Home

解決!Boot CampでWindowsサポートソフトウェアをインストールできない

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

ブートキャンプは現在使用できないソフトウェアをインストールできません(Sonoma)

概要:MacでWindowsをインストールする際に、ブートキャンプがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない問題に遭遇した場合、iBoysoftが提供する解決策については、この投稿を読んでください。

ブートキャンプがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない

インテルベースのMacでは、ブートキャンプアシスタントは、MacにWindowsをインストールするAppleのソリューションです。プロセス中に、最新のWindowsサポートソフトウェアをインストールするために自動的にブートキャンプインストーラが開きます。Windowsのインストールとアップグレードの後でも、最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロードしてインストールする必要があるかもしれません。

予期せず、ブートキャンプアシスタントを使用してWindowsサポートソフトウェアをインストールする際に問題が発生することがあります。おそらくブートキャンプインストーラが開かず、「ソフトウェアはソフトウェア更新サーバーから現在利用できないため、インストールできません」などのエラーメッセージが表示される場合などです。ブートキャンプがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない場合は、以下の解決策を試してみてください。

確認済みの方法具体的な手順
macOSのアップデートAppleメニューに移動し、システム設定をクリックし、一般を選択します。利用可能なアップデートを自動的にチェックします。インストール/今すぐアップデートボタンをクリックし、画面の指示に従ってください。
USBフラッシュドライブをチェックするDisk Utilityを起動し、左側の接続されたUSBフラッシュドライブをクリックし、右側のペインでドライブのファイル形式と空き容量を確認します。
安定したネットワークを確保するシステム設定 > ネットワークからネットワークの状態を確認します。
USB接続を確認するUSBフラッシュドライブを取り外して再接続し、作動しているUSBポートに接続されていることを確認してください。
不要な周辺機器を切断するMacからUSBフラッシュドライブ以外のすべてのアクセサリーを取り外します。
FileVaultを無効にするシステム設定 > プライバシーとセキュリティに移動し、セキュリティの下にスクロールし、FileVaultの横のオフボタンをクリックします。

目次:

 

ブートキャンプがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない可能な原因

Windowsサポートソフトウェア/ドライバーは、Mac上のWindowsを実行するために必要です。macOS Sonoma/Venturaおよびそれ以前のバージョンを実行しているMacには、Windows 10を初めてBoot Campアシスタントを使用してインストールする際にBoot Campインストーラーに含まれています。Mac上でWindowsの動作を保証するために、最新のWindowsサポートソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。

boot camp cant install windows support software

macOS SonomaでBoot CampがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない場合、原因としては、古いmacOS、USBフラッシュドライブのファイル形式が正しくない、ネットワークの問題、USB接続の問題、非互換のMacモデルなどが考えられます。

さらに、Boot Campアシスタントを使用してMacにWindows 11をインストールする場合、このエラーメッセージに遭遇する可能性があります。その場合、Macを再起動し、Windowsサポートソフトウェアを手動でダウンロードする必要があります。

この情報の投稿を共有して、Boot CampがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない問題を解決するのに役立ててください。

 

Boot CampがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない問題の修正方法

Boot Campアシスタントを使用してMacにMicrosoft Windowsをインストールまたはアップグレードした後に、Boot CampがAppleから最新のWindowsサポートソフトウェアをインストールできない問題が発生した場合、以下の解決方法を一つずつ試してトラブルシューティングすることができます。

macOSを更新する

古いアプリケーションを使用する必要がある場合やハードウェアが現在のOSをサポートできない場合は、古いバージョンのmacOSを実行する必要があります。ただし、Macを頻繁に使用し、重要なデータを保存している場合は、一般的にmacOS(最新のmacOS Sonoma)を更新する必要があり、その更新にはBoot Campの更新も含まれることがあります。

macOSを更新するには、Appleメニュー>システム環境設定>一般>ソフトウェアアップデートに移動します。ただし、AppleはmacOSをWindows 11に対応させていませんので、デフォルトではBoot Campアシスタントを使用して互換性のあるMacにWindows 11をインストールすることはできません。

update macos

USBフラッシュドライブを確認する

最新のWindowsサポートソフトウェアをインストールするには、16GB以上のMS-DOS(FAT)フォーマットのUSBフラッシュドライブが必要です。したがって、ファイル形式が正しくないディスクスペースが不足しているといった理由で、Boot CampがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない場合があります。ドライブの情報はディスクユーティリティで確認できます。

  1. Finder > Applications > Utilities からDisk Utilityを開きます。
  2. 「View」ボタンをクリックし、「Show All Devices」を選択します。
  3. 左のサイドバーで接続されたUSBフラッシュドライブをクリックします。
  4. 右側でドライブのフォーマットと空き容量を確認します。

disk utility erase usb flash drive

ドライブがFAT形式でない場合、Disk Utilityで「Erase」ボタンをクリックしてフォーマットするか、16GB以上の空き容量がある別のドライブを使用する必要があります。

安定したネットワーク接続を確保する

Boot Camp AssistantでAppleからWindowsサポートソフトウェアをダウンロードするには、安定した品質のあるネットワーク接続が必要です。したがって、Macが動作するインターネットに接続されていることを確認してください。そうでない場合、"ソフトウェアがソフトウェア更新サーバーから現在利用できないため、ソフトウェアをインストールできません"というメッセージが表示される場合があります。

  1. MacでAppleメニュー > システム環境設定を選択し、サイドバーで「Network」をクリックします。
  2. 右側にネットワーク接続のステータスが表示されます。

接続のステータスは、それに隣接するステータスインジケーターで表示されます:

  • 緑:サービスが有効(オン)で接続されています。
  • 黄色:サービスは有効ですが接続されていません。
  • 赤:サービスが設定されていません。

check network status on mac

USB接続を確認する

Boot Camp AssistantがダウンロードされたWindowsサポートソフトウェアをUSBフラッシュドライブと認識しない場合、接続に問題があるかどうかを確認する必要があります。「戻る」をクリックして、ドライブがMacのキーボード、ハブ、またはディスプレイに接続されていないことを確認してください。それから、USBフラッシュドライブを外し、再度接続し、「続行」をクリックします。

不要な周辺機器を切断する

Boot Camp AssistantがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない場合、接続された周辺機器のうち不要なものをすべて抜いて、USBフラッシュドライブのみを接続してWindowsサポートソフトウェアを再度インストールしてみてください。

FileVaultを無効にする

一部のMacユーザーは、Boot Camp AssistantがWindowsサポートソフトウェアをインストールできない場合、FileVaultを無効にすることで問題が解消することがわかりました。一時的にFileVaultをオフにし、Macハードドライブ上のデータのセキュリティのためにオンにすることができます。以下は手順です:

  1. Appleロゴをクリックし、「システム環境設定」をクリックします。
  2. 左のサイドバーで「Privacy & Security」を選択します。
  3. 右側で「Security」セクションの下にFileVaultを探します。
  4. 「Turn Off」ボタンをクリックし、パスワードを入力してロックを解除します。
  5. 「Turn Off Encryption」ボタンをタップしてFileVaultを無効にします。

WindowsサポートソフトウェアのインストールがBoot Campでできない場合に、この投稿のどの方法でもお役に立てれば共有してください!