Home

Macでゴミ箱が開かない理由と修正方法

Updated on 2024年1月29日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

Macでゴミ箱が開かない、理由と修正方法

誤って削除されたファイルを復元したいか、削除済みファイルを空にしたいとしても、Macでゴミ箱が開かないという問題に直面することがあります。ドックのゴミ箱アイコンをクリックするか、Go to Folderボックスに~/.Trashを入力しても、ゴミ箱フォルダが開けません。

これはとても奇妙ですね。Macでゴミ箱が開かない原因や解決方法を調べたい場合は、この記事を読んでください。また、この問題を修正する方法も学ぶことができます。

Macでゴミ箱が開かない

目次:

Macでゴミ箱が開かない場合、誤って削除したファイルを復元する方法

誤ってファイルを削除し、それらを復元したいがMacでゴミ箱が開かない場合、データ復旧ツールを使用して復元することができます。

iBoysoft Data Recovery for Macがおすすめです。このMacデータ復旧ソフトウェアは、ドキュメント、画像、ビデオなど、Macのハードドライブや外部ハードドライブから削除されたファイルを復元することができます。

Macで一部のファイルが永久に削除された場合でも、データが上書きされていない限り、それらを取り戻すチャンスを提供します。

Macでゴミ箱のアクセスができない場合にiBoysoft Data Recovery for Macを使用してファイルを復元する方法

ステップ1:MacにiBoysoft Data Recovery for Macを無料でダウンロードし、インストールして開きます。

 

iBoysoft Data Recovery for Mac

削除または失われたファイルを復元するための最高のデータ復旧ソフトウェアです。

ステップ2:Macの起動ディスク(Macintosh HD - DataまたはmacOS - Data)を選択し、「失われたデータを検索」をクリックします。

macOS Dataボリュームのスキャン

ステップ3:スキャンプロセスが完了したら、スキャン結果をプレビューして、誤って削除したファイルを選択します。

スキャン結果のプレビュー

ステップ4:別の場所に保存するために「復元」をクリックします。

Macで削除されたデータを回復する必要がある他の人を助けるために共有してください。

 

Macでゴミ箱を開けない理由

ドックからゴミ箱を開けない場合、おそらくドックが機能していないかフリーズしている可能性があります。これはドックのグリッチの結果かもしれません。Macのトラッシュフォルダにアクセスできない場合は、実行中の他のアプリがそれと競合して正常に動作しないことが原因かもしれません。また、システムのグリッチもゴミ箱が開かない原因になることがあります。

Macでゴミ箱が開かない場合、以下のトリックを試してみてください

この部分では、ゴミ箱が開かなくなる可能性のある問題を修正するさまざまな方法を提供します。その後、誤って削除されたファイルやフォルダをゴミ箱に戻したり、Macのスペースを解放するためにゴミ箱を空にしたりすることができます。

  1. Macを再起動します。
  2. Dockの.plistファイルを再作成します。
  3. 他の方法でMacのゴミ箱を開きます。
  4. Macをアップデートします。

Macを再起動する

一時的なエラーが発生し、Macが正常に動作しない場合があります。システムをリフレッシュして一時的なグリッチを解消するために、Macを再起動できます。その後、通常通りにMacのゴミ箱を開くことができます。

Dockの.plistファイルを再作成する

ドックのクリックでMacのゴミ箱を開けない場合、ドックのエラーが原因かもしれません。ドックの問題を解消するために、ドックの.plistファイルを再作成してみることができます。

Dockの.plistファイルを再作成するには、まず削除する必要があります:

  1. Finderを開きます。
  2. トップメニューバーの「移動」をクリックして「フォルダに移動」を選択します。
  3. 検索ボックスに~/Library/Preferences/com.apple.dock.plistと入力し、Returnキーを押します。
    Go to Folderボックスにドックのplistファイルパスを入力する 
  4. Dockの.plistファイルを右クリックして「ゴミ箱に移動」を選択します。ゴミ箱に入れることができない場合は、Option + Command + Deleteショートカットキーでファイルを永久に削除します。 
    ドックのplistファイルを見つけて削除する 

Dockの.plistファイルを削除した後、Macを再起動して自動的に再作成されるようにします。その後、ドックのゴミ箱をクリックして、今度はアクセスできるかどうかを確認できます。

他の方法でMacのゴミ箱を開きます

ドックでゴミ箱が開かない場合、他の方法で開くことができます。

Macのゴミ箱を開く他の方法は次のとおりです:

方法1:フォルダに移動を使用

キーボードでCommand + Shift + Gを押してフォルダに移動ウィンドウを起動します。そして、~/.Trashを入力します。この方法は空のゴミ箱を開くことはできませんので注意してください。

方法2: ターミナルを使用する

  1. ターミナルを開きます(Finder > アプリケーション > ユーティリティ)。
  2. 以下のコマンドを入力します。open ~/.TrashターミナルでMacのゴミ箱を開く

Macのアップデート

上記の方法を試してもMacのゴミ箱が開かない場合は、Macをアップデートしてみてください。システムの不具合がMacのゴミ箱の起動を妨げている可能性があります。macOSのアップデートには常にバグ修正が含まれており、ネイティブアプリのパフォーマンスが向上します。

この記事のヒントを他の人に共有してトラブルを解決しましょう。

 

Macでゴミ箱が開かないに関するFAQ

A

通常、ドックのゴミ箱アイコンをクリックするか、Command - Shift - Gを押してGo to Folderパネルを開き、~/.Trashと入力してMacのゴミ箱を開くことができます。

A

ターミナルを開いて、sudo rm -rf ~/.Trashと入力してMac上のゴミ箱を強制的に空にすることができます。