Home

WWDC 2023 キーノート:期待される新機能は何ですか?

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Apple WWDC 2023:6月5日の基調講演 - macOS 14、iOS 17、ヘッドセットなど

概要: WWDC 2023は2023年6月5日に開催されます。基調講演では、macOS 14やiOS、ヘッドセット、watchOS、iPadOSなどのハードウェアとソフトウェアの新機能や改良が多数発表されます。興味がある方は、こちらをクリックして詳細をご覧ください。

WWDC 2023

Appleの34回目のWorldwide Developers Conferenceは、2023年6月5日から6月9日の間に開催されます。開始は、米国太平洋時間の6月5日(月曜日)午前10時に行われる基調講演です。

Apple WWDC 2023では、iOS 17、iPadOS 17、tvOS 17、watchOS 10、そして待望のAR/VRヘッドセットが発表されます。イベントはオンラインライブストリームとして配信されます。また、一部の開発者、学生、およびメンバーはApple Parkで基調講演やState of the Unionプレゼンテーションを観覧することが許可されています。

AppleはイベントをApple.com、Apple Developerアプリ、App Developerウェブサイト、AppleTV、YouTubeでライブストリーム配信します。以下のチャンネルでWWDC 2023の全体イベントをご覧いただけます。

WWDCが公開する新しいハードウェア/ソフトウェアの詳細情報については、iBoysoftの記事をご覧ください。

目次:

iOS 17

 

iOS 17

iOS 17のアップグレードはiOS 16ほど大きなものではありませんが、iPhoneユーザーが期待していた「最も要望の多い機能」が追加されています。詳細な新機能は、BloombergのMark Gurmanが述べたとおりです。iOS 17の新機能をご覧ください。

  • スマートディスプレイのロック画面オプション(水平方向でロックされているとき)
  • 日々の活動や思考を追跡・記録するための専用のジャーナリングアプリ
  • アップデートされたコントロールセンターのインターフェース
  • ダイナミックアイランドの機能向上
  • よりインタラクティブなウィジェット
  • 検索機能の改善
  • iPadへのヘルスアプリの拡大
  • ヘルスアプリに新しい気分追跡機能が追加され、ユーザーにその日の様子を尋ねると結果を時間毎に集計する
  • 視力の変化を追跡するためのヘルス機能
  • フォントサイズの微調整やロック画面デザインの共有オプションなど、マイナーアップデートがロック画面に加わる
  • 歌詞に対応する可能性のあるApple Musicのロック画面インターフェース
  • App Libraryフォルダの手動調整オプション
  • より効率的で直感的なウォレットアプリ
  • Find Myの改善
  • ヨーロッパでのアプリのサイドローディング機能のサポート

watchOS 10

watchOS 10

マーク・ガーマンは、Apple Watchのハードウェアには重要なアップデートがないとしながらも、watchOS 10ではかなりの拡張が行われると述べています。では、watchOS 10の新機能を見ていきましょう。

  • 新しいウィジェットシステムにより、アプリを開く必要なくApple Watchで重要な情報にアクセスしやすくなります。ウィジェットはスクロール可能で、アクティビティトラッキング、天気、カレンダーの予定などを簡単に確認できます。
  • デジタルクラウンのようなボタンは、ユーザーがホーム画面ではなくウィジェットインターフェースを開くようにカスタマイズできるかもしれません。
  • AppleはApple Watchのホーム画面を何らかの方法で刷新し、アプリグリッドよりも直感的なレイアウトを提供するかもしれません。

macOS 14

macOS Sonoma 14

WWDC 2023では、macOS 14の名前が「Sonoma」と発表され、今年の秋に公開されます。壮観な新しいスクリーンセーバーがデスクトップの壁紙になり、デスクトップにウィジェットを追加したり、iPhoneのウィジェットをMacで利用したり、AutoFillでドキュメントの入力を迅速化したり、ノートでPDFをめくることができたり、改善されたプライバシーとセキュリティなど、多くの新機能が追加されます。

Appleは開発者向けにmacOS Sonomaの最初のベータ版を公開しました。以下のMacモデルで利用できます。

  • iMac:2019年以降
  • iMac Pro:2017年以降
  • MacBook Air:2018年以降
  • MacBook Pro:2018年以降
  • Mac Pro:2019年以降
  • Mac Studio:2022年以降
  • Mac Mini:2018年以降

一部のハードウェアアナウンス

Apple WWDC 2023は、AR/VRヘッドセットやM2を搭載した13インチおよび15インチのMacBook Air、Mac Pro、Mac Studioなど、いくつかのハードウェアの改良を発表しました。

新しいヘッドセットはvisionOSを搭載し、2つのApple Siliconチップ(M2 UltraとR1)を使用しています。テザリングバッテリーパックに接続すると最大2時間、電源に接続すると好きなだけ使用することができます。ヘッドセットは手や目の追跡、音声コマンドなどの「自然な操作」を使用します。Vision Proヘッドセットは「来年初め」に米国で発売され、価格は$3,499から開始されます。

15インチのMacBook Airには、ファンレスのM2チップ、MagSafeコネクタ、Thunderbolt 4ポートが搭載されています。厚さ0.45インチで重量は3.3ポンドと軽く、「世界最薄」の15インチラップトップとされています。

15 inch MacBook Air

15インチのMacBook Airは6月13日に$1299で発売されます。予算オーバーな場合は、13インチのMacBook Airが$1099でお求めやすいです。

Mac Studioは、より高い帯域幅のHDMIポートを搭載したM2 MacおよびM2 Ultraの構成で提供されます。最大8Kの高解像度や240Hzのリフレッシュレートをサポートします。

Mac ProはM2 Ultraチップと24コアCPUで設計されています。24コアCPUは28コアのインテルベースのMac Proよりも1.8倍高速に動作します。76コアのGPUは最大3.4倍高速なグラフィックパフォーマンスを実現します。Mac Proは同時に最大8つのディスプレイをスムーズにサポートできます。

Mac Studioは$1,999から、Mac Proは$6,599から始まります。