Home

ストレージエリアネットワークとは何ですか?| SANの例| SANとNASの比較

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

[完全な紹介] ストレージエリアネットワーク(SANストレージ)

要約: SANストレージとは何か? なぜSANは現代のビジネスにとって重要なのか? iBoysoftのこの記事では、ストレージエリアネットワークの種類や例、利点と欠点、SANとNASの違いについて説明します。

ストレージエリアネットワークの要約

 

ストレージエリアネットワーク(SAN)は、多数のサーバーやコンピューターからアクセス可能な相互接続されたストレージデバイスのシステムであり、ストレージ容量の共有リザーバーを作成します。ネットワーク内のすべてのコンピューターは、それぞれのコンピューターに直接接続されたローカルディスクにアクセスしているかのように、SANからストレージを取得できます。

現代のデータ管理の領域で、ストレージネットワークは、組織がデータを保存、アクセス、管理する方法に革新をもたらす画期的な技術として注目されています。また、NVMeやDAS、NASなどの他のストレージの選択肢も、ストレージエリアネットワークに圧力をかけています。

ストレージエリアネットワークとは何か? 続けて読み進め、より適したストレージを選択するための情報を見つけてください。

SANの例

さまざまなタイプのストレージエリアネットワークの例があります。それぞれのニーズと要件に対応するように設計されています。SANストレージは、これらの共通プロトコルを使用してデータ輸送を行います:

  • ファイバーチャネルプロトコル(FCP):ファイバーチャネルテクノロジーを利用してSCSIコマンドを送信し、ストレージデバイスとサーバー間の高速で迅速な接続を確立します。
  • Internet Small Computer System Interface(iSCSI):標準のイーサネットネットワークを活用してIP経由でSCSIコマンドを転送するもので、10分の1の企業に採用されており、費用効果の高い代替手段となっています。
  • ノンボラティルメモリーエクスプレスオーバーファイバーチャネル(FC-NVMe):PCI Expressバスを介してフラッシュストレージにアクセスするためのインターフェースプロトコルであり、数万の並列キューを有効にすることで特徴付けられます。
  • イーサネット上のファイバーチャネル(FCoE):特にイーサネットリンクなどの新しい物理的な回線に FCP を巧妙に統合することで、別々のLANとSANネットワークの必要性を排除します。

さらに、従来のストレージネットワークとデータネットワーキング機能を統合したコンバージェンスSANもあります。これにより、多目的で適応性のあるストレージ環境が保証されます。あなたは他にどのようなSANの例を知っていますか? 皆さんの回答を共有してください。

 

SANの利点と欠点

ストレージエリアネットワーク(SAN)は、企業環境で広く採用されているため、さまざまな利点がありますが、どんな技術にも欠点があります。選択をする際の主なポイントを学びましょう。

ストレージエリアネットワークの利点:

  • パフォーマンスの向上:SANは高速なデータ転送速度と低い遅延を提供し、迅速かつ効率的なデータの取得が必要なアプリケーションやシステムにとって重要なストアデータへの迅速なアクセスを提供します。
  • 集中管理:SANでは、ストレージリソースの集中的な管理が可能です。管理者は単一のポイントからストレージを効率的に割り当て、設定、監視できるため、管理プロセスが簡素化されます。
  • 拡張性:ストレージエリアネットワークは非常にスケーラブルであり、データ要件が増えるにつれて容易にストレージ容量を拡張できます。この拡張性により、ストレージインフラストラクチャがビジネスニーズの変化に適応できます。
  • データの可用性の向上:SANストレージには、冗長なコンポーネントやデータレプリケーションなどの機能を組み込むことができ、全体的なシステムの可用性が向上し、ダウンタイムを最小限に抑え、重要なデータへの連続アクセスを保証します。

ストレージエリアネットワークの欠点:

  • 初期設定費用:SANの導入には、専門のハードウェア、ソフトウェア、熟練した人員への投資が必要であり、それなりの財務的負担となります。
  • 複雑性:SANの設計、実装、管理は複雑であり、特に経験のないITスタッフにとっては豊富な知識が必要です。
  • 柔軟性の制限:SANの変更には、大きな努力が必要であり、ダウンタイムの原因になる可能性もあります。頻繁な再構成には不利です。
  • ネットワークインフラストラクチャへの依存:ネットワークの混雑や障害などの問題がストレージエリアネットワークのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

したがって、ストレージエリアネットワークは多くの利点を提供しますが、関連するコスト、複雑さ、潜在的な欠点を注意深く考慮する必要があります。

SANとNASの違いは何ですか?

両方のストレージエリアネットワーク(SAN)とネットワーク接続ストレージ(NAS)は、データを複数のサーバーに分散させる集中ストレージ管理ソリューションです。ただし、NASの方がSANより抽象度が高いです。

SAN VS NAS

 SANNAS
データの整理方法SANは論理ユニット番号(LUN)に組織化されたブロックのデータを保存します。NASはファイル、フォルダ、およびボリュームにデータを組織化し、中央ユニットによって管理されることで、接続されたデバイスからのデータの独立性を確保します。
データの共有方法専用ネットワーク共有ネットワーク
データの変換方法イーサネットとファイバーチャネルの両方イーサネット

各アプローチの利点も異なります。高性能と最小限の遅延を重視するストレージネットワークに対し、NASはユーザーフレンドリーさ、管理の容易さ、拡張性、コスト効率を重視しています。

お気に入りは選びましたか?他の人のためにシェアしましょう。

 

結論

要約すると、ストレージエリアネットワークは現代のデータインフラストラクチャの重要な構成要素となり、大容量のデータを効率的に管理しアクセスする手段を提供しています。技術の進歩に伴い、SANはデータ集約型環境のますます増大する要求に対応するために進化し、デジタルランドスケープで重要な役割を果たすことでしょう。