Home

4Kハードドライブとは何ですか?知っておくべきすべてのこと

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

4Kハードドライブとは?必要ですか?以下に答えがあります

概要:このiBoysoftの記事では、4Kハードドライブについての概要、背景、利点、欠点、データ復旧、将来のトレンドなどを提供します。また、PCやMac上でHDDやSSDが4Kハードドライブであるかどうかを調べる方法も学ぶことができます。

4Kアドバンスドフォーマットハードドライブ

最初の4Kハードドライブは、2000年代後半頃に市場に登場しました。これは従来の512バイトのセクターから4,096バイト(4KB)の大きなセクターへの移行を示すものでした。もし4Kセクターハードドライブについて詳しく知らない場合で、将来のストレージニーズに適しているかどうか考えているなら、この記事はその基礎知識を提供します。

目次:

4Kハードドライブの必要性

長年にわたり、ハードドライブは512バイトのセクターサイズ、つまり512n(512ネイティブ)と呼ばれるセクターサイズを使用していました。このセクターサイズは、ハードドライブの容量が小さかった時には問題ありませんでした。しかし、容量が増加するにつれて、この小さなセクターサイズの制約が明らかになってきました。

たとえば、512バイトのセクターハードドライブでは、小さなファイルやデータでも512バイトのセクター全体を占有し、スペースの浪費を引き起こしました。さらに、よりコンパクトな512バイトのセクターではエラー訂正データのスペースが少なくなり、エラーの検出と修正能力が低下し、データ破損の可能性が高まります。

これらの制約により、4Kセクターハードドライブの開発が進み、現代のコンピューティング環境においてより効率的で信頼性の高いデータストレージソリューションを提供することが可能になりました。

4Kハードドライブとは何ですか?

4Kセクターハードドライブ、またはアドバンスドフォーマット(AF)ハードドライブとも呼ばれるものは、データの保存と取得に4,096バイト(4K)の物理セクターサイズを使用するコンピュータハードドライブの一種です。これらのドライブは業界標準となり、従来の回転式ハードドライブ(HDD)およびソリッドステートドライブ(SSD)の両方に最適です。

4Kアドバンスドフォーマットセクター

4Kネイティブハードドライブ、または4Knハードドライブは、より小さいセクターサイズをエミュレートせずに、データストレージに4096バイト(4K)のネイティブセクターサイズを使用します。これは、物理的なセクターサイズと論理的なセクターサイズがともに4096バイトであることを意味します。

ただし、互換性の問題から、長年にわたって確立された512バイトの標準から直接新たな4Kの標準に移行することは実用的ではありません。このギャップを埋めるために、ハードドライブ業界は「512バイトエミュレーション」と呼ばれる技術を使用しています。4Kセクターハードドライブは、512バイトセクターをエミュレートして、より大きな4Kセクターサイズに最適化されていない古いシステムやソフトウェアとのシームレスな動作を保証します。したがって、512eハードドライブもまた、論理的なセクターサイズが512バイトである4Kハードドライブです。

4Kハードドライブタイプ物理的なセクターサイズ論理的なセクターサイズ
4Knハードドライブ4096バイト4096バイト
512eハードドライブ4096バイト512バイト

この情報は役に立ちましたか?ソーシャルメディアで共有しましょう。

 

アドバンスドフォーマット4Kハードドライブの利点と欠点

4Kハードドライブへの移行にはいくつかの利点と欠点があります。特定のニーズや状況に応じて、4Kハードドライブを使用するかどうかを選択できます。

4Kハードドライブの利点

  • 改善されたストレージ効率:セクターサイズが大きいため、小さなファイルのオーバーヘッドが減少し、容量の利用率が向上します。
  • エラー修復の向上:より大きなセクターサイズには、エラー修復データのための余裕があり、データの破損のリスクを減らし、データの整合性を向上させます。
  • パフォーマンスの向上:大きな連続データブロックにより、アドバンスドフォーマットハードドライブは、特にシーケンシャルデータアクセスタスクにおいて、読み取りおよび書き込みパフォーマンスを向上させることができます。
  • 大容量に最適化:ハードドライブ容量がさらに増大するにつれて、より大きなセクターを使用することで、ハードドライブはデータを効果的に管理および保存することができます。

4Kセクターハードドライブの使用に関する懸念事項

  • 互換性:Advanced Format ハードドライブは、古いオペレーティングシステム、古いハードウェア、および特定のレガシーソフトウェアアプリケーションと完全に互換性がない場合があります。512バイトセクタを想定する一部のレガシーソフトウェアアプリケーションに対しては、Windowsの4KセクタハードドライブのサポートポリシーをMicrosoftのウェブサイトで確認してから、PCで4Kハードドライブを使用することが必要です。互換性を維持するためには、512バイトセクタのエミュレーションを備えた4Kハードドライブを使用する必要があります。
  • データ復旧:4Kセクタドライブからのデータ復旧はより困難かもしれません。データ復旧ツールやソフトウェアは、4Kセクタサイズに対応している必要があります。

4Kハードドライブからのデータ復旧

ほとんどのデータ復旧ツールやソフトウェアは、従来の512バイトセクタハードドライブに対応しています。しかし、4Kハードドライブからデータを復旧しようとする際には、これらのツールはデータへの正確なアクセスと復旧に苦労するでしょう。

最新のハードドライブ技術と互換性のある「iBoysoft Data Recovery」は、従来の512バイトハードドライブだけでなく、新しい4K標準ハードドライブにも対応しています。これにより、4Kセクタハードドライブからのデータ復旧の成功率を最大限に高めることができます。このデータ復旧ソフトウェアはWindows版とmacOS版の両方で利用可能です。

iBoysoft Data Recoveryが4Kハードドライブをサポート

他の方にも役立つと思われる場合は、情報を共有してください。

 

ハードドライブが4KBセクタを使用しているかの確認方法

セクタサイズを確認する最も簡単な方法は、ハードドライブ自体のラベルをチェックすることです。メーカーはしばしばラベルにセクタサイズを指定しています。パッケージや文書に情報が見つからない場合は、ハードドライブをコンピューターに接続してセクタサイズを確認してください。

ハードドライブが4Kかどうかの確認方法

Windowsでハードドライブのセクタサイズを確認する方法

ハードドライブのセクタサイズを確認する方法はいくつかあります。以下に最も一般的に使用される2つの方法を示します。

方法1. システム情報を使用してセクタサイズを検索する

Step1. Windowsのタスクバーまたはスタートメニューで、misinfo32またはsystem informationと検索します。

Step2. 左側のナビゲーションメニューで、Components > Storage > Disksを開きます。

Step3. 右側にあるBytes/Sectorの項目を見つけます。数字がハードドライブの1セクタあたりのバイト数です。

Windowsシステム情報でセクタサイズを検索する方法

方法2。コマンドラインを使用してセクターサイズを知る

ステップ1. Windowsのタスクバーまたはスタートメニューで、cmdと入力します。

ステップ2. cmd.exeを右クリックして、管理者として実行を選択します。

ステップ3. 以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

fsutil fsinfo ntfsinfo <ドライブの文字>

例: fsutil fsinfo ntfsinfo c:

ステップ4. コマンド出力内のBytes Per Sector項目を見つけて、セクターサイズを確認します。

コマンドラインを使用してWindowsでセクターサイズを見つける方法

macOSでハードドライブのセクターサイズを見つける方法

ステップ1. ディスクユーティリティを開き、左のサイドバーからハードドライブを選択します。

ステップ2. デバイスの識別情報をメモしておきます。

Mac上のディスクの識別

ステップ3. Mac Terminalアプリを開きます。

ステップ4. 以下のコマンドを入力し、Returnキーを押します。

diskutil info /dev/<デバイス>

例: diskutil info /dev/disk0

ステップ5. Device Block Sizeを探して、セクターサイズを確認します。

Mac上でセクターサイズを見つける方法

これで、ハードドライブのセクターサイズを確認する方法を知りました。他の人と共有しましょう!

 

結論

要約すると、4Kセクターテクノロジーは、特にエンタープライズおよびデータセンター環境の大容量ドライブにおいて、現在のハードドライブストレージソリューションの標準となっています。

ハードドライブのセクターサイズを確認することは非常に重要であり、特に4Kフォーマットドライブを使用する場合には欠かせません。これはディスクの管理、パーティションの整列、データの復旧作業に影響を及ぼす可能性があるためです。4Kセクターハードドライブの採用または移行を検討する際には、システムの要件を注意深く評価し、互換性を確保することが重要です。

FAQs

A

4Kネイティブ(4Kn)ハードドライブと512eハードドライブの主な違いは、使用するセクターサイズと互換性へのアプローチです。4Kネイティブハードドライブはデータ保存に4,096バイト(4K)のセクターサイズを使用し、512バイトのエミュレーションはありません。512eハードドライブは物理ストレージに4,096バイト(4K)のセクターサイズを使用しますが、古いシステムとの互換性を維持するために512バイトのセクターサイズをエミュレートします。

A

4Kハードドライブと他のハードドライブの主な違いは、使用するセクターサイズにあります。従来のハードドライブは512バイトのセクターサイズを使用しており、4Kハードドライブで使用される4Kセクターサイズに比べてはるかに小さいです。