Home

Mac/MacBookが利用規約に詰まった場合の修正方法

Updated on 2024年1月3日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Macで利用規約に同意できませんか? 問題が解決しました!

Macはほとんどの場合頼りになるマシンですが、バグからは逃れられません。一般的な問題の一つとして、ユーザーはMacの利用規約に固執してしまうことがあります。これは、タスクを完了するための重要なステップとして、Appleの利用規約に同意する必要があるさまざまな状況で起こる可能性があります。

たとえば、セットアップ時の利用規約に進めない、iCloudの設定中に進めない、Macの更新中に進めない、などの場面で問題が発生する可能性があります。この記事では、これらの3つのバリエーションの問題を解決するのに役立ちます。

Macで利用規約に固執している問題を修正する方法:

マックの利用規約に固執しています:同意ボタンがグレーアウトしています

同意ボタンがグレーアウトしているため、Macの利用規約に固執しています

Macを設定する際には、Appleの利用規約に同意する必要があります。同意ボタンをクリックするだけの簡単な手順ですが、うまくいかないこともあります。通常、同意ボタンはグレーアウトし、マックの利用規約に固執してしまいます。

設定アシスタントウィンドウでiCloudにサインインした後、macOSをインストールまたは再インストールし、パスワードをリセットしようとした時にこの問題が発生する場合があります。それがあなたにも起こる場合は、利用規約に同意する前にApple IDでサインインしないようにすることで、「マックの利用規約に固執している」問題を修正できます。

この方法は、セットアップ時に利用規約に詰まっている多くのユーザーに効果があることが確認されています。

MacBook / デスクトップMacで利用規約に進む方法:

  1. 「利用規約」ウィンドウで「戻る」をクリックします。
  2. Apple IDでのサインインページに移動します。
  3. Apple IDでサインインせずに「後でセットアップ」をクリックします。
    Mac利用規約同意のグレーアウトを修正する
  4. アクションを確認するために「スキップ」をクリックすると、同意ボタンがクリック可能になるのがわかります。
  5. 同意するために「同意する」をクリックします。

その後、macOSのインストールを完了させるために続けてください。Macを設定した後は、iCloud、FaceTime、iMessageなどを使用するために、システム設定またはシステム環境設定でApple IDでログインできます。

MacBookで利用規約に同意できない他の人たちにも助けになるため、このポストを共有してください。

 

Macの利用規約に同意できません:同意ボタンがありません

macOSベンチュラまたは他のmacOSバージョンをインストールしようとすると、「同意する」ボタンが存在しないため、利用規約に同意できない場合があります。「同意する」というボタンがない場合でも、画面を下までスクロールしてみてもない場合は、ターミナルからインストールを実行してみてください。

Macで「利用規約」を超える方法:同意/受け入れをクリックしてもウィンドウが再読み込みされる

システム設定またはシステム環境設定からiCloudを設定するためにMacにサインインしようとすると、同意または受け入れボタンをクリックするたびに、利用規約が再読み込みされてしまうことがあります。

対処するためには、ウェブページでAppleにサインインし、Macを削除してから新しいアカウントを作成し、そこからiCloudを設定して利用規約に同意することができます。

Macが利用規約に同意させてくれない場合の対処方法:

  1. ウェブ上でApple IDでサインインします。
  2. 二要素認証を行います。
  3. デバイスをクリックし、Macを選択します。
  4. "アカウントから削除"をクリックします。
    iCloudの利用規約を超えるためにMacを削除する方法
  5. 新しいアカウントを作成します。
  6. MacでiCloudにサインインし直します。

他にも読む: 新しいiCloudの利用規約が繰り返し表示される(Mac/iPhone)