Home

Macでのスマートフォルダとは何か、作成方法と使い方

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

スマートフォルダMac:定義、機能、作成方法、および使用方法

概要:この記事はiBoysoftによるもので、スマートフォルダについてのすべてを説明しています。Mac上のスマートフォルダとは何か、Mac上でスマートフォルダを作成する方法、Mac上でスマートフォルダを削除する方法、そしてスマートフォルダとフォルダの違いなどについて詳しく解説しています。

Mac上のスマートフォルダとは何か

簡単に言えば、スマートフォルダはあなたのMac上のさまざまな場所にある特定のカテゴリのファイルを、あなたが定義した基準に基づいて特定のフォルダにグループ化するのに役立ちます。そして、あなたはすばやくMac上のそれらのファイルを見つけることができます。この記事から、あなたのMac/MacBook上のスマートフォルダについてもっと詳しく学ぶことができます。

Mac上のスマートフォルダの概要:

Mac上のスマートフォルダとは何か、なぜ役立つのか?

Mac上のスマートフォルダとは何ですか?スマートフォルダはmacOSで検索フォルダとして知られています。これにより、Macは設定した基準に合致するファイルの検索結果を自動的に特定のフォルダに保存します。スマートフォルダが作成されると、そのスマートフォルダ内のファイルの検索結果は、Mac上でファイルを追加、変更、削除するたびに自動的に更新されます。

スマートフォルダは、Mac上のファイルをより効果的に整理し、管理し、目的のファイルにスムーズにアクセスするのに役立ちます。ファイルの種類、ファイル名、作成日、最終変更日、最終オープン日、ファイルに含まれるキーワードなどの基準を指定して、特定のカテゴリのファイル用のスマートフォルダを作成することができます。

その後、さまざまなファイルやフォルダを閲覧して探すことなく、Mac上で欲しいアイテムを見つけるのに時間を浪費する必要はありません。そのため、スマートフォルダがMac上でどれだけ便利かがわかります。

Mac上のスマートフォルダについて、もっと多くの人に伝えてください。

 

フォルダとMac上のスマートフォルダの違いは何ですか?

Mac上のスマートフォルダ vs. フォルダ それらは非常に異なります。

スマートフォルダは、実際にはフォルダではなく、Macのスマート検索機能です。設定された条件に合致するファイル検索を保持し、Mac上のターゲットファイルを素早く見つけるために使用されます。また、スマートフォルダは、Mac上でファイルを変更、追加、または削除するたびに自動的に更新されます。

しかし、Mac上のフォルダは、ファイル、サブフォルダ、およびその他のアイテムを保存するために右クリックで作成されるものです。フォルダ内のファイルへの修正や変更は、Mac上に保存されます。たとえば、スマートフォルダでファイルを削除した場合、ファイルはまだMac上に表示されますが、フォルダでファイルを削除すると、実際にMacのゴミ箱に移動します。

Mac/MacBookでスマートフォルダを作成して使用する方法は?

では、Macでスマートフォルダを使用する方法は?誰もが異なる要件を持ってスマートフォルダを作成するため、ここではファイル名に基づいて新しいスマートフォルダを作成する方法を例としてご紹介します。他の条件でもこの一般的なアプローチに従ってスマートフォルダを作成することができます。

ファイル名によるMacBook上でスマートフォルダを作成するためのガイド:

  1. Finderを開き、トップのFinderメニューバーに移動します。
  2. Finderメニューバーで「File」をクリックして、「New Smart Folder」を選択します。
    create a Smart Folder on Mac
  3. ウィンドウの右上隅にある+(追加アイコン)をクリックします。
  4. 一番左側のドロップダウンボックスから「ファイル名」(または他のオプション)を選択します。さらに後ろのドロップダウンボックスから「含む」を選択し、その後テキストフィールドにファイル名を入力します。一致する結果が自動的に表示されます。
    set criteria for a Smart Folder
  5. 右上隅の「Save」をクリックして定義した条件を保存します。
    click Save to save the new Smart Folder
  6. ポップアップウィンドウに名前を入力し、「Save」をクリックします。
    Smart Folderをサイドバーに追加するオプションを有効にすることをおすすめします。そうすると、スマートフォルダがFinderのサイドバーにリストされ、素早くアクセスできるようになります。または、スマートフォルダの宛先をデスクトップやドキュメントフォルダ、他の場所に変更することもできます。
    save the Smart Folder

Mac上でスマートフォルダを作成した後、それを開き、スマートフォルダ内のファイル検索を素早く参照して目的のアイテムを見つけることができます。

open the Smart Folder from Finder sidebar

Macでスマートフォルダを作成する詳細な方法を他の人と共有してください。

 

Macでスマートフォルダを削除する方法は?

スマートフォルダは、ファイルを保持するのではなく、ファイルの検索を行う機能です。したがって、マック上のスマートフォルダを削除してもファイルは削除されません。自由にマック上のスマートフォルダを削除していただいて構いません。

スマートフォルダをFinderのサイドバーに追加しても、Finderのサイドバーからスマートフォルダを削除することはできません。

また、スマートフォルダを作成する際には通常、スマートフォルダを保存検索フォルダに保存することが推奨されます。保存先を変更していない場合、ユーザーフォルダの隠しライブラリフォルダ内でスマートフォルダを見つけて削除することができます。

以下は、マック上のスマートフォルダを削除する方法です:

  1. Command + Spaceを押してMac Spotlightを起動します。
  2. Spotlightの検索ボックスに「保存検索」と入力し、表示される保存検索フォルダをクリックして開きます。
  3. 保存検索フォルダ内のスマートフォルダを右クリックし、「ゴミ箱に移動」を選択します。または、直接ゴミ箱に移動することもできます。
    マック上のスマートフォルダを削除する

スマートフォルダをデスクトップやドキュメントフォルダなどの他の場所に保存した場合は、該当の場所に移動して削除するだけです。

スマートフォルダ(Mac)に関するよくある質問

A

1. Outlookを開き、右上隅の検索ボックスをクリックします。その後、検索タブが表示されます。
2. 検索タブでスコープボタンをクリックし、現在のフォルダまたはサブフォルダなどの検索スコープを設定します。
3. 検索タブのボタンを利用して検索条件を定義します。より詳細な定義を行いたい場合は、詳細をクリックして特定の検索要件を追加します。
4. 「保存された検索」をクリックし、Outlookスマートフォルダのための名前を入力します。

A

スマートフォルダはMac上で特定のカテゴリのファイルを素早く見つけるために使用される検索フォルダです。これにより、スポットライト検索を使用したりするように、特定のファイルを見つけるために無駄な手順を踏む必要はありません。