Home

インテル/M1/M2 Macs(macOS Sonoma) で Windows 11 をインストールする方法

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

[チュートリアル] Intel/Apple Silicon MacにWindows 11をインストールする方法

概要: Windows 11とWindows 10の違いの一つは、TPMサポートの要件です。この投稿を読んで、Intel MacとApple Silicon MacにWindows 11をインストールできるかどうか、そして方法を知りましょう。

MacにWindows 11をインストールする

2021年10月5日、Microsoft Windows NTオペレーティングシステムの最新の重要なアップグレードであるWindows 11が利用可能になりました。WindowsとmacOSをデュアルブートしているMacユーザーの中には、macOS Sonoma、Ventura、およびそれ以前で動作しているMacにWindows 11をインストールする方法に興味を持っている人もいます。

MacにWindows 11をインストールする方法適用されるMacモデル費用
Boot Camp Assistantを使用してMacにWindows 11をインストールするIntelベースのMac無料
パラレルズなどの仮想マシンでMac上でWindows 11を実行するIntel Mac、M1/M1 Mac無料または有料

この投稿では、以下の内容を説明します:

 

MacにWindows 11をインストールできるか

答えはYESです。最新のmacOS SonamaがインストールされているMacにもWindows 11をインストールすることが可能ですが、新しいWindows 11のシステム要件のため、Windows 10をMacにインストールするのとは少し異なります。

Windows 11は、最低システム要件の一部としてTrusted Platform Module(TPM)2.0セキュリティコプロセッサが搭載されたシステムでのみ動作します。TPM 2.0コプロセッサは、Microsoftによればファームウェアとハードウェアの攻撃からの防御において「重要なビルディングブロック」となっています。

残念ながら、Intel、Apple Silicon MacのマザーボードにはTPMが組み込まれていません。Intel Macの一部にはCPUにTPMが組み込まれているものがある一方、AppleはTPMをサポートするためにmacOSを更新していないため、これらのMacが公式にWindows 11をサポートすることは原則的にできるはずです。新しいApple Silicon M1/M2 Macに対するAppleによるすべてのIntel Macの段階的廃止が原因かもしれません。

ただし、インストールプロセス中にWindowsのレジストリを変更することで、Appleの無料のBoot Camp Assistantツールを使用してIntelベースのMacにWindows 11をインストールすることができます。Boot CampをサポートしていないApple Silicon Macでは、Parallelsなどのサードパーティ製ソフトウェアが必要です。

インテル/M1/M2 MacにWindows 11をインストールしたい人々とこの記事を共有してください!

 

インテルMacでWindows 11をインストールする方法

Boot Camp Assistantは、Appleの解決策で、同じMacデバイスでmacOSとWindowsを切り替えるためにWindowsを無料でMacにインストールすることができます。ただし、これはIntelベースのMacのみで利用可能です。Intel MacでWindows 11をサポートするためにAppleがmacOSを更新しない可能性は高く見えますが、インストール中のTPMチェックもバイパスできます。

必要なもの: 

  • Macのスタートアップディスクに64GB以上の空き容量。最良のエクスペリエンスには少なくとも128GBの空き容量が必要です。そのくらいのスペースが自動的なWindowsのアップデートに必要です。
  • 外付けUSBフラッシュドライブ。必要な場合は16GB以上の容量があることを確認し、MS-DOS(FAT)としてフォーマットされていることを確認してください。
  • Windows 11のISOファイルを保存するための少なくとも5GBのストレージスペースがあるUSBスティック。
  • 予期しないデータの損失を避けるため、Time Machineや他のソリューションを使用してMacをバックアップしてください。

Boot Campを使用してIntel MacにWindows 11をインストールする手順:

  1. MicrosoftからWindows 11 ISOをダウンロードします。ページを下にスクロールして、「Windows 11 ディスク イメージ(ISO)をダウンロード」の3番目のオプションをクリックし、ダウンロードボックスを選択してWindows 11 (複数エディションの ISO)を選択し、ダウンロードをクリックします。Windows 11 ISO ダウンロード
  2. 「製品の言語を選択」するように求められたら、Choose Oneボックスを展開してEnglishを選択し、Confirmをクリックします。プロセスを開始するために、64ビットのダウンロードをクリックします。
  3. USBスティックをMacに挿入し、Finder > アプリケーション > ユーティリティからBoot Camp Assistantを起動します。
  4. 「Windows 10以降のインストールディスクの作成」(これにはWindows 11が含まれます)と「Windows 10以降のバージョンのインストール」の両方を選択し、「Continue」ボタンをクリックします。Boot CampでMacにWindows 11をインストール
  5. 再び「Continue」をクリックすると、ダウンロードしたWindows 11 ISOファイルが自動的にUSBドライブにインストーラーが作成されます。
  6. Windowsパーティションのサイズを調整するには、スライダーをクリックしてドラッグします。Windowsには最低でも64GBのスペースを割り当ててください。
  7. 「Install」ボタンをクリックすると、Boot CampがMacを再起動し、Windows 11のインストーラーの手順が表示されます。
  8. メッセージが表示されて「ソフトウェアは現在ソフトウェアサーバーから利用できません」という場合は、MacとBoot Campを再起動し、Action > Download > Windows Support Softwareに移動します。

それでは、MacにWindowsを設定する前に重要なステップがあります。それは、Windows 11インストーラーでTPMチェックをバイパスすることです。そうしないと、「このコンピューターはWindows 11と互換性がありません」というメッセージが表示される可能性があります。

  1. Windows 11のセットアップ画面に移動したら、「Shift + F10」を押してコマンドプロンプトを開きます。Install Nowをクリックする代わりに、この方法でコマンドプロンプトを開いてください。
  2. コマンド「regedit」を入力して、Windows 11のレジストリエディターが開きます。Windows 11のレジストリエディターの編集
  3. レジストリエディターで以下の場所まで移動し、Setupフォルダーを右クリックし、「新規作成」 > 「キー」を選択します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup
  4. キーに「LabConfig」と名前を付け、右クリックして「新規作成」 > 「DWORD (32 ビット)」を選択し、「BypassTPMCheck」を名前に割り当てます。
  5. 同様の手順で、RAMチェックとセキュアブートチェックをバイパスするためのキーを別々に作成し、「ByPassRAMCheck」と「ByPassSecureBootCheck」と命名します。
  6. これらの3つの値をダブルクリックして、値を1に設定します。
  7. レジストリエディターとコマンドプロンプトを終了し、Install NowをクリックしてWindowsのセットアップを続行します。

周りの誰かがBoot Campを使用してIntel MacにWindows 11をインストールしたい場合は、この方法を共有してください!

 

Apple Silicon MacにWindows 11をインストールする方法

Apple M1チップを搭載した最初のMacは2020年11月10日に発表されました。2023年6月現在、Mac全ラインナップはAppleのシリコンチップを使用しています。M1/M1 MacではBoot Camp Assistantを使用することができないため、この無料の方法ではApple Silicon MacにWindows 11をインストールすることはできません。したがって、Apple Silicon MacにWindows 11をインストールする方法を見つけることが非常に重要です

MシリーズのMac上でWindows 11を実行するためには、仮想化ソフトウェアを利用します。これにより、ゲストオペレーティングシステムのための別個の物理的な環境をシミュレートする仮想マシンを構築することができます。UTM、Parallels、VMware Fusionなど、無料および有料の仮想化ソフトウェアが選択できます。ちなみに、仮想化を使用してIntel MacにもWindows 11をインストールすることができます。

M1/M1 Mac向けの無料仮想マシンに比べて、サードパーティの手間のかからないソフトウェアの方がより推奨されます。Windows 11のARM版は、2022年にリリースされたParallels Desktop 18の中でParallels自体からダウンロードおよび購入することができます。さらに、2023年2月には、MicrosoftはParallelsをM1およびM2 Mac上のWindowsに対応させ、Parallels Desktop 18のユーザーにWindows 11 ProおよびWindows 11 EnterpriseのArm版を実行することを許可しました。

以下は、Parallelsを使用してM1またはM2 MacにWindows 11をインストールする方法です:

  1. 公式のParallelsウェブサイトを訪れ、アプリをそこからダウンロードします。Apple Silicon MacにWindows 11をインストールする
  2. 必要な権限を許可し、インストールが完了するのを待ちます。
  3. ダウンロードを開始するように求められたら、Windowsをインストールをクリックします。
  4. Windows 11のISOダウンロードが完了したら、数分でインストールを完了するための画面の指示に従います。

より多くの人に、Apple Silicon MacにWindows 11をインストールする方法を知ってもらいましょう!