Home

[修正済み] OneDriveで破損/紛失/削除されたファイルを回復する方法

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

[修正] OneDriveで破損/欠落/削除されたファイルを回復する方法

概要: この記事は、Windows上のOneDriveで破損/欠落/削除されたファイルを回復または修正する方法を完全に解説したものです。

OneDriveで破損または欠落または削除されたファイルを回復する方法

OneDriveは、Microsoftアカウントを持つ誰でも無料で利用可能な大容量のインターネットストレージプラットフォームであり、Windows 11でデフォルトの場所として統合され、Microsoftアカウントユーザーに5GBの無料ストレージスペースを提供します。

MacのiCloudのように、OneDriveでは、ユーザーは複数のデバイス上にファイル、写真、その他のドキュメントを保存できます。ユーザーはまた、OneDriveにファイルを保存し、異なるデバイスで自動的に同期することができます。つまり、同じドキュメントに複数の場所からアクセスして作業することができます。また、他の人とコンテンツを共有するオプションを提供します。

ただし、Windows上のOneDriveにすべてのファイルを保存できますが、OneDrive内のファイルが破損、欠落、または削除された場合、どうしたら修正できるのでしょうか?このチュートリアルでは、Windows上のOneDriveで失われたファイルや削除されたファイルを回復し、破損したファイルを修正するための完全なガイドを提供します。さあ、始めましょう。

目次:

この記事が必要な人たちと共有してくださると幸いです。

 

OneDrive内のファイルが破損/欠落/削除される原因は?

OneDrive内のファイルが破損/欠落/削除される原因はいくつかあります。まず、Windows PCで問題が発生している場合、つまりソフトウェアの破損、ハードウェアの問題、コンピュータウイルス、または誤って削除/隠れている場合があります。また、低品質の接続によって引き起こされる場合もあります。

まず、OneDriveのファイルが壊れ、紛失、削除される原因として考えられる理由をいくつか列挙します。

  • 遅い接続または不良な接続
  • ソフトウェアの破損
  • ハードウェアの問題
  • マルウェアまたはウイルス攻撃
  • OneDriveの同期

上記のすべてがOneDriveのファイルが壊れ、紛失、削除される可能性がある最も一般的な原因です。この問題の解決策は以下に示されており、参考にできます。

OneDriveの壊れたファイルを復元する方法は?

OneDriveのファイルがどのように壊れたかを理解したら、復元を開始できます。以下にOneDriveの壊れたファイルを復元するための2つの解決策を示します。

前の時点にOneDriveを復元する

Microsoft 365のサブスクリプションを利用している場合は、前の時点にOneDrive全体を復元することで、OneDriveの壊れたファイルを修正できます。この手順により、OneDriveのファイルを前の状態に復元またはリセットすることができます。以下の手順に従って、OneDriveを前の状態に戻してください。

  1. OneDriveのウェブサイトにアクセスして、アカウントにサインインします。
  2. 個人アカウントを使用している場合は、設定 > オプション > OneDriveの復元をクリックし、学校や職場のアカウントを使用している場合は、設定 > OneDriveを復元をクリックします。(ワークや学校用のOneDriveのクラシックエクスペリエンスを使用している場合、またはMicrosoft 365にサブスクライブしていない場合、OneDriveを復元するオプションは利用できません。)
  3. ドロップダウンリストから日付を選択をタップして、ファイルが正常な状態のときの日付を選択します(必要に応じてカスタム日時を選択することもできます)。
  4. アクティビティチャートとアクティビティフィードを使用して、取り消したい最近のアクティビティを確認します。
  5. 復元をクリックし、プロセスが完了するまで待ちます。

Restore your OneDrive to a previous time

それ以降、ファイルは前の時点に復元され、再度アクセスできるようになります。もしファイルがこの期間中に壊れてしまった場合でも、そのデータに影響はありません。一方、ファイルが30日を超えて壊れてしまった場合は、他の方法を取らなければなりません。

 注: このファイルの復元機能は、過去30日間にファイルやフォルダーに行われたすべての操作を元に戻すことができます。また、OneDriveのファイルが削除され、上書きされ、またはマルウェアに感染している場合、この方法を使用してファイルを回復することもできます。

共有ライブラリを復元する

他のユーザーと共有されているOneDriveまたはMicrosoft 365スイートのSharePointがある場合、この方法は機能します。上記の方法で破損したファイルを復元できない場合は、試してみる価値があります。

  1. Teamsに移動し、3つのドットをクリックして設定を開き、「SharePointで開く」を選択します。
  2. 設定」をクリックし、「このライブラリを復元」をタップします。
  3. ドロップダウンリストから日付を選択し、ファイルが正常な状態のときの日付を選択します(必要に応じてカスタム日付と時刻も選択できます)。
  4. 復元」をクリックします。

共有フォルダを復元する

その後、破損したファイルに通常通りアクセスできるかどうかを確認してください。

以下のボタンをクリックして、ソーシャルメディアでこれらの便利な方法を共有してください。

 

OneDriveで失われた/削除されたファイルを回復する方法

OneDriveで削除されたまたは失われたファイルを回復するための方法の1つが上記で説明されていますが、ここでは他の2つの方法を提供します。

OneDriveのごみ箱から回復する

Windowsのように、OneDriveにもごみ箱があります。OneDriveでファイルまたはフォルダを削除すると、最初にごみ箱に移動して一定期間そこに滞在します。それまでは、ごみ箱に移動して復元することができます。次のようにしてください。

  1. OneDriveのウェブサイトに移動し、アカウントにサインインします。
  2. 左側のサイドバーから「ごみ箱」をクリックします。
  3. 復元したいファイルを選択し、復元をクリックします。

OneDriveのごみ箱から回復する

ごみ箱内のすべてのファイルを回復する場合は、すべてのファイルを回復を選択できます。ただし、このオプションはパーソナルアカウントにのみ適用されます。職場や学校のアカウントでは使用できません。

Windowsのごみ箱から回復する

OneDriveのごみ箱だけでなく、コンピューターのごみ箱でもファイルを回復できます。ただし、オンライン専用のファイルはこの方法では回復できません。

  1. デスクトップ上の「ごみ箱」をクリックします。
  2. 取り戻したいファイルを見つけてすべて選択します。
  3. 右クリックして復元をクリックします。

Windowsのごみ箱から回復する

その後、元のフォルダーに復元されます。

プロのデータ復旧ソフトウェアでファイルを回復する

OneDriveでファイルが紛失/削除される問題を解決する最も簡単な方法は、プロのデータ復旧ソフトウェアを使用して支援を受けることです。そして、弊社では、iBoysoft Data Recovery for Windowsを強くお勧めします。

iBoysoft Data Recovery for Windows は、PCの内部および外付けハードドライブUSBドライブ、SSD、SDカードなど、様々なデバイスから削除または紛失したファイルを復元することができる高性能かつ信頼性の高いデータ復旧ツールです。

さらに、iBoysoft Data Recovery for Windowsは、写真、ビデオ、音声ファイル、Officeドキュメントなどの種類のファイルを容易に取り戻すことができる無料のデータ復旧ソフトウェアであるため、BitLocker暗号化ドライブおよびRawパーティションを徹底的にスキャンすることができ、BitLockerデータ復旧 やRawドライブ復元 を簡単に行うことができます。

最高のMac削除ファイル復旧ソフトウェア - iBoysoft Data Recovery for Windows

  • Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP
  • Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003
  • APFS、HFS+、exFATおよびFAT32フォーマットされたドライブをサポートします。

 読み取り専用&リスクフリー

 
  1. iBoysoft Data Recovery for Windowsを無料でダウンロードしてインストールし、起動します。
  2. データ復旧 モジュールを選択します。
  3. データを失ったドライブを選択して、「次へ」をクリックしてクイックスキャンを開始します(左下のDeep Scanボタンを選択して深いスキャンを開始することもできます)。
    削除または紛失したファイルをスキャン
  4. スキャンプロセスが完了した後、削除されたファイルをプレビューし、必要なファイルを選択します。
  5. 「回復」をクリックして、別のドライブに保存します。

ボーナスのヒント

ファイルが破損/紛失/削除されるのを防ぐ最良の方法は、バックアップを保つことです。 OneDriveはiCloudのようなクラウドストレージサービスですが、さまざまなソースからの多数のセキュリティ脅威があるため、データをバックアップする必要があります。

第三者のデータ復旧ソフトウェアを使用することで、ファイルを簡単に回復できますが、回復できないファイルがある場合は、永遠に失われます。そのため、ファイルをバックアップすることが重要です。バックアップにより、将来的にこれらのファイルを簡単に復元できるようになります。

上記の方法がすべてOneDriveで破損/削除/紛失したファイルを回復するのに役立つ場合は、それを必要とする他の人と共有するのを忘れないでください。

 

OneDriveで破損/紛失/削除されたファイルを回復するFAQ

A

iBoysoft Data Recovery for Windowsを使用してファイルを回復できます。

A

OneDriveのごみ箱またはコンピューター上のごみ箱を使用してファイルを回復できます。OneDriveを前回の状態に復元することで、ファイルを回復することもできます。

A

ソフトウェアの破損、ハードウェアの問題、ウイルスやマルウェアの攻撃が原因である可能性があります。