Home

Windows10でBitLocker暗号化をオフにまたは無効にする方法は?

Updated on 2024年3月4日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Windows 10でBitLocker暗号化をオフまたは無効にする方法は?

概要: この記事では、Windows 10でBitLocker暗号化を無効にするための5つの方法を紹介します。

BitLockerをオフにする

目次:

Windows 10 HomeエディションでBitLockerをオフまたは無効にする方法は?

ドライブ全体のBitLocker暗号化を無効にしたい場合は、次の手順に従ってください:

ステップ1:拡大鏡をクリックして検索を開き、「cmd」と入力し、結果のリストでcmd.exeを右クリックします。「管理者として実行」を右クリックメニューでクリックします。

ステップ2:コマンドラインプロンプトで次のコマンドを入力します:manage-bde -off X:(暗号化されたボリュームに割り当てられたドライブレターで "X" を置き換えて)と Enter を押します。

ステップ3:コマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

このコマンドにより、そのドライブ上のBitLocker暗号化がオフになり、データはもはやその暗号化で保護されなくなります。

Windows 10 ProfessionalまたはEnterpriseでBitLockerを無効にする方法は?

Windows 10 ProfessionalまたはEnterpriseエディションでドライブのBitLocker暗号化を無効にする方法は5つあります:

オプション1:コントロールパネルからBitLockerを無効にする

ステップ1:検索バーを開き、コントロールパネルと入力します。

ステップ2:BitLockerドライブ暗号化をダブルクリックします。

ステップ3:関連するBitLocker暗号化されたドライブを展開します。

ステップ4:「BitLockerをオフにする」オプションをクリックします。

BitLockerをオフにする

ステップ5:ウィンドウで「BitLockerをオフにする」をクリックします。

これにより、選択したドライブのBitLockerが永久的に無効になるはずです。

オプション2:コマンドプロンプトを使用してBitLockerを無効にする

高度なユーザーの場合、コマンドプロンプトを使用してBitLockerを無効にできます。

ステップ1:管理者としてコマンドプロンプトを開きます。素早く行うには、Windowsキー + Xを押してWin + Xメニューを開き、メニューからコマンドプロンプト(管理者)を選択します。

ステップ2:コマンドプロンプトが開いたら、manage-bde -off X:コマンドを入力し、実行します(XをBitLocker暗号化されたドライブのドライブレターに置き換えてください)。

オプション3:別のWindows 10コンピューターを使用してBitLockerを無効にする

もし、どちらの方法も失敗した場合、残された選択肢はBitLockerで暗号化されたドライブを別のコンピューターに接続して、解決策1と解決策2を試すだけです。

オプション4:PowerShellを使用してWindows 10でBitLockerを無効にする

ステップ1:Windowsキー+ Sを押し、powershellと入力します。結果のリストからWindows PowerShellを右クリックし、管理者として実行を選択します。

ステップ2:PowerShellが開いたら、Disable-BitLocker -MountPoint "X:"と入力してEnterキーを押して実行します(XをBitLockerで暗号化されたドライブのドライブレターで置き換えてください)。

BitLockerで暗号化されたドライブの解読プロセスには時間がかかるため、中断しないでください。ドライブが解読されると、そのドライブのBitLockerがオフになります。

オプション5:BitLockerパスワードブルートフォースクラッキングツールを使用してWindowsでBitLockerを無効にする

パスワードまたは48桁のBitLocker回復キーを紛失した場合、BitLockerで暗号化されたドライブはパスワードまたはBitLocker回復キーなしにはロック解除/解読できません。この状況では、Passware Password Recovery Kit、Elcomsoft Forensic Disk Decryptor、Thegrideon BitLocker Passwordなどの第三のBitLockerパスワードブルートフォースクラックツールが必要です。これらのツールを使用して攻撃を行い、BitLockerで暗号化されたドライブをロック解除できます。

誤ってBitLockerで暗号化されたドライブからデータを紛失した場合、iBoysoft Data Recoveryはあなたを助けることができるプロフェッショナルなデータ復旧ソフトウェアです。

関連記事:

Windows 10でBitLockerドライブ暗号化を使用する方法

BitLockerが暗復号化中に停止した場合、どうすればよいですか?

パスワードと回復キーなしでBitLockerで暗号化されたドライブをロック解除する方法

他のWindows PC、Mac、LinuxでBitLockerで暗号化されたドライブにアクセスする方法

USBドライブ、ペンドライブ、外部HDDからBitLockerパスワードを削除する方法(Windows)

WindowsでBitLockerを無効にするFAQ

A

Windowsは、BitLocker暗号化されたドライブをオフにする際にパスワードやBitLocker回復キーを求めることはありません。すでにログインしており、BitLockerドライブがロック解除され、アクセス権がある場合は、パスワードやBitLocker回復キーを入力する必要はありません。これは常にパスワードやBitLocker回復キーが必要なBitLocker暗号化ドライブをアンロックするのとは異なります。

A

以下の手順に従ってBIOSからBitLockerを無効にします:
ステップ1. Windows PCを再起動します。
ステップ2. 製造元の名前が表示されたら、すぐにF10キー(コンピュータモデルによって異なります)を押してBIOSセットアップにアクセスします。
ステップ3. BIOS設定でBitLockerドライブ暗号化をクリックします。
ステップ4. 画面に表示されるオプションから「保護を一時停止」を選択してBitLockerを無効にします。

A

ローカル管理者グループのメンバーであることは、オペレーティングシステムや固定データデバイス上でBitLockerの設定を有効にしたり、無効にしたり、変更したりするために必要です。取り外し可能なデータディスク上のBitLockerは、標準ユーザーでも有効にしたり、無効にしたり、変更することができます。