Home

修正:MacBook Sonoma/VenturaでAirDropが機能しない

Updated on 2024年6月14日金曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

概要:この記事では、MacBook、iPhone、またはiPadでAirDropが機能しない問題を10の実行可能な方法で修正する方法を明確に説明しています。他の人と簡単にファイルを共有するために、iBoysoft MagicMenuを右クリックして使用することでその問題を解決できます。

AirDropが機能しない修正

通常、AirDropはBluetoothを使用して特定範囲内のデバイスを検出し、その後Wi-Fi経由で他のAppleデバイスに瞬時にコンテンツを転送します。しかし、警告なしにAirDropが必要な時に機能しないことがあります。

幸いにも、この記事では、iPhone、iPad、またはMac機器でAirDropが機能しない問題を解決する方法を紹介しています。その後、AirDropを使用してファイルを転送できるようになります。

MacBookでAirDropが機能しない修正方法10選:

  1. MacBookと対象デバイスの両方にAirDropがあるかどうかを確認
  2. AirDropの設定を確認
  3. Wi-FiとBluetoothが有効になっていることを確認
  4. デバイスを互いに近づける
  5. Mac上のファイアウォールをオフにする
  6. パーソナルホットスポットをオフにする
  7. デバイスがロック解除されていることを確認
  8. Macと受信者のデバイスを再起動する
  9. ファイルをAirDropして送信するためにiBoysoft MagicMenuを使用する
  10. iOS、iPadOS、またはmacOSをアップデートする

この問題を解決する効率的な方法を他の人に教えに行きましょう。

 

MacでAirDropが機能しない

MacBookでAirDropが機能しない場合、何をすべきか?

MacBook Pro/AirでAirDropが機能しない原因は、設定の誤り、不安定なまたは低品質なWi-Fi接続、Bluetoothの無効化、ファイアウォールなどが考えられます。

したがって、AirDropが機能しない原因を直接特定するのは難しいです。以下の方法でこれらの可能性のある原因をトラブルシューティングする必要があります。その後、AirDropを再度使用できるようになります。

1. MacBookと対象デバイスの両方にAirDropがあるか確認

AirDropを使用してMacから他のAppleデバイスにデータを転送する際、その要件は両方がAirDropを持っていることです。どちらかがAirDropと互換性がない場合、それらの間でAirDropを使用することはできません。

すべてのAirDropと互換性のあるデバイスのリストをご覧ください:

  • iOS 7以降が搭載されたiPhone。
  • iPadOS 13以降が搭載されたiPad。
  • 2012年以降に発売されたMac機種(2012年のMac Proは除く)で、OS X 10.10以降を使用しています。

もし、Mac上でAirDropが表示されない場合は、システムバージョンを更新してみてください。

2. AirDrop設定を確認する

データを転送する前に、デバイスがAirDropで互いに検出可能である必要があります。

他の人があなたのデバイスを見つけられるかどうかを制御するAirDropの設定があるため、あなたのデバイスが他の人に検出可能であることを確認してください。

AirDropの三つのオプション:

AirDropの三つの設定

  • 受信オフ:ローカルネットワーク経由であっても誰もあなたのデバイスを見ることはできません。
  • 連絡先のみ:現在あなたの連絡先アプリにある人だけがあなたのデバイスを見ることができます。
  • 全員:AirDropを有効にしている全ての近くのデバイスがあなたのデバイスを見つけることができます。

 iPhoneでAirDropを検出可能にするには:

  1. 設定を開いて、一般を選択する> AirDrop。
  2. データを送信する相手によって、連絡先のみまたは全員のオプションをチェックしてください。

iPadでAirDropを検出可能にするには:

  1. コントロールセンターを開いて、AirDropをタップします。
  2. ファイルを転送する相手を選択するために、連絡先のみまたは全員のオプションをタップしてください。

MacでAirDropを検出可能にするには:

  1. Finderを開いて、AirDropを選択します。
  2. ドロップダウンメニューで連絡先のみまたは全員のオプションを選択してください。

MacでAirDropの全員のオプションを選択

これで、デバイスはAirDropで互いに検出可能になります。

 注意: まだAirDropで他のデバイスが見つからない場合、そのデバイスはスリープ状態かもしれません。スリープ状態のデバイスはAirDropに表示されません。目標デバイスを起きておかなければなりません。

3. Wi-FiとBluetoothが有効か確認する

AirDropは2つのデバイスを接続する際に最初にWi-Fiを使用するため、それらは同じネットワーク上にある必要があります。そうでない場合、AirDropはBluetoothを使用して接続しようとしまsう。

そのため、Mac上でBluetoothとWi-Fiが有効か確認する必要があります。そして受信側のデバイスも同様に。

iOSデバイス上:設定を開いてBluetoothをオンにします。そして設定でWLANを確認するか、セルラーを開いてください。

iPhoneでBluetoothとWiFiを確認する

iPadで: Control Centerを開き、Bluetoothを有効にしてからWi-Fiに接続します。

Macで: Appleメニューを開き、システム環境設定をクリックして、Bluetoothを開いてオンになっているか確認します。そして画面右上のWi-Fiも確認してください。

BluetoothをオンにしてWi-Fiに接続している場合は、もう一度オープンしてください。ときにBluetoothまたはWi-Fiの一時的なバグがAirDropが機能しなくなる可能性があります。

4. デバイスを近づける

MacBookと対象のAppleデバイスは30フィート(約半マイル)以上離れていないことが重要です。距離が遠いと、同じWi-Fiに接続されていない場合にBluetooth経由で接続できません。

Macとファイルを共有したいデバイスを近づけ、もう一度AirDropを試してみてください。

5. Macのファイアウォールをオフにする

Macのファイアウォールは不正なプログラムやサービスが着信接続を受け入れるのをブロックするのに役立ちます。これが対象デバイスがMacBookに接続できるのを防いでいる可能性があります。ですので、Macのファイアウォールを無効にしてみてください。

  1. Appleメニューをクリック > システム環境設定 > セキュリティ&プライバシー。
  2. ファイアウォールをオフにする 
     

6. パーソナルホットスポットをオフにする

MacBookからiPhoneにファイルを転送するためにAirDropを使用する場合は、iPhoneでパーソナルホットスポットが有効になっていないことを確認してください。パーソナルホットスポットがオンになっているとAirDropは機能しません。iPhoneで、設定をタップ > パーソナルホットスポットを開き、"他の人に参加を許可する"をオフにしてください。

7. デバイスがロック解除されていることを確認する

iPhoneやiPadがロックされている場合、AirDropは機能しません。MacからiPhoneやiPadにファイルをAirDropする場合は、iPhoneやiPadがロック解除されていることを確認してください。

8. Macと受信者のデバイスを再起動する

Macまたは宛先デバイスに一時的なエラーがある可能性があり、それがAirDropが機能しなくなる原因となっているかもしれません。単にMacを再起動し、次に受信者のデバイスを再起動して、AirDropが正常に機能するか確認してください。

9. iBoysoft MagicMenuを使用してファイルをAirDropする

MacBookでAirDropがまだ機能しない場合は、iBoysoft MagicMenuを使用してください。この右クリックエンハンサーにはたくさんの機能が搭載されており、その中にAirDropも含まれています。これを使えば、Macから他のAppleデバイスに画像、文書、フォルダ、その他のファイルをシンプルな右クリックでAirDropできます。

  1. MacBookに iBoysoft MagicMenu をダウンロード、インストールし、開きます。
  2. メインインターフェースで「エクステンション」をクリックし、右パネルからAirDropを見つけ、その隣にあるダウンロードボタンをクリックして、この機能を右クリックメニューに追加します。
    airdrop
  3. 共有したいファイルを右クリックして、コンテキストメニューからAirDropを選択します。

このツールが役立つと思ったら、友達と共有してください。

 

10. iOS、iPadOS、または macOSをアップデートする

すべてがうまくいっても、古いiOS、iPadOS、または macOSの欠陥やバグがAirDropの機能を妨げることがあります。

デバイスを再起動してみてください。それでもうまくいかない場合は、状況は少し複雑です。システムを最新バージョンにアップデートして古いシステムのバグを修正し、AirDropを再度使用してください。

iPhoneやiPadの場合、設定を開いて「一般」をクリックします。その後、ソフトウェアアップデートをクリックして使用可能なアップデートを確認します。

Macの場合、Appleメニューを開いて「システム環境設定」を選択します。その後、ソフトウェアアップデートを選択します。データ損失を避けるために、macOS のダウンロードとアップデートの前にMacで必要なデータをバックアップしておくことをお勧めします。

結論

AirDropが機能しないことは簡単に見える一般的な問題ですが、努力をして対処する必要があります。この投稿は、通常どおり動作しないAirDropを修正するための詳細なガイドを提供します。iPhone、iPad、またはMacマシンを使用している場合でも、上記の修正で問題を解決できます。

また、以下も参照してください:

• MacでAirPlayが機能しない場合の修正方法は?

この投稿がMacで機能しないAirDropを修正するのに役立った場合は、他の人と共有してください。