Home

解決済み:macOS Sonomaが自動ログインされない

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

ソノマにアップグレード後、Macに自動ログインできません

最新のmacOSソノマおよび以前のバージョンでは、自動ログイン機能が利用できます。これを有効にすると、選択したユーザーアカウントはMacが起動するたびに自動的にログインします。しかし、一部のMacユーザーはmacOSソノマで自動的にMacにログインできないという問題に直面しています。この記事では、macOSソノマで自動ログインできない問題の原因を探り、解決策を見つけます。

目次:

macOSソノマで自動ログインができない原因

自動ログインは、Macユーザーにとって便利な時間の節約機能です。Macで自動ログインが機能しないとわかると、イライラします。macOSのアップデートによってMac上の自動ログイン設定が変更されることはありません。macOSソノマで問題が発生する場合、原因は以下の可能性があります:

  1. 無意識のうちに自動ログインをオフにするFileVaultが有効になっています。
  2. 現在のユーザーアカウントに問題があります。
  3. Plistファイルが自動ログイン機能の正常な動作を妨げています。

macOSソノマで自動ログインが機能しない場合の修正方法

Macが自動的にログインされない場合、Macにログインするためにユーザーアカウントのパスワードを入力する必要があります。正常に戻したい場合は、以下の解決策を試して、macOSソノマで自動ログインを再び機能させることができます。

自動ログインが有効になっているかどうかを確認する

おそらく、macOSにアップグレード後にFileVaultをオンにしたことで、Mac上の自動ログインが無効になっています。そのため、FileVaultがオンになっているかどうかを確認し、自動ログイン機能の状態を確認できます。

  1. 画面左上にあるAppleメニューを開きます。
  2. ドロップダウンメニューからシステム設定を開きます。
  3. 左側のサイドバーで「プライバシーとセキュリティ」を選択します。
  4. 右側にあるセキュリティセクションを見つけ、FileVaultを探します。FileVaultがオンになっている場合は、オフにします。
  5. 左側のサイドバーで「ユーザーとグループ」を選択します。
  6. グループの下に「自動的にログイン」というオプションがあるので見つけます。
  7. オフの場合はメニューを展開し、ユーザーアカウントを選択します。
  8. 選択したユーザーアカウントのパスワードを入力し、OKをクリックします。
  9. Macを再起動して、自動的にログインできるかどうかを確認します。

自動ログインの有効化ソノマ

自動ログインの問題を修正する方法

Macにログインしようとする現在のユーザーアカウントに問題がある場合、macOS Sonomaは自動的にログインされないなどの他の問題が発生する可能性があります。それを修正するには、以下の手順で別のユーザーアカウントに切り替えることができます。アカウントが1つしかない場合は、まずMacに新しいユーザーを作成してください。

  1. Appleメニューに移動し、システム設定を選択します。
  2. 左のリストで「ユーザーとグループ」をクリックします。
  3. 「次で自動ログイン」と書かれたボタンをクリックし、別のユーザーアカウントを選択します。
  4. 対象のユーザーアカウントのパスワードを入力し、OKをクリックします。

自動ログインのためのユーザーアカウントの切り替え

問題のあるplistファイルを削除する

Plistファイルは、自動ログインの機能が意図した通りに機能しないことがあります。いくつかのユーザーは、以下のディレクトリからcom.apple.loginwindow.plistファイルを削除することで問題が解決したと報告しています:

  • /Library/Preferences
  • User/Library/Preferences

Macで問題のあるplistファイルを削除する方法は次のとおりです:

  1. Finderで、トップメニューバーの「移動」をクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから「フォルダに移動」を選択します。
  3. 別々に/Library/Preferences~/Library/Preferencesと入力し、Enterキーを押します。
  4. com.apple.loginwindow.plistという名前のplistファイルを見つけます。
  5. ファイルをゴミ箱にドラッグしてドロップし、ゴミ箱を空にし、Macを再起動します。

問題のあるplistファイルの削除

macOSの更新/ダウングレード

自動ログインが正常に機能しない原因として、いくつかのOS関連の問題が考えられます。まず、利用可能なmacOSの更新があるかどうかを確認し、最新バージョンに更新するとバグが修正される場合があります。それ以外の場合は、Macが起動すると自動的にログインされる前の以前のバージョンにmacOSをダウングレードしてみることができます。

この投稿を共有して、他の人がmacOS Sonomaの自動ログインの問題を修正できるようにお手伝いください!