Home

Mac ターミナルでファイルを削除するためのすべての rm コマンドラインをまとめる

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Macでのすべてのrmコマンドラインのコレクション

概要: この記事は iBoysoft から提供されており、すべてのrmコマンドラインをまとめ、包括的な観点から理解するためのガイドを提供します。もしそれに興味があるなら、この瞬間に基本的な理解を得るために躊躇しないでクリックしてください!

Macでのrmコマンドライン

Macの上級ユーザーでも初心者でも、あなたは事前にインストールされた Terminal について聞いたことがないはずはありません。MacのTerminalは、コンピュータ上のコマンドラインインターフェースを提供する強力なユーティリティで、オペレーティングシステムを迅速かつ効率的に制御することができます。

このため、グラフィカルインターフェースを介した操作を置き換えるために使用できるコマンドラインがたくさんあります。この記事では、Macで使用されるさまざまなrmコマンドラインをまとめ、それらがどのように機能するかについて説明しています。

目次:

Macでのrmコマンドラインとは何ですか?

rmコマンドラインは、macOS Terminalで使用される"rm"文字に関連する行の種類で、ファイルまたはフォルダの削除を実行するために適用されます。それはグラフィカルインターフェースで実行された操作を置き換えることができます。

実際には、多くのソフトウェアエンジニア、開発者、ITスタッフなどがこのrmコマンドに不可欠な好みを持っています。

もし情報が役立つと思われるなら、この記事を他の人と共有することに参加しませんか?

 

macOSコンピュータでのrmコマンドラインのコレクション

このセクションでは、MacBook、MacBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac MiniなどのmacOSオペレーティングシステムを搭載したすべてのデバイスで使用できるすべてのrmコマンドラインが紹介されています。

 注意: このセクションを注意深く読み、Mac Terminalで以下で詳細に説明されているrmコマンドラインを正確に実行してください。実行中のコマンドラインの誤りは、デバイスの破損やデータの損失を引き起こす可能性があります。

rm

rmは個別のコマンドラインで、一度に1つ以上のファイルを削除するために使用できます。次の手順でデバイスでの実行方法を読んでください:

rm [ファイルパス] ファイル名

本物のファイルパスとファイル名に置き換えて、Macコンピュータから削除する意図のファイルパスのファイル名を入力してください。 ファイル名とパスを入力するのに疲れた場合は、ファイルアイコンをTerminalウィンドウにドラッグすることもできます。 この方法はディレクトリの削除とも一致しています。

rmコマンドラインはファイルを削除します

スペースを含むファイル名の場合、その名前を引用符で囲む必要があります:

rm [ファイルパス] "ファイル名.txt"

rmコマンドラインはファイル名のスペースを含むファイルを削除します

正しいファイル名を入力したことを確認してから、このコマンドラインを実行するためにReturnキーを押す必要があります。 Macコンピュータは、そのファイルを本当に削除したいかどうかを確認することはなく、直接削除を実行します。

rmコマンドラインで削除するファイルは、Macのゴミ箱に保管されません。 そのため、ゴミ箱から復元する方法はありません。

複数のファイルを一度に削除することもできます。以下にその方法を示します:

rm [ファイルパス] ファイル名1 [ファイルパス] ファイル名2 [ファイルパス] ファイル名3

スペースを含むファイル名の場合、ファイル名を引用符で囲んでください:

rm "[ファイルパス] ファイル名1" "[ファイルパス] ファイル名2" "[ファイルパス] ファイル名3"

ファイル削除を実施する前に確認を追加する

ファイル削除を実行する前に確認を追加したい場合は、rmコマンドラインにパートを追加することができます:

rm -i [ファイルパス] ファイル名

rm -i filenameコマンドラインを実行すると、Macは削除前に確認を求めます。 進行するにはYesまたは単純にY文字を入力できます。

rmコマンドラインは削除前に確認を求めます

複数のファイルを削除する場合は、以下のコマンドラインを入力します。その場合、Macは1つずつ確認を求めるため、少し面倒です。

rm -i [ファイルパス] ファイル名1 [ファイルパス] ファイル名2 [ファイルパス] ファイル名3

rmdir

rmdirは空のディレクトリをMacオペレーティングシステムを実行するコンピュータから削除します。 以下に実行方法を示します:

rmdir [ファイルパス] アーカイブ

rmコマンドラインはフォルダを削除します

スペースを含むディレクトリ名の場合は、引用符で囲む必要があります:

rmdir [ファイルパス] "ファイル名"

rmコマンドラインはフォルダを削除します

-iの文字はこのコマンドラインでは効果を持ちませんので、実行にはより注意が必要です。

rm -R directoryname

rm -rディレクトリ名とも呼ばれるこのコマンドラインは、ディレクトリ内のすべてのファイル、フォルダ、およびそのサブフォルダ内のファイルとフォルダを含め、すべてを削除するために使用されます。

rm -iR [ファイルパス] ディレクトリ名

このコマンドラインは、ディレクトリとその中のファイルとフォルダを削除する前に確認を求めますが、アイテムごとに確認を求められるため煩わしいです。

rm -rf/

 注意: このコマンドラインは危険でリスクがあります。ユーザーデータまたはオペレーティングシステムファイルの区別をせず、ファイル/フォルダを削除する権限がある限り、削除されます。好奇心からデバイスで実行しないでください!

rm -rf/

-rは、プログラムにファイルとディレクトリ、およびそのサブフォルダとその内容を削除するように指示することを意味します。

-fは、削除ごとの確認を求められないことを意味し、権限の有無にかかわらず、すべてのファイル/フォルダの削除で確認を求められません。

コマンドの最後の部分"/"は、実際にプログラムに削除してほしいもののリストです。この場合、"/"はファイル階層の「ルート」(トップ)を意味します。実際には、これはシステムのすべてのものを削除することを意味します - マウントされている外部ドライブのファイルを含む

Mac OS Yosemiteでsudo(つまりルート権限で)実行すると、システムが機能しなくなります。

新しいバージョンのmacOSでは、オペレーティングシステムのコアを保護するSIPシステムによって破壊は制限されます。ただし、sudoを使用してコマンドを実行しないでください。それはシステムを台無しにし、自分のデータを削除する可能性があります。

Macでrmコマンドラインを実行する際のいくつかの問題

一部のユーザーは、rmコマンドラインが機能しない、rmコマンドラインによって削除されたファイルの復元方法など、rmコマンドラインの問題を経験しています。

なぜMacでrmコマンドラインが機能しないのですか?

簡単に言うと、Macでrmコマンドラインが機能しない場合、ファイル名にスペースが含まれているかどうかを確認する必要があります。スペースがある場合は、ファイル名を引用符に変換する必要があります。そうすることでMac Terminalは認識し、削除タスクを実行できます。

さらに、ファイルの削除にはファイルの権限が原因で失敗する場合もあります。ファイルに書き込み権限がない場合、ファイルの削除は進めることができません。

最後に、一部のシステムファイルはコンピューターの動作に重要であり、オペレーティングシステムにのみアクセスできるため、それらをすべて削除することはできません。

rmコマンドラインによって削除されたファイルを復元できますか?

ファイルがrm(またはsudo rm)コマンドで削除されると、通常は永久に消去されると見なされ、復元するための組み込みの方法はほとんどありません。ただし、ファイルを回復するには、iBoysoft Data Recovery Softwareが役立つ場合があります。