Home

エラー:'タイムマシンがローカルスナップショットを作成できませんでした' [修正]

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

'Time Machine could not create a local snapshot to back up from'の修正方法

概要: この投稿では、"Time Machine could not create a local snapshot to back up from"の問題を解決するための2つの確かな方法を紹介します。すぐに解決したい場合は、Macのストレージをクリーンアップするために iBoysoft DiskGeekerをダウンロードして、Time Machineのバックアップを再試行してください。

'Time Machine could not create a local snapshot'の修正方法

Time Machineは、Macのバックアップのための組み込みユーティリティであり、多くのMacユーザーに選ばれています。AppleがHigh Sierraで最初のAPFSバージョンをリリースした際に、その新しいスナップショット機能がTime Machineに統合されました。それ以降、APFSボリュームのバックアップごとにローカルスナップショット(またはステーブルスナップショットとも呼ばれる)が作成されることになります。

作成された後、Time Machineはこのステーブルスナップショットと前回のバックアップで作成された参照スナップショットをマウントし、バックアッププロセスを開始する準備ができます。

しかし、Time Machineがローカルスナップショットの作成に失敗すると、バックアップを開始せずにエラーメッセージ "Time Machine could not create a local snapshot to back up from."が表示されます。 

Macでの'Time Machine could not create a local snapshot'エラー

macOSバージョンによっては、以下のバリエーションのエラーメッセージが表示される場合があります。

  • Time Machine could not create a local snapshot to back up from.
  • ディスク "%@"のバックアップができませんでした。ディスクのスナップショットを作成できませんでした。
  • ソースボリュームに十分な空きスペースがないため、Time Machineはローカルスナップショットの作成に失敗しました。

この投稿では、"Time Machine could not create a local snapshot to back up from"の問題を解決するための異なる方法について説明します。

"Time Machine could not create a local snapshot to back up from"の解決策速い手順
修正方法1:Mac上のスペースを解放する1. iBoysoft DiskGeekerをダウンロードしてインストールします。
2. 内部ハードドライブを選択し、「スペース分析」をクリックします。
3. 不要なファイルを削除します。
修正方法2:Mac上のローカルスナップショットを削除する1. ターミナルを開きます。
2. 全てのローカルスナップショットを削除するためのコマンドを実行します。(sudo tmutil deletelocalsnapshots /)

目次:

'Time Machine could not create a local snapshot'の修正方法

Macで「Time Machineがバックアップ元となるローカルスナップショットを作成できませんでした」という問題に遭遇した場合、以下の解決方法のいずれかを使用して解決できます。

修正方法1:Mac上の空き容量を増やす

バックアップされるMacの空き容量が不足しているため、「Time Machineがバックアップ元となるローカルスナップショットを作成できませんでした」というエラーが発生することがよくあります。ローカルスナップショットはすべてMacに保存されているため、Macに十分な空き容量がない場合はローカルスナップショットを作成できません。これを修正するためには、Mac上で空き容量を増やす必要があります。

通常、Macと他のアプリが正常に動作するためには、ハードドライブの容量の約20%を空けることが推奨されています。ゴミ箱を空にしたり、Macから不要な大きなファイルを削除することで、さらにスペースを回収できます。

Macのシステムストレージを効率的にクリアしたい場合、ランダムに不要なファイルを探す必要がなくなる iBoysoft DiskGeekerを使用することができます。これにより、Macのディスクスペースが分析され、サイズに基づいてすべてのファイルとフォルダが表示されます。最大のファイルが一番上に表示されるため、Mac上の大きなファイルを簡単に見つけてすぐに削除することができます。

さらに、iBoysoft DiskGeekerは、システムキャッシュ、ユーザーログ、アプリケーションキャッシュ、ダウンロード、ユーザーの設定、メール、Macのゴミ箱にある削除されたファイルなど、内部ハードドライブを乱雑にするジャンクファイルも見つけるのに役立ちます。これらのファイルは通常、Mac上に散在しており、短時間で見つけるのは困難ですが、iBoysoft DiskGeekerの「クリーンジャンク」機能を使用すると、簡単に見つけて削除することができます。

 注意: iboysoft DiskGeekerで削除したファイルはゴミ箱に移動せずに永久に削除されます。削除する前にファイルを確認してください。

以下の手順に従って、Macのストレージを最適化して空き容量を増やす方法をご紹介します。

Step 1: iBoysoft DiskGeekerを無料でダウンロードします。

Step 2: ディスククリーニングツールをインストールして起動します。

Step 3: 左側からMacintosh HD - Dataなどの内部ボリュームを選択し、「スペースを分析」をクリックします。

Mac上のファイルを表示するためのディスクスペースの分析

ステップ4:スキャンが完了したら、削除したいサブフォルダとファイルを表示するために、大きなサイズのフォルダを選択してください。

ステップ5:削除する準備ができたら、単にウィンドウの下部にあるリングにフォルダまたはファイルをドラッグアンドドロップして、削除をクリックしてください。

Macで不要なファイルを削除する

Macの不要なファイルを削除したら、以下の手順に進んでMacのジャンクファイルを削除してください。

ステップ6:メインインターフェイスに戻り、データボリューム(Macintosh HD - Data)を選択し、「Junkをクリーンアップ」をクリックします。

Macをスキャンしてジャンクファイルを検索する

ステップ7:削除したいファイルを選択し、Cleanをタップしてください。

Macでジャンクファイルを削除する

Macをクリーンアップしたら、Time Machineでのバックアップを再試行することができます。今度は正常に動作するはずです。

この記事が役に立った場合は、共有してください!

 

修正2:Macでローカルスナップショットを削除する

通常、スナップショットによって使用される容量はMac上のpurgeable space on Macとして数えられ、スナップショットが古くなるかスペースが他の用途に必要になると自動的に解放されるはずです。しかし、スナップショットが積み重なり、Time Machineが新しいローカルスナップショットを作成できない問題が発生することもあります。

ローカルスナップショットは、バックアップされたボリュームに追加されたデータを含むため、除外リストに追加されたデータも保持します。最終バックアップ後にMacに大きなファイルを追加した場合、ローカルスナップショットのサイズも増えます。

また、Macはローカルスナップショットによって使用されるストレージを利用可能なスペースと見なしています。そのため、利用可能なスペースが十分あるにもかかわらず、問題が発生する場合もあります。

さらに、大きなファイルやフォルダを削除したにもかかわらず、ほとんどまたはまったく空きスペースが増えない場合、それらのアイテムが1つ以上のスナップショットに含まれており、関連するスナップショットが削除された後にのみ空きスペースが増えることになります。

Mac上のすべてのローカルタイムマシンスナップショットを削除するために、次の手順を試してみてください。

「Time Machineがバックアップできるローカルスナップショットを作成できませんでした」という問題を修正する方法:

  1. Finderを開き、アプリケーション > ユーティリティフォルダからTerminalを起動します。
  2. 次のコマンドを入力して、Mac上のローカルスナップショットを確認し、「Enter」キーを押してください。tmutil listlocalsnapshots /
  3. 次のコマンドを入力して、Mac上のすべてのローカルスナップショットを削除し、「Enter」キーを押してください。sudo tmutil deletelocalsnapshots /
  4. 管理者パスワードを入力し、Enterキーを押してください。(パスワードは画面に表示されません。)
  5. Macを再起動してください。

もしTime Machineがまだバックアップを完了できない場合は、ターミナルでcom.apple.TimeMachine.localsnapshotsフォルダを削除することができます。これは古いバックアップを含んでいる非表示ディレクトリです。以下のコマンドを実行してください。

sudo rm -r /Volumes/com.apple.TimeMachine.localsnapshots

問題が解決したら、この投稿を共有するのを忘れないでください!

 

 

「Time Machineがローカルスナップショットを作成できなかった」についてのFAQ

A

タイムマシンは、内部ストレージの最低20%の空き容量がある場合にのみローカルスナップショットを作成します。Macが80%いっぱいになると、タイムマシンは古いスナップショットを削除しますが、新しいスナップショットの作成を停止することもあります。

A

Macの内蔵ハードディスクの隠しフォルダ「/Volumes/com.apple.TimeMachine.localsnapshots/Backups.backupdb」にタイムマシンのローカルスナップショットが保存されます。

A

タイムマシンのローカルスナップショットは完全なバックアップではありませんが、Mac上で変更されたすべてのファイルとフォルダを含んでいます。

A

タイムマシンのローカルスナップショットは、タイムマシンがMacの自動バックアップに設定されていると自動的に作成されます。ただし、ターミナルで次のコマンドを実行することで手動でローカルスナップショットを作成することもできます:tmutil snapshot

A

タイムマシンのローカルスナップショットをオフにするには、「自動的にバックアップする」オプションを無効にする必要があります。

A

タイムマシンのバックアップが機能しない場合、バックアップディスクやMacの空き容量不足、USB接続の問題、サードパーティのソフトウェアの介入、または破損したドライブが原因である可能性があります。