか?

 

第二のmacOS用の新しいボリュームを追加

 注意:この手順全体は、macOS Sonomaを実行しているMacにmacOS Venturaをインストールする視点から説明されています。 macOS SonomaでmacOS Venturaをインストールしたい場合、すべての手順と解決策が同様であり、自由に従ってください。

Macに2つのmacOSバージョンをインストールしたい場合は、2つのボリュームを分離する必要があります。 macOS SonomaとmacOS Venturaの両方がAPFSをサポートしているため、APFSファイル形式のボリュームがより推奨されます。Space Sharing機能のおかげで、現在のボリュームとデータに影響を与えません。

Macにボリュームを追加する手順に従います:

  1. Disk Utilityを開き、表示ボタンをクリックしてすべてのデバイスを表示を選択します。
  2. 左側のサイドバーからAPFSコンテナを選択します。
  3. 上部メニューバーの+ボタンをクリックします。
  4. 新しいボリュームの名前を変更し、フォーマットを選択します。APFSが推奨される理由は、HFSやHFS+よりも種類の多い拡張と改善があるためです。
  5. サイズオプションをクリックしてmacOSインストールのサイズを設定します。 macOS Sonomaには25GBが適しています。MacでmacOS SonomaとmacOS Venturaをデュアルブートする方法

新しいボリュームにmacOS Sonomaをインストール

新しいAPFSボリュームが追加されたので、新しいボリュームにmacOS Sonomaをダウンロードしましょう。App Storeに移動してmacOS Sonomaを検索し、そこからダウンロードできます:App Storeを開く > 検索ボックスにmacOS Sonomaと入力 > ダウンロードアイコンをクリック > ダウンロードが終了するのを待ちます。

さらに、Appleによって認可された開発者アカウントがあれば、macOS Sonomaベータ版ページを訪れて、ベータ版のオペレーティングシステムをダウンロードすることもできます。

macOSインストーラーが準備されたら、以下の手順に従ってマシンにmacOS Sonomaをインストールできます。

  1. ダウンロードしたmacOSインストーラーを開きます。
  2. 画面の指示に従ってこのオペレーティングシステムをコンピュータにインストールします。
  3. macOSインストール用に作成した新しいボリュームを選択します。
  4. 「続行」ボタンをタップし、管理者アカウントのパスワードを入力します。
  5. インストールが終了し、コンピュータをシャットダウンします。

macOS SonomaとmacOS Venturaの切り替え

コンピュータに2つのmacOSバージョンがインストールされたため、いつでも好きな方を起動できます。macOSを切り替えたいときは、Macを再起動して起動ディスクを変更できます。

2番目のmacOSからMacを起動する手順:

  1. Macをシャットダウンし、パワーボタンを押してApple Silicon Macの「起動オプションの読み込み」画面が表示されるまで待ちます。
  2. 利用可能なボリュームからmacOSがインストールされた新しいボリュームを選択します。
  3. 上矢印または「続行」ボタンをクリックします。
  4. 選択したディスクからMacを起動します。

macOS Sonomaに起動したら、ゲームモード、新しいスクリーンセーバー、よく使われるウィジェット、プレゼンターオーバーレイなどの新機能と改善点をお楽しみいただけます。

お好みのmacOSがあれば、その起動ディスクをデフォルトに設定し、デバイスが自動的にそれに起動するようにします。

  1. Appleメニューシステム設定に移動し、起動ディスクをクリックします。
  2. 変更を行うために設定のロックアイコンを左下にクリックして、パスワードを入力します。
  3. お好みのボリューム/パーティションを起動ディスクとして選択し、再起動をクリックして設定を有効にします。

これで、デバイスは手動で別のmacOSに切り替えるまで、お好みのmacOSに起動します。

この記事を他の方々と共有していただければ、感謝いたします!

 

結論

macOSの2つのバージョンを体験することは、別のマシンを用意することなしには確かに良いですが、それは新しいトラブルも招きます。 2つのオペレーティングシステムで作成されたファイルやデータを保存する十分なスペースがない、オーバーロードされた操作による速度の低下、Macコンピューターの過熱、Macintosh HDスペースの制限によるファイルの損失などが挙げられます。

そのため、Macで2つのオペレーティングシステムを慎重に扱い、ファイルやフォルダー、およびそれらへの変更を定期的にバックアップするようにしてください。

また、以下も参照してください:

既知のmacOS Sonomaの問題、トラブル、バグを修正する方法(トップ20)

USBなしでmacOS Sonomaをクリーンインストールする方法は?

MacでmacOS SonomaとVenturaをデュアルブートする方法のFAQ

A

macOS Sonomaは2023年9月26日に一般に発表されます。

A

はい、Macで2つのバージョンのmacOSをデュアルブートできます。必要なのは、Macモデルがオペレーティングシステムを実行できること、2つのmacOSインストール用に十分なスペースを確保すること、2番目のmacOS用に新しいボリュームを追加し、新しいボリュームにmacOSをインストールし、好きなようにオペレーティングシステムを切り替えるだけです。