Home

[解決済み] Windows リソース保護が要求された操作を実行できませんでした

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

「Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした」というエラーの修正方法

概要: Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できないというエラーメッセージが表示されることがあります。このiBoysoftの記事では、このエラーメッセージの意味、発生原因、および修正方法について説明しています。

Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした

Windowsユーザーであれば、システムファイルの破損修復やその他のエラー修正のためにSFCを実行することは一般的です。しかし、WindowsコンピュータでSFCスキャンを実行する際に「Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした」というエラーメッセージが表示されることがあります。これは、Windows Resource Protection(WRP)に問題があることを示しています。

Windows Resource Protectionは、重要なシステムファイルとフォルダーを置き換えられないように保護し、これらのコンポーネントを保護してアプリケーションとオペレーティングシステムの障害を回避します。

では、SFCを実行する際に「Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした」というエラーメッセージを受け取ったのはなぜでしょうか?それに対する解決策はあるのでしょうか?以下の内容を読み続けて、答えを見つけましょう。

目次:

同じ問題を抱えている人に解決策を知らせるため、この記事を共有しましょう。

 

「Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした」とは何ですか?

Windows Resource Protection(WRP)は、Windowsオペレーティングシステムの組み込みセキュリティ機能であり、重要なシステムファイルが削除または破損しないように保護する役割を果たしています。

WRPは、未承認の変更が検出された場合に、バックアップから元のファイルを復元します。これにより、Windowsは常に重要なファイルの動作可能なコピーを保持し、安定性の問題を引き起こす可能性のあるファイルの損傷も修復することができます。

Windows Resource Protectionは、システムに損害を与える可能性のある変更を実行することができないため、動作できません。このようなエラーメッセージが画面に表示された場合は、まずコンピュータをウイルスやマルウェアのスキャンを行い、次にディスクが破損していないか確認してください。

Windows Resource Protectionは、ファイルの破損、ウイルスまたはマルウェア感染、ハードウェアの故障、またはコンピューターの誤シャットダウンによって引き起こされるコンポーネントの競合により動作できませんでした。

ここでは、'Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした'の原因となる可能性のあるいくつかの理由をリストしています:

  • システムファイルの破損
  • ユーザープロファイルの破損
  • マルウェアまたは競合するアプリケーション
  • Windowsレジストリの問題
  • 不正なファイルのパーミッション設定

Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できなかった場合の対処方法

このエラーメッセージ'Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できませんでした'が表示される原因を理解した後は、対応策を取ることができます。

CHKDSKを実行する

CHKDSKコマンドは、Windows上のボリュームのファイルシステムやファイルシステムのメタデータの論理的および物理的なエラーをチェックするために使用できます。このコマンドを使用して、Windowsのクラッシュの原因となる可能性がある破損したファイルや不良セクタなどを修正できます。

以下はCHKDSKコマンドを実行する手順です:

  1. 実行ダイアログを開くためにWin + Rを押し、コマンドプロンプトと入力します。
  2. アドミニストレータ特権でコマンドプロンプトを開くために、Win + SHift+ Enterを同時にタップします。 (または検索結果で右クリックして管理者として実行を選択することもできます。)
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーを押して実行します。
    chkdsk C:/r

CHKDSKを実行する

プロセスが完了するのを待ってから、PCを再起動し、問題が修正されたかどうかを確認するためにSFCを再実行してください。

セーフモードでSFCを実行する

一般環境でSFCを実行するとこのエラーメッセージが表示される場合は、競合するアプリケーションが原因である可能性がありますので、セーフモードでSFCを実行してみてください。セーフモードでPCを起動すると、オペレーティングシステムはここで必要なドライバとサービスのみをダウンロードし、システムの不安定性の原因となる問題を解決します。

  1. 設定を開くために、Win + Iを押します。 (またはスタートメニューをクリックして、ダブルクリックで設定を開くこともできます。)
  2. アップデートとセキュリティをクリックし、左パネルから回復を選択し、高度な起動の下にある今すぐ再起動をクリックして、Windows REに入ります。
  3. トラブルシューティング>高度なオプション>スタートアップ設定>再起動に移動します。
  4. キーボードで6F6を押して、コマンドプロンプト付きのセーフモードでPCを起動します。
     セーフモードでのSFC実行
  5. 以下のコマンドを入力し、Enterを押して実行します。
    sfc/scannow

プロセスが完了するまで待機し、プロセス中にコマンドプロンプトウィンドウを閉じたりPCをシャットダウンしないようにしてください。これで"Windows Resource Protection could not perform the requested operation"の問題が解決できるかもしれません。解決しない場合は、以下の解決策を試してください。

上記の方法で問題が解決した場合は、以下のボタンをクリックして、必要としている他の人々と共有してください。

 

Windows Modules Installerの有効化

Windows Modules Installerは、常に利用可能なWindowsの更新を確認し、インストールするシステムプロセスです。Windows Modules Installerが無効になっていると、コンピューターは更新を受け取らず、SFCスキャンが実行されない場合があります。以下の手順でWindows Modules Installerを有効化してください。

  1. Win + Rを押して、実行ダイアログを開き、services.mscと入力し、OKをクリックします。
  2. Windows Modules Installerを見つけ、右クリックしてプロパティを選択します。
  3. 一般タブに移動し、起動の種類セクションのドロップダウンリストで手動を選択します。
     Windows Modules Installerの有効化
  4. 変更を保存するために、適用してOKをクリックします。

SFCスキャンをやり直して、エラーメッセージ"Windows Resource Protection could not perform the requested operation"がまだ表示されるか確認してください。

自動修復/スタートアップ修復を使用する

上記の解決策をすべて試してもエラーメッセージが表示される場合は、高度なオプションの自動修復/スタートアップ修復を使用してみることができます。この機能は、Windowsのインストールに問題がある場合にほとんどの問題を検出し、デフォルトの状態にリセットすることができます。

  1. PCを再起動し、Windowsの回復環境にPCを起動するためにF8 キーを押し続けます。 (または、設定 > 更新とセキュリティ > システムの回復 > 今すぐ再起動 を選択して、PCを回復モードで起動することもできます。)
  2. トラブルシューティング > 詳細オプション > 自動修復/スタートアップ修復をクリックします。
     スタートアップ修復

その後、PCが再起動され、予期しない動作を引き起こす可能性のある問題を自動的に修正します。問題が検出されると、それらを確認して対処方法を選択できます。修正できない問題が検出された場合は警告が表示され、エラーに応じて対処することができます。

Windowsの再インストール

上記の解決策をすべて試しても「要求された操作を実行できませんでした」というエラーを修正できない場合は、Windowsを再インストールする必要があります。これにより、PCがデフォルトの設定にリセットされ、問題が修正されます。

PC上のすべての保存されたファイルとインストールされたアプリケーションが削除されるこの操作を実行する前に、重要なデータをバックアップしていることを確認してください。

  1. 設定 > 更新とセキュリティ > システムの回復に移動します。
  2. このPCのリセット セクションで始める をクリックします。
  3. 次のウィンドウですべて削除 を選択して、Windowsを工場出荷時の状態に戻します。
     Windowsの再インストール

その後、PCを再起動し、問題が正常に解決されたかどうかを再度SFCで確認します。

まとめ

SFCスキャンを実行しているときに画面に「要求された操作を実行できませんでした」というエラーメッセージが表示された場合は、心配しないで、まずCHKDSKを実行して解決してみてください。一般的な解決策でも修正できない場合は、Windowsを再インストールしてください。再インストール前に必要なデータをバックアップすることを忘れないでください。

以上の解決策を使用して、'Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できません'エラーを正常に修正できたことを願っています。

 

Windows Resource Protectionが要求された操作を実行できない場合のFAQ

A

コマンドプロンプトで CHKDSK を実行できます。

A

SFC スキャン、CHKDSK、または DISM コマンドを実行してください。いずれかの方法で問題を修正することができます。