Home

iPhoneが利用できませんまたはセキュリティロックアウト画面

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

iPhoneの利用不可/セキュリティロックアウト画面をバイパスする方法

概要: iPhoneのパスコードを忘れた場合、iPhoneをアンロックするために可能性をすべて試していると非常にパニックになるかもしれません。しかし、パスコードを5回間違えると、iPhoneの利用不可またはロック画面が表示されます。このiBoysoftの投稿は、このような画面をバイパスするための適切な方法を提供しています。

iPhoneの利用不可またはセキュリティロックアウトの画面

さまざまな理由で、iPhoneのパスコードを忘れることがあり、間違ったパスコードを複数回入力するとが表示されます。これにより、iPhoneのデータが盗難や紛失から保護されます。

間違ったパスコードを5回入力すると、1分間ロックされます。6回失敗すると5分間ロックされます。間違ったパスコードを入力する回数が多いほど、ロックされる時間が長くなります。10回失敗すると、iPhoneは永久にロックされます。

が表示される理由がわかったら、この画面をバイパスしてiPhoneにアクセスする方法に進みましょう。

目次:

あなたのiPhoneでこのような画面を見たことがありますか?もし見た場合は、以下の方法に従って修正方法を知ってください。読んだ後でこの投稿を共有することを非常に感謝します。

 

iPhoneの利用不可またはセキュリティロックアウト画面を修正する方法

以下の方法を実行する前に、カウントダウンが終了してから再度パスコードを入力することができます。時間を無駄にしたくない場合は、以下の解決策を使用してバイパスしてください。

方法適用シナリオ難易度レベル
iPhoneを消去するiOS 15.2以降のiPhoneがロックされている場合簡単
Find Myを使用する他のAppleデバイスにFind Myがあり、iPhoneの位置情報がオンの場合簡単
iCloudを使用する他のAppleデバイスがなく、iPhoneの位置情報がオンの場合中程度
iTunesを使用するmacOS Catalina以前のMacを使用する場合難しい

iPhoneを消去する

パスコードを複数回間違えると、iPhoneが使用できないロック画面やiPhoneを消去するオプションが表示されます。この方法を使用する前に、強力なインターネット接続を持つようにお使いのiPhoneを保管してください。

  1. 右下のコーナーにErase iPhoneオプションが表示されるまで、パスコードを続けて入力してください。
     iPhoneを消去する
  2. それをクリックすると、すべてのコンテンツと設定を消去というメッセージが表示されます。
  3. 再度Erase iPhoneをクリックし、進んでください。
  4. Apple IDのパスコードを入力し、消去プロセスが開始されます。

この方法では、iPhoneに保存されているすべてのデータが失われます。バックアップがある場合は、iCloudまたはiTunesから復元できます。

 注意: この方法はiOS 15.2以降のバージョンのiPhoneにのみ適用されます。それ以外の場合は、消去オプションを見つけることができません。

Find Myを使用する

Find Myは、すべてのAppleデバイスに組み込まれているアプリで、デバイスの位置を特定するのに役立つだけでなく、リモートでiPhoneを消去することもできます。iPhoneがオンラインであり、位置情報がオンになっていることを確認してください。

  1. iPadまたはMacでFind Myを開きます(Macの場合、Finder > Applications > Find MyまたはLaunchpad > Find Myに移動します)。
  2. デバイスを選択し、リストからiPhoneを探します。
  3. iPhoneをクリックし、下にスクロールしてこのiPhoneを消去オプションを見つけます(Macの場合、情報アイコンをクリックして、ポップアップウィンドウの下にスクロールしてこのiPhoneを消去オプションを見つけます)。
     Find Myを使用する
  4. 続行をクリックし、Apple IDとパスワードを入力して開始します。

プロセスの完了を待ち、iPhone上のすべてのデータと設定、パスワード、使用できないiPhoneのロック画面が消去されます。それ以降、iPhoneをリセットし、iCloudからデータを復元できます。

iCloudを使用する

他のAppleデバイスがない場合は、iCloud.comにサインインしてiPhoneを消去し、使用できないiPhoneまたはロック画面をバイパスできます。

  1. iCloud.comにアクセスし、Apple IDとパスワードでサインインします。
  2. iCloudメニューからデバイスを検索のオプションをクリックします。
  3. iPhoneを選択し、iPhoneを削除のオプションをクリックします。
    iCloudを使用する
  4. 再度削除をクリックし、Apple IDとパスワードで確認します。

削除プロセスの後、iCloudからの復元をクリックすることができます。最新のバックアップを選択し、復元をクリックしてください。復元中にネットワーク接続が安定していることを確保するため、強力なインターネット接続を維持してください。

iTunesの使用

macOS Catalina以前を実行しているMacで、iTunesでデータを同期している場合、それを使用してiPhoneを削除し、iPhoneが利用できない状態や画面ロックアウトの画面をバイパスすることができます。

  1. iPhoneをリカバリーモードに起動します。
    Homeボタンを持っている場合は、HomeボタンとTopまたはSideボタンを同時に押し続け、リカバリースクリーンが表示されるまで待ちます。
    Face IDモデルの場合は、Volumeボタンを押してすぐに離し、Volume Downボタンを押してすぐに離し、その後TopまたはSideボタンを押し続け、リカバリーモードの画面が表示されるまで待ちます。
  2. Macに接続し、iPhoneとMacの両方で信頼をクリックします。
  3. iTunesでiPhoneを見つけ、iPhoneを復元をクリックします。
    iTunesを使用する

その後、iPhoneを再起動し、Macから切断します。iTunesにバックアップがある場合は、復元してアップデートをクリックしてデータを復元します。

iTunesは、Music、Podcasts、TVの3つの個別のアプリに分割されています。Macが最新のmacOS - macOS Sonoma (14)、またはmacOS Catalina以降を実行している場合、この方法は使用できません。

ボーナスのヒントとまとめ

ボーナスのヒント

パスコードは、iPhoneのデータを盗難から守るための最も簡単な方法ですが、パスコードを忘れたり、何度も間違ったパスコードを入力したりすると、iPhoneが利用できない状態や画面ロックアウトの画面が表示されます。その後、iPhoneのデータはすべてアクセスできなくなります。

```

したがって、iPhoneを同期またはバックアップすることが重要です。iCloudは、クラウドにデータをアップロードして、同じApple IDでサインインしているすべてのデバイスでアクセスできるようにする組み込みの機能です。ただし、iCloudは無料で5GBのストレージしか提供できません。より多くのストレージが必要な場合は、それに対して支払う必要があります。

まとめ

パスコードを間違え続けると、iPhoneはロックされ、iPhoneが使用できないまたはロックアウトされた画面が表示されることがあります。10回の試行後に正しいパスコードを思い出せない場合、iPhoneは永久にロックされ、画面をバイパスするためにiPhoneを消去する必要があります。iPhone上で直接消去をクリックするか、Find MyとiCloudを使用してください。どの方法を選んでも、強力なインターネット接続が必要です。

上記の方法を使用してiPhoneの使用できないロック画面を正常にバイパスしましたか?であれば、それを必要な方々と共有してください。

 

iPhoneの使用できない状態または画面ロックのFAQ

A

はい、iOS 15.2以降を実行している場合、利用できない画面で直接iPhoneを消去するオプションをクリックすることができます。それ以外の場合は、Find Myを使用するか、iCloud.comにサインインしてiPhoneを消去して、利用できない画面をバイパスしてiPhoneをロック解除することができます。

A

正しいパスコードを覚えていない場合は、iPhoneを消去することが唯一の方法です。