Home

Time Machineでの復元後にMacBookがブートしない場合、どうすればいいですか?

Updated on 2024年7月17日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

サマリー: この投稿では、Time Machineでの復元後にMacが起動しない理由を説明し、問題から脱出するための効果的な回避策を提供します。その後、Macは通常通り起動します。- From iBoysoft

Mac wont boot after Time Machine restores

ファクトリーリセット後にMacを復元するためにTime Machineを使用したり、アップグレード後に以前のmacOSバージョンに戻ったり、新しいMacを起動したりすると、Macが起動しないことがあります。以下は、遭遇する可能性がある一般的なシナリオです:

  • Time Machineでの復元後にMacが起動しないが、黒い画面が表示される
  • Time Machineの復元に時間がかかりすぎている。
  • Time Machineでの復元後、Macが起動しないが、画面にクエスチョンマークが点滅するフォルダが表示される。
  • iMacがTime Machineバックアップをインポート後に再起動で停止しています。

状況がどうであれ、Time Machineでの復元後にMacが起動しない場合は、この投稿に従ってください。問題を修正し、Macが正常に起動できるようにします。

Time Machineでの復元後にMacが起動しない問題を修正するための解決策は以下の通りです:

  1. Macを充電する
  2. Macを強制再起動する
  3. 不要な周辺機器を切断する
  4. 起動セキュリティ設定を変更する
  5. セーフモードに入る
  6. NVRAMをリセットする
  7. SMCをリセットする
  8. macOSリカバリモードで起動ディスクを確認する
  9. macOSを再インストールする
  10. Appleサポートに連絡する

この問題の解決方法を友達にシェアしてください。

 

Time Machineでの復元後にMacが起動しない場合、これらの修正方法を試してください

MacがTime Machineでの復元後にブラックスクリーンやグレースクリーンで起動しない、またはプログレスバーがほぼ完了しているように見えるが、Time Machineでの復元後に数時間その状態で続いていると思われる場合、以下の回避策を試してみてください。これらの方法は、ほとんどすべてのMacのTime Machine復元後に起動しない問題を修正できます。

Macを充電する

MacをTime Machineバックアップから復元することは通常時間がかかります。それは多くの電力を消費します。MacがTime Machineでの復元後にブラックスクリーンで起動しない場合は、バッテリーが空になっているかどうかを考えるべきです。

MacBook ProやAirをできれば15分以上充電してください。その後、MacBookが起動するかどうかを確認するためにTouch ID(電源ボタン)を押してください。

MacBookが起動しない場合の充電

Macを強制再起動する

通常、Time Machineの復元プロセスには時間がかかります。しかし、Time Machineのバックアップが大きくない場合や、Time Machineの復元が完了するのに時間がかかりすぎると異常です。

Macが再起動を妨げるスタックしたTime Machineの復元を修正するには、Macを強制的に再起動することができます。 Time Machineバックアップをインポートした後、iMacが再起動し続ける場合、強制再起動も有効です。

方法は次の通りです:

  1. Macを完全にシャットダウンするには、電源ボタンを約10秒間押します。
  2. しばらく待ちます。
  3. Macをオンにするには、電源ボタンを2〜3秒間押します。

不要な周辺機器を切断する

Macに接続されている多くのデバイスを接続するUSBハブがあるかどうかを確認してください。また、Time Machine外付けハードドライブを使用してファイルを復元する際に、他の外部デバイスをMacに接続しているかもしれません。複数の周辺機器は電力を消費している可能性があり、いくつかの機器に問題がある場合、Macが起動しない可能性があります。

したがって、すべての周辺機器を切断してみてください。そして、Macが起動するかどうかを確認してください。

MacからUSBハブを切断

起動セキュリティ設定を変更する

おそらく、Macをダウングレードしたり前の状態に戻すために回復モードでTime Machineバックアップから復元を選択した可能性があります。そのため、Time Machineの復元後にMacが起動しない問題が起こる可能性があります。

Macの起動設定を変更して、macOSリカバリモードからTime Machine外付けハードドライブからMacを起動できるように設定できます。

  1. macOSリカバリモードに入ります。
  2. 上部のAppleメニューバーからユーティリティ > 起動セキュリティユーティリティをクリックします。
     リカバリモードで起動セキュリティユーティリティに移動
  3. 管理者パスワードを入力します。
  4. Secure Bootセクションで「中程度のセキュリティ」をチェックします。
  5. 許可されたBootメディアセクションで、「外部または取り外し可能なメディアからの起動を許可する」をチェックします。
    Macで起動セキュリティ設定を変更 

次に、macOSユーティリティメニューに戻り、Time Machineから復元して外部ドライブからMacを起動できるように選択しなおしてください。

MacがTime Machineから起動しない問題を解決する方法を共有してください。

 

セーフモードに入る

あなたのMacBookが黒い画面で再起動後に起動しない場合、ログインアイテムの干渉が原因である可能性もあります。これらのサードパーティのプログラムは、ログインすると自動的に起動します。

Macの起動時にこれらのプログラムを実行しないようにするには、セーフモードで起動してください。Macのセーフブートは、サードパーティのソフトウェアの読み込みを防ぎつつ、起動ディスクのエラーをチェックおよび診断します。

IntelベースのMacをセーフモードで起動する方法:

  1. Macを起動するために電源ボタンを押しながら、Shiftキーを押し続けます。
  2. ログイン画面が表示されたらキーをリリースします。

Apple Siliconを搭載したMacをセーフモードで起動する方法:

  1. 電源ボタンを押しっぱなしにして、画面に起動オプションが表示されるまで待ちます。
  2. 起動ディスクを選択しながら、Shiftキーを押し続けます。
  3. セーフモードで続行をクリックし、その後Shiftキーをリリースします。

セーフモードでの設定変更後、起動アイテムを無効にしてください:

  1. Appleメニューをクリックし、システム環境設定 > ユーザーとグループを選択します。
  2. ロックをクリックして管理者アカウントを入力して変更を行います。
  3. ログイン項目タブでプログラムを選択し、リストから削除するための削除ボタン(-)をクリックします。
    ログインアイテムの無効化 

その後、Macを再起動して正常に起動するか確認してください。

NVRAMをリセット

NVRAM(非揮発性ランダムアクセスメモリ)は、Mac上で画面解像度、起動デバイスの設定などのシステム設定情報を保持する少量のメモリです。これはMacの起動やパフォーマンスを向上させるために機能します。

したがって、Time Machineによるリストア後にMacが起動しないエラーを解消するためにNVRAMをリセットできます。ただし、手動でNVRAMをリセットすることはIntel Macにのみ適用されます。

  1. Macを完全にシャットダウンするために電源ボタンを押し続けます。
  2. パワーボタンとOption - Command - P - Rショートカットキーを約20秒間押し続けます。
  3. 第2の起動音を聞いたり、Appleロゴが2回目に表示されて消えるのを見たらすべてのキーをリリースします。

SMCをリセット

SMC(システム管理コントローラ)は、IntelベースのMacで電源供給やバッテリー管理などの低レベル設定を維持します。SMCをリセットすることで、Time Machineリストアが永遠にかかる原因となるSMCの問題を除外できます。

  1. Macをオフにするために電源ボタンを10秒間押します。
  2. Macを電源に接続します。
  3. 電源ボタンとShift(左側) - Control - Optionキーを一緒に10秒間押します。
  4. すべてのキーを解除します。
  5. 電源ボタン(Touch ID)を押して、Macが起動できるかどうかを確認します。

    macOSリカバリモードで起動ディスクを確認する

    Macがまだ起動しない場合は、macOSリカバリモードでディスクユーティリティファーストエイドを実行して、起動ディスク(またはMacintosh HDまたはmacOSボリューム)の小さなエラーを確認および修復します。

    1. macOSリカバリモードでMacを起動 。
    2. macOSユーティリティメニューからディスクユーティリティをクリックします。
      macOSリカバリモードでディスクユーティリティを選択 & nbsp;
    3. 左のサイドバーから起動ボリューム(Macintosh HDまたはmacOSボリューム)を選択します。
    4. First Aid をクリックして> 実行をクリックして、起動ディスクのエラーをチェックを開始します。
      macOSリカバリモードで起動ディスクをチェックする最初のエイドチェックを実行 & nbsp;

      First Aidがチェックを完了した後、 Appleメニュー をクリックして> 再起動をクリックして、Macが正常に再起動するかどうかを確認します。

      macOSを再インストール

      起動ボリュームをチェックするためにFirst Aidを実行した後もMacが起動しない場合、Macのハードドライブがおそらく破損しています。 Macマシンを起動可能にするには、Macハードドライブを消去してmacOSをリカバリモードで再インストールする必要があります。

      ただし、Macを消去すると、それに保存されているすべてのデータが完全に削除されます。 必要かつ取り替えの効かないファイルがある場合は、まず iBoysoft Data Recovery for Macを実行して、起動不可能なMacからデータを回復してください。

      次に、Macを消去してmacOSを再インストールしてください。

      1. リカバリモードでMacを起動します。
      2. ディスクユーティリティをクリックします。
      3. Macintosh - HDまたはmacOSボリュームを選択して、消去>ボリュームグループの消去をクリックします。
      4. 作成した起動ボリューム以外を削除します。
      5. macOSユーティリティウィンドウに戻り、macOSを再インストールをクリックします。
      6. 画面の指示に従ってmacOSの再インストールを完了します。

        Appleサポートにお問い合わせ

        この手順に進んだ場合、Macには不明なエラーやハードウェアの問題がある可能性があります。 Appleサポートに連絡して、 Time Machineの復元後に起動できないMacを修正するための包括的な技術支援を受けることができます。

        この投稿がTime Machineの復元後に起動できないMacの問題を解決するのに役立った場合は、他の方と共有してください。

        & nbsp;