Home

OneDrive for Mac:概要、ダウンロード、ログイン、その他

Updated on 2024年6月14日金曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

概要:この投稿はOneDrive for Macの概要です。OneDriveの詳細やMacでのダウンロード、インストール、ログイン方法、およびOneDrive for Macの代替方法について説明します。 - iBoysoftから

OneDrive for Mac

Windowsを使用していたユーザーがMacに切り替えた場合、OneDrive for Macが存在するかどうかを知りたい場合、この投稿から答えを見つけることができます。ここから、MacでOneDriveを使用できるか、およびMacでOneDriveをダウンロード、インストール、ログインする方法を学ぶことができます。

OneDrive for Macとは何ですか

OneDriveは、Microsoftが開発したクラウドストレージサービスです。これにより、コンピュータのファイルをクラウドストレージプラットフォームにバックアップおよび同期し、保護と便利な共有を実現できます。OneDriveを使用すると、同じアカウントで複数のデバイスからいつでもファイルにアクセスできます。

OneDriveは、Windows、macOS、Android、iPadOS、およびiOSなど、さまざまなプラットフォームで使用できます。MacでOneDrive for PersonalまたはOneDrive for Businessを設定してファイルをバックアップおよび同期できます。

OneDrive for Mac

OneDrive for Macについてもっと多くの人に話して共有しましょう。

 

MacでOneDriveを使用できますか?

はい。OneDriveはWindows向けに設計されていますが、macOSとも互換性があります。MacでのOneDriveの無料ダウンロード、インストール、使用が可能です。

MacでOneDriveをダウンロード、ログイン、使用する方法は?

OneDriveはWindowsのネイティブアプリです。したがって、OneDrive for Macを使用したい場合は、まずダウンロードしてインストールし、次にログインして設定を行う必要があります。MacでOneDrive for Macを設定する主な手順は、Windowsと同様です。

Mac用OneDriveのダウンロード

  1. 「Apple メニュー」を開き、「App Store」をクリックします。
  2. 検索ボックスに「OneDrive」と入力して検索します。
  3. 結果パネルにある「OneDrive」の横にある「GET」ボタンをクリックして、OneDriveをダウンロードしてMacにインストールします。
    Mac用のOneDriveをダウンロード

OneDriveがダウンロードされてインストールされたら、OneDriveのコピーがOneDriveフォルダにダウンロードされます。このフォルダはOneDriveウェブサイトと同期を保つために使用されます。

Mac用OneDrive

MacでOneDriveにログインする

  1. Finderサイドバーの「Applications」フォルダ内の「OneDrive」をクリックします。
  2. 既にMicrosoftアカウントを持っている場合は、メールアドレスを入力し、「サインイン」をクリックします。「会社や学校で提供されるアカウントを使用している場合は、「Work or school」を選択します。
    Microsoftアカウントを持っていない場合は、「アカウントを作成」をクリックし、表示されるガイドに従ってアカウントを設定します。その後、新しいアカウントでOneDriveにログインできます。
    MacでOneDriveにログイン

MacからOneDriveにファイルやフォルダをアップロードする

OneDriveにログインすると、OneDriveのウェブサイトが表示されます。OneDriveでは、無料で5GBのストレージを利用できます。追加のストレージスペースが必要な場合は、有料で利用できます。

MacでOneDriveを使用してファイルをバックアップするには:

  1. OneDriveウェブページで「アップロード」をクリックします。
  2. 「ファイル」または「フォルダ」を選択して、ファイルやフォルダをOneDriveストレージにアップロードします。
    MacでOneDriveにファイルやフォルダをアップロード 

なぜMacでOneDriveが動作しないのでしょうか?

OneDriveはMacでも使用できますが、主にWindows向けに設計されています。そのため、macOSとの互換性は比較的低いと推測されます。

MacでOneDriveが起動しない場合や正常に動作しない場合、ソフトウェアエラーやシステムの問題が原因となっている可能性があります。Macを再起動したり、OneDriveを再オープンしたり、OneDriveを更新することでトラブルを修正できます。

OneDriveのMacの代替とは何ですか?

iCloudはOneDriveのMacの最良の代替です。それはWindowsのOneDriveと同様に、macOSのデフォルトのクラウドストレージサービスです。

iCloudも、Macからクラウドストレージにイメージ、ビデオ、ドキュメント、音声などのファイルを保存および同期させることができます。複数のデバイス(iPhoneやiPadなど)でApple IDにログインして、同期されたファイルにアクセスすることもできます。iCloudはデフォルトで5GBの無料ストレージを提供しています。

MacでiCloudを有効にする方法は次のとおりです:

  1. Apple メニューをクリックして「システム環境設定」を選択します。
  2. サイドバーで「iCloud」をクリックします。
  3. Apple ID アカウントを入力して iCloud を有効にします。
  4. iCloud でデータを同期するアプリを選択し、iCloud Drive をチェックし、隣にある 「オプション」ボタンをクリックして保存して同期するデータを選択します。
    OneDriveの代替となるiCloud

この Mac 版 OneDrive の概要を友達と共有しましょう。