Home

MBRとGPT:MBRとGPTパーティションの違い

Updated on 2024年4月20日土曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

MBR vs GPT:パーティショニングドライブを選択する際の選択肢

PCまたはMac用の新しいドライブをセットアップすると、MBR(マスターブートレコード)またはGPT(GUIDパーティションテーブル)のいずれかを選択するように求められます。これらのオプションは、ストレージデバイスのストレージスペースを整理および管理するために使用されます。

この記事では、MBRとGPTの違いを説明し、PCまたはMacのハードドライブでどちらを使用すべきかを決定するのに役立ちます。

MBR vs GPT

MBR vs. GPT 概要

パーティションは、物理的なストレージデバイス内に作成される論理セクションです。各パーティションは独立したストレージユニットとして機能し、独自のファイルシステムとディレクトリ構造を持ちます。ストレージデバイスには少なくとも1つのパーティションがあります。ストレージデバイスを分割して複数のパーティションを作成できます。

パーティションテーブルは、ストレージデバイス上のパーティションを定義および管理し、それらの位置、サイズ、およびファイルシステムを指定します。マスターブートレコード(MBR)とGUIDパーティションテーブル(GPT)は一般的なパーティションテーブルの種類です。

MBRとは何の略ですか?

MBRとは、マスターブートレコードの略であり、古いパーティショニングスキームです。これは、ストレージデバイスの先頭に位置する小さなが重要なデータ構造であり、ディスクのパーティションに関する情報とブートローダーをロードしてOSを初期化するコードを含んでいます。

GPTとは何の略ですか?

GPTは、GUIDパーティションテーブルの略であり、より新しく、柔軟性のあるパーティショニングスキームです。"GUID"は"グローバルに一意な識別子"を意味します。これは、GPTフォーマットされたストレージデバイス上の各パーティションが独自の一意の128ビット識別子が割り当てられることを意味し、名前の競合のリスクを減らし、パーティションを管理しやすくするためです。

GPTはMBRの制限を克服するように設計されています。MBRとGPTの主な違いについては、後続の情報をご覧ください。

MBR vs GPT 比較表

MBRとGPTについてより理解が深まりましたか?自分の知識を他の人と共有しましょう!

MBR vs. GPT:システム互換性

データストレージ用に使用する場合、外部ストレージデバイスのパーティショニングスキームとしては、MBRまたはGPTのいずれを使用できます。ただし、オペレーティングシステムを含むブートドライブとしてMBRまたはGPTを使用できるかどうかは、システムがサポートするインターフェースによります。

MBRは古いBIOSシステムと互換性があり、GPTは主により現代的なUEFIシステム向けに設計されています。

Windows Vistaおよびそれ以降、Windows 7、8、8.1、10、および11、およびWindows Serverバージョンは、MBRまたはGPTフォーマットされたドライブのいずれにもインストールできます。ただし、Windows XP、32ビットWindows 7、およびVistaは例外であり、GPTドライブからのブートはできません。

MacはMac OS X Tiger 10.4以降でGPTに移行しました。

MBR vs. GPT:パーティション容量

MBR vs. GPT: パーティションの最大サイズ

MBRには、扱えるパーティションのサイズに制約があります。1つのパーティションあたり最大2.2テラバイト(2.2 TB)までのアドレス指定が可能です。一方、GPTにはMBRと同じようなサイズ制限がありません。GPTの最大パーティションサイズは事実上無制限であり、非常に大きなドライブに適しています。

MBR vs. GPT: パーティションの数

MBRは、最大4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションを許容します。拡張パーティションの中には複数の論理パーティションを作成できます。これによって、作成できるパーティションの数が制限されるため、複雑なストレージ構成に制約が生じることがあります。

GPTは、デフォルトで最大128個のプライマリパーティションを許容していますが、必要に応じてこの制限を拡張することもできます。この増加したパーティションのサポートは、サーバーやデータセンターなどで見られる複雑なストレージセットアップのために特に有用です。

MBR vs. GPT: データ回復

MBRは冗長性がなく、すべてのパーティションとブートコード情報を一緒に保存しているため、データの破損に脆弱です。MBRの破損が発生すると、ディスク上のデータにアクセスするのが難しくなります。一方、GPTはバックアップパーティションテーブルをディスクの最後に保存することで、誤り検出メカニズムと冗長性を提供し、より破損に強いです。

GPT vs MBR構造

ただし、MBRの回復は一般的に簡単であるため、そのシンプルでコンパクトな構造が原因です。一方、GPTの回復はより複雑かもしれませんが、その堅牢な機能はデータの整合性を向上させ、破損のリスクを最初から軽減するよう設計されています。

幸いなことに、iBoysoft Data Recoveryなどの多くのデータ回復ツールは、MBRおよびGPTでパーティション分割されたストレージデバイスの両方をサポートしています。これらのツールは、高度な回復アルゴリズムを使用してストレージメディアをスキャンし、保存されたデータを徹底的に分析し、回復可能な情報を取り出します。一部の場合には、特殊なツールを使用して重要なファイルを回復し、破損したMBRまたはGPTパーティションテーブルを回復することさえできるかもしれません。

MBR vs. GPT: どちらが良いですか?

パーティション分割スキームとしてのMBR(マスターブートレコード)とGPT(GUIDパーティションテーブル)の選択は、特定のニーズやハードウェア、ストレージデバイスの容量に依存します。

MBRとGPTはそれぞれの利点と制約がありますが、現代のシステムや大容量ドライブに対しては、一般的にGPTがより良い選択です。

フォロワーに、どのパーティションスキームを好むかを伝えてください。

 

MBRからGPTへの変換方法

MBRは、現代のコンピューティングニーズには適さなくなりつつあります。MBRディスクを持っているが、GPTを使用したい場合は、以下の手順に従ってMBRディスクをGPTディスクに変換してください。

WindowsでMBRをGPTに変換する方法

ステップ1. 変換前にMBRディスクをバックアップしてください。

ステップ2. Windowsコンピューターでディスク管理を開きます。

ステップ3. MBRディスク上のすべてのパーティションとボリュームを右クリックして、パーティションを削除またはボリュームを削除を選択します。

ステップ4. GPT形式に変換したいMBRディスクを右クリックし、GPTディスクに変換を選択します。

WindowsでMBRをGPTに変換する方法

macOSでMBRをGPTに変換する方法

ステップ1. 変換前にMBRディスクをバックアップします。

ステップ2. Macコンピューターでディスクユーティリティを開きます。

ステップ3. 左側のサイドバーからMBRディスクを選択します。

ステップ4. 上部ツールバーで消去ボタンをクリックします。

ステップ5. スキームフィールドでGUIDパーティションマップを選択します。

MacでMBRをGPTに変換する方法

ステップ6. 確認のために消去をクリックします。

このチュートリアルは役に立ちましたか?あなたの喜びを他の人と共有してください!

 

結論

これで、MBR vs GPTパーティションについてよく理解し、"MBR vs GPTどちらが良いか?"という問いに答えることができるはずです。この記事で議論した内容を超えて、MBRとGPTの間には探求する価値のあるさらなる違いがあります。より包括的な理解を得るために、自由に深く掘り下げてください。