Home

'The application is not open anymore' error on Mac [Fixed]

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Macで「アプリはもう開かれていません」というエラーを修正する方法

Macでアプリまたはアプリでファイルを開こうとすると、「アプリはもう開かれていません」というエラーが表示されることがありますが、実際にはアプリが開かれている場合でも発生することがあります。このエラーが表示されると、対象のアプリが応答しなくなり、使用できなくなります。

Macで「アプリはもう開かれていません」というエラー

ユーザーの報告によると、このエラーは特定のアプリには結び付いておらず、さまざまなアプリで発生する可能性があります。以下に、このエラーが影響を受けたいくつかのアプリを示します:

  • アプリ「zoom.us」はもう開かれていません。
  • アプリ「Safari」はもう開かれていません。
  • アプリ「Microsoft Teams」はもう開かれていません。
  • アプリ「Preview」はもう開かれていません。
  • アプリ「Messages」はもう開かれていません。
  • アプリ「1Password 7」はもう開かれていません。
  • アプリ「Adobe Acrobat」はもう開かれていません。
  • アプリ「App Store」はもう開かれていません。
  • アプリ「Finder」はもう開かれていません。
  • アプリ「Visual Studio Code」はもう開かれていません。
  • アプリ「Splashtop Streamer」はもう開かれていません。
  • アプリ「Calendar」はもう開かれていません。

この記事では、エラーを解消し、通常通りにアプリを実行するためのいくつかの便利なトリックを紹介します。

目次:

なぜMacBookは「アプリはもう開かれていません」と言うのですか?

「アプリはもう開かれていません」というエラーは、お使いのオペレーティングシステムやアプリ自体に関連するソフトウェアの問題によって引き起こされる可能性があります。システムには軽微な問題があるため、アプリを開くことができない場合があります。または、アプリに関連するバックグラウンドプロセスや環境設定ファイルが破損しているため、アプリが応答しなくなることがあります。

 

Macで「アプリはもう開かれていません」というエラーを修正する方法は?

アプリ自体またはファイルを開こうとして「アプリはもう開かれていません」というエラーが表示された場合は、次の解決策を試すことができます。

⚙️ MacBookやデスクトップMacで「アプリはもう開かれていません」というエラーを修正する方法:

  • 問題のアプリを強制終了する
  • アクティビティモニターでアプリを閉じる
  • Macを再起動する
  • ターミナルからアプリを開く
  • セーフモードで起動する
  • アプリの設定ファイルを削除する
  • アプリをアンインストールして再インストールする
  • macOSを再インストールする

問題のアプリを強制終了する

最初に試すべきことは、開けないアプリケーションを強制終了することです。Command +Option + Escを押して、アプリを選択し、強制終了をクリックして閉じます。閉じた後、再度開いて正常に動作するか確認できます。

Macで開けないアプリを強制終了する

アクティビティモニターでアプリを閉じる

別の方法として、応答しないアプリとその関連プロセスをアクティビティモニターから閉じることができます。以下の手順で行います。

  1. 「アプリケーション」>「ユーティリティ」フォルダからアクティビティモニターを開きます。
  2. 上部右側の検索ボックスでアプリを検索します。
  3. アクティビティモニターは、アプリ名を含む実行中のプロセスを表示します。
  4. アプリを選択し、xアイコンをクリックします。
  5. 強制終了をクリックします。 
    アクティビティモニターで開かないアプリを閉じる
  6. アプリに関連する他のプロセスを閉じるために、手順4と5を繰り返します。プロセスを終了してよいかどうか分からない場合は、事前に調査してから対処してください。

Macを再起動する

アプリを強制終了できない場合は、代わりにMacを再起動することができます。多くのユーザーが「アプリがもう開かない」というエラーに遭遇した際に効果がありました。Macがフリーズした場合は、電源ボタンを長押ししてシャットダウンし、再度電源を入れて開始します。

ターミナルからアプリを開く

アプリをすぐに使用したい場合は、Terminalを使用する回避策もあります。以下のコマンドの中のSafariを開かないアプリの名前に置き換える必要があることに注意してください。

  1. 「アプリケーション」>「ユーティリティ」フォルダからTerminalを開きます。
  2. 以下のコマンドを入力してEnterキーを押します。open -n -a Safari.app

このコマンドによりアプリが起動し、通常通りに使用できるようになります。うまくいかない場合は、Finderでアプリを探し、右クリックして「複製」を選択し、複製したアプリを開いて使用してください。

 

セーフモードで起動する

「アプリケーションはもう開かない」というエラーが解消されない場合、Macをセーフモードで起動して、アプリと衝突する可能性のあるサードパーティ製ソフトウェアを特定します。セーフモードでは、内部ハードドライブを修復し、システムキャッシュをクリアすることもできます。セーフモードに入った後、問題が解消されたかどうかを確認するために、問題のあるアプリを起動し、通常通り再起動させます。

アプリの設定ファイルを削除する

エラーは破損した設定ファイルによって引き起こされる可能性があるため、問題を解決するためにそのアプリに関連する設定ファイルを削除することができます。これらのファイルは次回アプリを開くと再生成されます。

  1. Finderを開き、メニューバーの「移動」メニューをクリックします。
  2. Optionキーを押しながら表示された「ライブラリ」フォルダをクリックします。 
    Macで非表示のライブラリフォルダを開く
  3. 次のフォルダを確認し、トラブルの原因となっているアプリに関連するフォルダまたはplistファイルを削除します。 
    ・Containers
    ・Preferences
    ・Saved Application State
  4. ゴミ箱を空にします。
  5. Macを再起動します。

アプリのアンインストールと再インストール

また、トラブルのあるアプリをアンインストールしてクリーンなバージョンを再インストールすることでエラーを解消することもできます。アプリをゴミ箱に移動することはおすすめしません。それによってMac上にファイルが残り、引き続き問題を引き起こす可能性があります。代わりに、iBoysoft MagicMenuなどのツールを使用してアプリを完全にアンインストールすることをおすすめします。

iBoysoft MagicMenuは右クリックメニューの拡張機能であり、右クリックで完全なアンインストールなどさまざまなタスクを実行できます。また、macOS High Sierra以降のすべてのmacOSバージョンに対応しており、Intelベース、T2、M1、M2のMacでもサポートされています。

以下はMacでアプリを完全にアンインストールする方法です:

ステップ1:無料でiBoysoft MagicMenuをダウンロードしてインストールします。

ステップ2:機能しないアプリケーションを右クリックし、「アンインストール」をクリックします。

Macでアプリをアンインストールするために右クリック

ステップ3:「アンインストール」をクリックします。

Macでアプリをアンインストールする

macOSの再インストール

上記のいずれの対処法でも「このアプリケーションはもう開いていません」というエラーが解消されない場合は、RecoveryモードからmacOSを再インストールすることを検討してください。これにより、Mac上のデータは削除されませんが、既存のシステムファイルが新しいmacOSのコピーに置き換えられます。

  1. macOSリカバリにブートします。リンクをクリックしてください。
  2. "macOSを再インストール"をクリックし、"続行"をタップしてください。
    macOSを再インストール
  3. インストールを完了するために指示に従ってください。

Macで「アプリケーションがもう開かれていない」エラーを解決した場合は、この投稿を共有してください!

 

Macで<アプリケーションがもう開かれていない>に関するよくある質問

A

The application "Mail.app" is not open anymore means that your operating system is having issues opening the Mail app. This may result from corrupted files or system glitches.

A

If Zoom says that the application "Zoom" is not open, it's likely having problems launching itself due to temporary software issues on the system or corrupted app files.

A

If you have encountered the issue that Safari can't open the file because no available application can open it, it's usually because one of the following reasons:
1) There's no available application to open the type of file you downloaded.
2) The file isn't in the download location specified in the General pane of Safari preferences.
3) The file isn't completely downloaded.

A

If an application is not responding on Mac, you can force quit it by pressing Command + Option + Esc, then relaunch it.