Home

Macのエラー「装置の最後のブロックに書き込めません」69760を修正する方法

Updated on 2024年6月22日土曜日

iBoysoft author Erika Zhang

Written by

Erika Zhang
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

概要: この記事は、内蔵ハードドライブや外部ディスクの消去やパーティション作成時に遭遇する可能性のあるMacエラー「装置の最後のブロックに書き込めません」を解決するのに役立ちます。失ったデータを取り戻すためにiBoysoft Data Recoveryを無料ダウンロードしてください。

装置の最後のブロックに書き込めません69760

内部・外部ハードドライブを消去やパーティション作成しようとした際に、Macで「装置の最後のブロックに書き込めません」のエラーが表示される場合があります。これは時にエラーコード69760とともに表示されます。ディスクユーティリティやターミナルに表示されるエラーの例をいくつか紹介します。

① ディスクユーティリティで「装置の最後のブロックに書き込めません」と表示され、消去プロセスを完了できませんでした

ディスク消去できな装置最後のブロックに書き込めません

② ディスクユーティリティで消去プロセスが「装置の最後のブロックに書き込めません。(-69760)」と表示されました。

装置最後のブロックに書き込めせんので、消去操作が失敗

③ ターミナルで消去プロセスが「Error: -69760: Unable to write to the last block of the device」と表示されました。

このエラーはさまざまな問題が原因で発生する可能性があり、ここで実証済みの解決策を提供して、ハードドライブを消去やパーティション作成できるようにサポートします。

「装置の最後のブロックに書き込めません」エラーを受信したドライブからデータを復元する

多くのユーザーが、ドライブを期待どおりに機能しないため、フォーマットを余儀なくされています。そのような場合は、フォーマットする前に問題のドライブから必要なデータを取り除いておくことをお勧めします。ドライブを消去するとその上のデータがすべて削除され、その後復元できなくなる可能性があります。

Macが起動できるかどうかによって、アクセスできないデータを復元する方法は異なります。

Macが起動できない場合は、リカバリーモードでMacデータ復旧ソフトを実行する必要があります。

Macが起動できる場合は、iBoysoft Data Recovery for Macを使用してデータを回復できます。

これは安全でよく知られたデータ復旧ツールであり、内部ハードドライブや外部ストレージデバイスから失われたデータを回復することができます。外部HDD、SSD、USBスティック、SDカードなども含まれます。

このツールを使用してドライブをスキャンし、無料で見つかったファイルをプレビューすることができます。以下は、「装置の最後のブロックに書き込めません」と表示されているドライブからデータを回復する方法です。

ステップ1:iBoysoft Data Recovery for Macを無料でダウンロードしてインストールします。

ステップ2:リムーバブルディスクの場合は、ドライブがMacに接続されていることを確認します。

ステップ3:ソフトウェアを起動し、ディスクを選択し、「データの検索」をクリックします。

今すぐ最高のデータ復旧ソフトウェアを無料体験

ステップ4:スキャンされたファイルをプレビューします。

ファイルをプレビューし、復旧できる

ステップ5:復元したいファイルの横にあるボックスをチェックを入れ、「回復」をクリックし、回復したファイルを他のストレージに保存します。

クリックだけで、ファイルを回復できる

データは保護されていますか?より多くの人を助けるために、その手順を共有しましょう。

 

内部ハードドライブでの「装置の最後のブロックに書き込めません」を修正する

起動ディスクや内部SSDを消去する際にエラー「装置の最後のブロックに書き込めません。」が表示される場合は、以下の解決策を試して解決してください。

Macで内部ハードドライブを消去するときの「装置の最後のブロックに書き込めません。」を修正する

  • 1. ドライブの消去を複数回試行してください
  • 2. インターネットリカバリモードでドライブを消去する
  • 3. 外部のブート可能なインストーラからドライブを消去する
  • 4. ハードドライブのSATAケーブルまたはコントローラを交換する
  • 5. 新しいSSDに切り替える

ドライブの消去を複数回試行してください

エラーが表示されたら、内部ドライブを複数回消去してください。ディスク・ユーティリティで初めてドライブの消去に失敗しても、その後2回目、3回目の消去に成功することはよくあります。

インターネットリカバリモードでドライブを消去する

ローカルリカバリモード(Command + R)で起動ディスクを消去できない場合は、インターネットリカバリを試してみてください。Appleサーバーからリカバリツールを読み込み、お使いのMacと互換性のある最新のmacOSを再インストールできます。このモードはIntelベースのMac専用なので、M1やM2Macでは動作しません。

以下の手順に従って、インターネットリカバリで内部ハードドライブを消去してください:

  1. Macをシャットダウンします。
  2. 電源ボタンを押し、すぐにOption + Command + Rキーを押し続けます。
  3. 回転する地球が表示されたらキーを離します。 
    インタネットリカバリーモードMac
  4. "macOSユーティリティ"ウィンドウで、ディスクユーティリティを選択して続行をクリックします。
  5. 上の表示をクリックして、すべてのデバイスを表示します。
  6. 起動ディスクを選択して(通常は「内部」セクションの一番上)消去をクリックします。 
    Macリカバリーモードで消去
  7. 起動ディスクに名前を付けます。
  8. macOS 10.13以降を実行している場合は、形式をAPFSに設定します。
  9. 方式をGUIDパーティションマップに設定します。
  10. 消去をタップします。

それでもまだMacで「装置の最後のブロックに書き込めません。」というエラーが発生する場合は、次の修正に進んでください。

外部のブート可能なインストーラからドライブを消去する

あるいは、ブート可能なインストーラから起動した後、ディスクユーティリティで内蔵ハードドライブを消去することもできます。リカバリーモードではできなかったことができるかもしれません。ブート可能なインストーラを作成するには、少なくとも14GBの空き容量があるUSBフラッシュドライブまたはその他の外部ストレージデバイスが必要です。

  1. macOS USBインストーラーを作成
  2. 作成したインストーラーをMacに接続します。
  3. Macがインターネットに接続されていることを確認します。
  4. Macをシャットダウンし、電源ケーブルと新しく作成したインストーラー以外のすべての外部周辺機器を取り外します。
  5. インストーラーから起動します。 
    Intel Macの場合:Macの電源を入れ、すぐにOptionキーを押し続けます。起動可能なボリュームが表示された後にキーを離します。そして、インストーラーを選択し、上矢印をクリックします。 
    Apple Silicon Macの場合:起動可能なボリュームが表示されるまで電源ボタンを押し続けます。その後、インストーラーを選択し、続行をクリックします。
  6.  ディスクユーティリティー > 続行 を選択します。
  7. 前述の手順に従って起動ディスクを消去します。

ハードドライブのSATAケーブルまたはコントローラーを交換する

SSDを消去する際に「装置の最後のブロックに書き込めません。」と表示される場合、データケーブルが故障しているか、SATAコントローラーが正しく読み込まれていない可能性があります。SATAハードドライブケーブルまたはコントローラを正常なものと交換することで、対処できます。

それが問題かどうかをテストするには、MacからSSDを取り外し、外付けのエンクロージャーでテストします。外部で正く消去できる場合、ハードドライブ・ケーブルまたはコントローラに問題がある可能性があります。

新しいSSDに交換する

Macの起動に問題がある場合「例:Macがクエスチョンマークのついたフォルダで起動する」、SSDやHDDの消去に失敗して「装置の最後のブロックに書き込めません。」というエラーが表示される場合、ハードドライブがおそらく不良で交換が必要です。特にMacに正しく認識されない場合は注意すべきです。

この場合、故障したハードドライブを新しいものに交換する必要があります。内部ハードドライブがマザーボードにはんだ付けされていない場合は、この作業が簡単です。ハードドライブが交換できない場合は、外部のSSDにmacOSをインストールし、そこからMacを起動することを検討してください。。

エラーが解決したら、この投稿をシェアし、より多くのMacユーザーに役立ててください。

 

外部ハードドライブの「装置の最後のブロックに書き込めません。」を修正する

外部ドライブが正常に機能しない場合、再フォーマットが通常は明確で効果的な修正方法です。ただし、時々消去プロセスがエラーで失敗し、"装置の最後のブロックに書き込めません。:(-69760)."というエラーが表示されることがあります。その場合、次の解決策で修正できます。

Mac上で外部ハードドライブを消去する際に「装置の最後のブロックに書き込めません(-69760)」を修正する: 

  • 1. 別のケーブルやポートを試してください
  • 2. 外部ドライブを安全に消去します
  • 3. 別のコンピューターでドライブをフォーマットします
  • 4. ターミナルでドライブを消去します
  • 5. リカバリーモードでドライブをフォーマットします
  • 6. ディスクイメージから復元します

別のケーブルやポートを試してください

エラーは接続に通信エラーが原因である可能性があります。したがって、別のケーブルやポートに変更した後にタスクを繰り返すことをお勧めします。また、エンクロージャーを使用している場合は、異なるエンクロージャーを試してみることもお勧めします。そのほか、アダプターの有無にかかわらず、Macへの接続を試してみてください。

外部ドライブを安全に消去します

外付けハードディスクドライブ、USBフラッシュドライブ、SDカードなどを消去しようとしているが、エラーが発生した場合は、再度ディスクユーティリティを実行して安全に消去することをお勧めします。これにより、ドライブがきれいになり、トラブルの原因となるブロックが消去されます。

ただし、これによりドライブのデータは回復できなくなります。そのため、この作業を行う前に必要なデータがバックアップされていることを確認する必要があります。

外部ドライブを安全に消去するには、セキュリティオプション2を選択できます。Appleによれば、このオプションは「ランダムなデータを1回書き込み、ディスク全体にゼロを1回書き込み、ファイルへのアクセスに使用された情報を消去し、データを2回上書きする」。ドライブを安全に消去する方法はこちら:

  1. 外付けディスクをMacに差し込みます。
  2. ディスクユーティリティを起動します。
  3. 表示>すべてのデバイスを表示
  4. 物理ディスク(メーカー名の上のドライブ)を選択し、「消去」をクリックします。ディスクを安全に消去
  5. 左下にある「セキュリティオプション」をクリックします。
  6. スライダーを2番目のオプション「最も安全」に移動します。
  7. OKをクリックします。
  8. ドライブの名前を入力します。
  9. 適切なファイルシステムを選択します。
  10. 方式をGUIDパーティションマップに設定します。
  11. 消去をクリックします。

 ノート: 「セキュリティオプション」ボタンはSSDでは使用できません。標準的な消去はすでにSSDのデータ復旧を困難にしているので、安全に消去する必要はありません。

別のコンピューターでドライブをフォーマットします

外付けドライブをLinuxやWindowsコンピュータでフォーマットした後、Macで「装置の最後のブロックに書き込めません(-69760)」と表示される外付けドライブをフォーマットできたというユーザーもいます。まだ試していない場合は、試してみるのもいいでしょう。

Linuxコンピューターでフォーマットした場合、ドライブの起動を要求されることは言っておく価値があります。macOSはLinuxのファイルシステムをサポートしていないからです。指示に従って、ドライブを起動するか再フォーマットしてください。

ターミナルでドライブを消去します

ディスクユーティリティがドライブを消去できなかった場合、ターミナルアプリを使用することができます。Macに外部ドライブを接続したまま、以下の手順に従って慎重にドライブをフォーマットしてください。

  1.  ターミナルを開きます.
  2. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押してください。diskutil list
  3. 外部ドライブのディスク番号(disk2など)をメモしてください。
  4. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押してください。(変数を自分のドライブ情報に置き換えてください。)diskutil eraseDisk file_system disk_name /dev/disk_number
  5. ターミナルを終了してください。

ターミナルが、「Error: -69760: Unable to write to the last block of the device」と同じエラーを返す場合は、以下の他の解決策を試してください。

リカバリモードでドライブをフォーマットする

macOSリカバリで外部ドライブをフォーマットすることもできます。 これはMacに内蔵されたリカバリシステムで、ドライブを再フォーマットするツールも搭載されています。リカバリモードに起動すると、ディスクユーティリティがすぐに表示され、ターミナルは上部のユーティリティメニューに隠されています。

リカバリーモードMac

ディスクユーティリティとターミナルの両方で消去を繰り返し、うまくいくかどうかを確認してください。

ディスクイメージから復元する

あるフォーラム・ユーザーは、外部ドライブの「装置の最後のブロックに書き込めません(-69760)」というエラーを解消するユニークな解決策を発見しました。彼は、空白のイメージから復元した後、問題のドライブを正常に消去することができました。以下に詳細なプロセスがあります。

  1. ディスクユーティリティを開いてください。
  2. 左上のメニューバーから「ファイル」 > 新規イメージ >「空きのイメージを作成」をクリックしてください。 
    空きのディスクイメージを作成Mac
  3. ディスクイメージのファイル名を入力し、Mac上の保存先を選択してください。 
    ディスクイメージに名称を作る
  4. ディスクイメージの名前を入力してください。
  5. 外部ドライブで使用するフォーマットを選択してください。
  6. その他の情報をデフォルトに設定してください。
  7. 保存 > 完了をクリックしてください。
  8. 消去できない外部ドライブを選択し、復元をクリックしてください。
  9. 作成した空のイメージから復元するオプションを選択して、復元をクリックしてください。

この記事の解決策で、内蔵ドライブや外付けドライブのエラーが直ったことを祈ります。もしそうであれば、下のボタンをクリックして、より多くの人と共有してください。