Home

エラー:Mac(USB)にコピーするディスク容量が足りませんか?修正済み

Updated on 2024年4月20日土曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

コピーできません:空き容量が不足しています [修正済み]

概要: この記事は、Mac上でファイルをコピーする際にディスクの空き容量が不足しているというエラーに対処する方法について説明します。Macがコピーするための十分なディスク容量があるのに、ディスク空き容量が不足していると報告される場合の対処法も紹介します。Macのディスク空き容量を素早く開放するためには、以下のボタンから iBoysoft DiskGeekerをダウンロードしてください。

Macでのファイルコピー時の空き容量不足の修正方法

Macでファイルをコピーしようとすると、ストレージが不足しているためにできないときは、特にドライブに十分なスペースがある場合はフラストレーションを感じるかもしれません。通常、コピー操作が失敗すると、以下のいずれかのエラーが表示されます。

「"アイテム"をコピーするのに十分なディスク空き容量がありません。このファイルをコピーするには追加でxx GBのディスク空き容量が必要です。このファイルをコピーするには、"このMacについて"のストレージセクションからアイテムを削除することでディスク空き容量を管理できます。」

Macでのファイルコピー時の空き容量不足のエラー

「空き容量が不足してコピーできません」というエラーは、Macの内部ハードドライブ、USBドライブ、SDカード、サーバー、iCloudドライブなど、Mac上のストレージからファイルをコピーする際に発生します。

メッセージで要求される追加のストレージ容量は、通常、Macの内部ハードドライブにファイルをコピーするために必要なスペースを指しますが、外部ドライブやサーバーではなく、Macにコピーしようとしている場合は混乱するかもしれません。

これはMacのRAMが一時的にファイルを保持するファイルコピープロセスに関連している可能性があります。(オペレーティングシステムは通常、ソースから宛先にファイルを直接コピーしません。その代わりに、最初にファイルのチャンクをメモリ(RAM)に読み込みます。)

エラーメッセージにはキャンセルとディスク空き容量の管理の2つのボタンも表示されます。「ディスク空き容量の管理」をクリックすると、「このMacについて」のストレージセクションに移動し、ドライブの利用可能なスペースを確認できます。

「"アイテム"はコピーできません。十分な空きスペースがないためです。」

空き容量が不足しているためアイテムをコピーできないエラー

これは、Macまたは宛先ドライブへのコピーに十分なディスク容量がない場合に受け取る可能性のある別のエラーです。

エラーは、コピー先のドライブに十分な空き容量がない場合には理にかなっていますが、MacでUSBドライブに書き込めない場合、多くの場合、Macが明らかに十分な空き容量があるのにそう表示される場合があります。この記事では、エラーを解決し、ファイルを正常にコピーするのに役立ちます。

Macのエラー修正:十分なディスク容量がないと表示される最適なケース
iBoysoft DiskGeekerで不要なファイルを削除Macの空きディスク容量が足りない場合の必須アイテム
Macのローカルスナップショットを削除Macは十分な空き容量を示しますが、ほとんどはパージ可能です
サードパーティーツールやサーバーのスナップショット機能を無効にするサーバーやバックアップドライブにコピーするディスク容量が足りません
Macのゴミ箱を空にするUSBやMacの内蔵ハードドライブにコピーするための十分なディスク容量がありません
Macの日付と時刻を修正する何もMacにコピーできません
Mac Storage最適化をオフにするMacでファイルをコピーする十分な空き容量がありません
ドライブのアクセス許可を確認するディスク容量不足によりMacの外付けドライブにコピーできません
ドライブを再フォーマットする外付けハードドライブは十分な空き容量があるのに何も表示されません

Macでコピーするディスク容量が不足している場合の修正方法:

Macでディスク容量を確認する方法?

Macがファイルをコピーできないときにドライブ容量が不足していると表示されている場合は、エラーが誤解を招いているか、実際にドライブがファイル転送用のスペースを不足しているかを確認したいと思うでしょう。

Macで利用可能なスペースを表示する方法はいくつかあります。推奨される手法はDisk Utilityです。他のGUIツール「情報を取得」やストレージタブは、正確な数字を与えることができない場合があります。

Disk Utilityを使用してMacでディスク容量を確認する方法は次のとおりです

  1. Command + Spaceキーを押して、「ディスクユーティリティ」と入力します。
  2. ディスクユーティリティを開きます。
  3. 左側から内部または外部ボリュームを選択します。
  4. "空き"の下にあるサイズを見てください。
    Disk UtilityでMacの空きスペースを確認する方法

このサイズは、あなたのディスクの実際の空きスペースであるはずです。(ストレージに報告された利用可能なスペースは、Mac上の実際の利用可能なスペースではないため、パージ可能なスペースも含まれています。)

 

ディスクスペースが明らかに十分にあるのにコピーするのに十分なディスクスペースがない理由は何ですか?

ドライブにスペースが足りないというエラーが出るのは奇妙ですが、実際はスペースがある場合です。その背後にある理由を知りましょう。

MacのPurgeableスペースは、表示された使用可能スペースが十分でもファイルをコピーできないというMacエラーを表示する主な理由です。Purgeableスペースは、Macの空きスペースが不足すると削除されるはずですが、実際には期待どおりに機能しないことがあります。

Macが十分なディスクスペースがないと言うのは、Macが不足している purgeable スペースのため

Purgeableスペースに含まれるファイルは、Time Machineのローカルスナップショット、macOSをアップデートするときに作成されるAPFSスナップショット、キャッシュや一時ファイル、ゴミ箱に移動されていても空にされていないファイル、iCloudに同期された最適化されたファイル、メールの添付ファイル、ファイルの古いバージョンなどです。

また、Macの日付や時間が正しく設定されていない場合、ドライブにファイルシステムの問題やアクセス許可の問題がある場合も問題が発生する可能性があります。

 

Macでコピーするのに十分な空きスペースがない場合の対処方法は?

Macが「コピーするのに十分なディスクスペースがありません」というエラーが表示される場合、「アイテムをコピーできません、十分な空きスペースがないため」「内部フラッシュディスクにブートイメージをコピーするための十分な空きスペースがありません」というエラーが表示される場合は、以下の解決策に従って修正できます。これらの手順は、Macをアップデートするための十分なスペースがない場合にも役立ちます。

Mac上の不要なファイルを削除する

Macのハードドライブに最大のパフォーマンスを発揮するためには、最低でも20%の空きスペースを保つことが最善のプラクティスです。macOSがディスクスペースが不足していると警告したとき、掃除をするときです。ハードドライブに不要または不要なファイルを探して、完全に削除します。

一度にすべての不要なファイルを見つけることは難しいですが、iBoysoft DiskGeekerのようなディスククリーニングツールを使用すると可能です。ディスクスペースを分析し、ドライブ上のすべてのファイルを最大のファイルをトップに表示することができます。ドライブの無料スペースを占有している大きなファイルを簡単に見つけて永久に削除できます。

さらに、キャッシュファイル、ログ、メール、未空にされていないゴミ箱、およびダウンロードフォルダー内のファイルなど、Macの起動ディスク上のジャンクファイルも素早くスキャンして、それらを見つけることもできます。

MacBook Air/Pro/Desktop Macでディスクスペースを解放する方法

ステップ1:iBoysoft DiskGeekerを無料でダウンロードしてインストールします。

ステップ2:それを開き、左側からパーティションを選択し、「スペースを分析」をクリックします。

Macでディスクスペースを分析

ステップ3:不要なファイルをサークルにドラッグアンドドロップして、永久的に削除します。

Macで不要なファイルを削除

ステップ4:メインインタフェースに戻り、内部データボリューム(Macintosh HD - Data)を選択し、「ジャンクをクリーンアップ」をクリックします。

Macでジャンクファイルをクリーンアップ

ステップ5:削除したいジャンクファイルを選択して、クリーンをクリック>OK。

クリーニングが完了すると、Macでファイルのコピーができるはずです。

Macがドライブに十分なスペースがあると表示していますが、他の解決策を試してみてください。

Macでローカルスナップショットを削除する

Macの削除可能スペースを使用している主要なファイルは、特にTime Machineのローカルスナップショットです。これらを削除して、Macの内蔵ハードドライブのもっと多くのディスクスペースを確保できます。

Macで「ドライブに十分なスペースがあるが、そうではない」という問題を修正する方法:

  1. Finderを開き、次にアプリケーション>ユーティリティフォルダからDisk Utilityを起動します。
  2. 表示>APFSスナップショットを表示をクリックします。
    Disk UtilityでMacのローカルスナップショットを表示する方法
  3. 左側からMacintosh HD - Dataまたはデータボリュームの名前を選択します。(それが表示されない場合は、拡張するための矢印をクリックします。)
  4. もしくは、左側の「APFSスナップショット」の下に、作成日とサイズが表示されるすべてのTime Machineローカルスナップショットが表示されます。
    MacでTime Machineローカルスナップショットを確認する方法
  5. 最初のスナップショットをクリックし、Shiftキーを押しながら最後のスナップショットをクリックしてすべてのスナップショットを選択します。
  6. 削除(-)ボタンをクリックして、削除をタップします。
    Macでスペースを取得するためにTime Machineローカルスナップショットを削除する方法

Time Machineがローカルスナップショットを生成しないようにしたい場合は、以下で説明されているようにTime Machineの自動バックアップをオフにできます。

macOS Ventura以降では、システム設定>全般>Time Machineに移動し、オプションをクリックして、「バックアップ頻度」の横のボックスで「手動」を選択します。

macOS Monterey以前では、システム環境設定>Time Machineに移動し、"自動バックアップを取得"のチェックボックスを外します。

サードパーティツールやサーバーのスナップショット機能を無効にする

ネットワーク接続ストレージ、クラウドサーバー、およびバックアップユーティリティは、ドライブのファイルのスナップショットを保持し、削除された後もファイルの以前のバージョンに戻ることができます。たとえば、CCCは自動的にソースまたは宛先ドライブでスナップショットサポートを有効にします。

サードパーティーソフトウェアのスナップショット機能が外部ドライブのスペースを使用している

同様の機能が有効になっているツールを持っている場合は、それを開いてスナップショットを手動で削除してドライブ上のスペースを増やす必要があります。アプリにゴミ箱がある場合は、それも空にする必要があります。

Macでゴミ箱を空にする

ゴミ箱に移動したファイルは完全に削除されず、削除されるまでスペースを占有し続けます。ゴミ箱が満杯の場合は、Dockのアイコンを右クリックして「ゴミ箱を空にする」を選択して、さらに多くのスペースを確保できます。

Macのディスク容量が不足している場合のゴミ箱を空にする

MacでUSBにコピーするのに十分なディスク容量がない場合は、ゴミ箱を空にする前にUSBを接続してください。

別のコンピューターで外部ドライブのファイルを削除してゴミ箱を空にしなかった場合、そのコンピューターにそれを接続し、ゴミ箱を空にしてストレージスペースを開放する必要があります。

Macで日付と時刻を修正する

アイテムがコピーできない理由が十分な空き容量がないためである場合、Macの日付と時刻が正しく設定されているか確認してください、特に古いMacを使っている場合は特にです。

macOS Ventura以降で日付と時刻を自動設定するには:

  1. Appleメニューを選択してください  > システム設定 > 一般、その後右側にある日付&時刻をクリックしてください。
  2. "時刻と日付を自動設定"をオンにします。
    macOS Ventura以降の日付と時間の修正
  3. "現在の場所を使用して自動的にタイムゾーンを設定"をオンにします。

macOS Monterey以前で日付と時刻を自動設定するには:

  1. Appleメニューを選択してください  > システム環境設定 > 日付&時刻。
  2. 黄色のロックをタップしてパスワードを入力してパネルをロック解除します。
  3. "時刻と日付を自動設定"のチェックボックスを選択します。
  4. "タイムゾーン"をクリックして、"現在の場所を使用して自動的にタイムゾーンを設定"を選択してください。

その後、Macでファイルをコピーし直すことができます。

Macストレージの最適化をオフにする

一部のユーザーは、「Not enough disk space to copy」エラーを解消するために「Macストレージの最適化」を無効にすることで対処できることがあります。それをオンにしている場合は、オフにしてファイルをコピーできるかどうかを確認してください。

  1. Appleメニューを開く>システム設定/環境設定。
  2. Apple IDをクリック>iCloud。
  3. "Macストレージを最適化"の横にあるチェックボックスを外します。
    Macでディスク容量が不足してコピーできない問題を解決するために、オプティマイズMacストレージのオプションを無効にします。

macOS Sonomaでは、Optimize Mac Storageをオフにすると、Macでダウンロードされたファイルを削除するiCloud Drive Remove Downloadオプションが表示されなくなります。したがって、問題を修正した後にオンにできます。

ディスクの権限を確認

Macの外付けドライブにファイルをコピーできない場合は、ストレージスペースが十分でも、そのドライブの権限設定を確認し、読み込みおよび書き込みアクセス権があることを確認する必要があります。外部ディスクが複数のコンピューターで使用されている場合は、「このボリュームの所有権を無視」を有効にできます。

  1. Macのデスクトップ上のドライブアイコンを右クリックし、「情報を取得」を選択します。
  2. 黄色いロックをタップし、パスワードを入力します。
  3. 「このボリュームの所有権を無視」がチェックされていることを確認します。
    MacでUSBにコピーするのに十分なディスク容量がないときにディスクの権限を確認する
  4. アカウントが読み込みおよび書き込みアクセス権を持っていることを確認します。

ドライブを再フォーマット

Macがまだ外部ドライブにコピーする十分な無料スペースがないと言っている場合は、ドライブを再フォーマットしてみてください。再フォーマットするとディスクのすべてのデータが消去されることに注意してください。したがって、進行する前にドライブのデータをバックアップする必要があります。

  1. Disk Utilityを開きます。
  2. 表示>すべてのデバイスを表示をクリックします。
  3. 外付けドライブの物理ディスクを選択し、[消去]をクリックします。
    Macには十分なディスク容量がないと言われている場合は、ドライブを再フォーマットしてください
  4. ドライブの名前を入力します。
  5. 適切なファイルシステムを選択します。 (WindowsとmacOSの両方で作業する場合はExFATを選択し、macOS High Sierra以降で実行している場合はAPFSを選択し、macOS Sierra以前で実行している場合はMac OS Extended (Journaled)を選択します。)
  6. GUIDパーティションマップをスキームとして保持します。
  7. [消去]をクリックします。
  8. ファイルを再度コピーしてみてください。

これらの解決策を共有して、他の人が「MacでUSBにコピーするのに十分なディスク容量がない」という問題を修正できるようにしてください。

 

Macでの「コピーするのに十分なディスク容量がない」というエラーに関するFAQ

A

USBのエラーが何もないのに十分なディスク容量がないと言っている場合、ゴミ箱から空にされていないファイル、アクセス権の問題、ファイルシステムの問題、サードパーティのバックアップツールによって作成されたスナップショットが原因である可能性があります。

A

Macのディスク容量が不足している場合は、以下の解決策を試してみるべきです:
解決策1:不要なファイルを削除する
解決策2:Time Machineのローカルスナップショットを削除する
解決策3:ゴミ箱を空にする
解決策4:"Mac Storeを最適化しない"を無効にする

A

コピー元のファイルに書き込み権限がない場合や、コピー先のドライブに十分な空きスペースがない場合、Macはハードドライブにコピーを許可しません。