Home

eSATA外付けハードドライブ:これらの重要な事実を知っておこう!

Updated on 2024年4月24日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

外部eSATAハードドライブの基礎知識

要約:この記事では、eSATAハードドライブについて、その利点、欠点、およびベストセラーについて紹介します。これに興味があるけれども何も知らない場合、この記事は非常に役立つでしょう。 - iBoysoft

eSATA外付けハードドライブ

さまざまなメーカーによってリリースされたUSBフラッシュドライブ、ペンドライブ、SSD、SSHD、HDD、SDカード、サンダーボルトドライブなど、様々な種類の外付けハードドライブがあります。これらのドライブは、ストレージのアップグレードやバックアップ先として使用できます。

さまざまなマシンに異なるポート、ケーブル、またはアダプターで接続すると、この外部ハードドライブのパフォーマンスに強い影響があり、eSATA外付けハードドライブも例外ではありません。したがって、最適な外部eSATAストレージを選択するためのトリックは非常に重要です。

心配はいりません。この記事では、eSATA外付けハードドライブの紹介だけでなく、特徴、欠点、およびベストセラーも含まれています。

eSATAの基礎知識

現在のハードディスク市場では、3つのインターフェースタイプが利用可能です:SATA、SCSI、およびPATD(IDE)。eSATAハードドライブは、これらの年月で人気が拡大しているSATAインターフェースハードディスクの一種です。

eSATAはExternal Serial Advanced Technology Attachment(SATA)の略であり、光学ドライブやHDDをカバーするストレージドライブです。eSATA外付けハードドライブの設定されたeSATAインターフェースは、USBインターフェースとは異なり、外部ストレージデバイスに対して電源供給されない信号接続を提供します。

人気のある外付けハードドライブであるeSATAは、その利点と欠点、および動作プロセスとともに自己を紹介しています。以下の内容を参考に、その利点と欠点について理解を深めましょう。

eSATA外付けハードドライブの利点:

  • eSATA外付けハードドライブは、データ転送の速さにおいて優れています。USBデータチャネルをスキップし、コンピュータの内部ハードドライブで使用されるチャネルを適用することで、転送速度の制約を破ります。techpreviewによれば、そのデータ転送速度は最大600MB/s(6GBps)に達することができます。
  • 特定のeSATAケースを使用することで、通常のSATAドライブをポータブルなeSATAドライブに変換することができます。より高速な転送速度が利用できます。
  • もしデバイスにeSATAポートがある場合、フラッシュメモリもeSATAの利点を活用することができます。eSATAポートの高いパフォーマンスと、従来のUSBポートの標準速度を楽しむことができます。

eSATA外付けハードドライブの欠点:

eSATAの高い転送速度と優れたパフォーマンスは、その欠点と相殺するものです。では、それらを明確に理解しましょう:

  • おそらく、eSATA外付けハードドライブを使用するためには、USBドライブに比べて2倍の料金がかかる可能性があります。さらに、通常のUSBとは異なる形状のため、コンピュータで使用するためには別途のケースや電源ケーブルが必要です。
  • eSATAケーブルは、USBの5メートルに比べて2メートルが最大です。使用する際には少し不便かもしれません。
  • eSATAは通常のUSBドライブよりも新しいため、多くのコンピュータでは利用できません。Windows 2000 Pro以降のオペレーティングシステムまたはMacintosh System Mac OS X(またはそれ以上)のみをサポートしています。

いくつかのデメリットがあるかもしれませんが、転送速度とパフォーマンスの優れたeSATAドライブを試すことはできます。さらに、この記事が役に立った場合は、ぜひ多くの人々と共有してください!

 

売れ筋のeSATA外付けハードドライブ

この記事を読んでeSATAドライブに興味を持った場合、最適なものを選ぶためにご案内いたします。 

Fantom Drives FD 外付けハードドライブ

売れ筋のeSATA外付けハードドライブ

Fantom Drives FD 外付けハードドライブは、USB/eSATA ProとUSB/eSATAの両方を選択でき、4TBから22TBまでの容量が用意されており、Windows用に事前にフォーマットされており、Mac用にも簡単にフォーマットできます。ソフトウェアのインストールは必要ありません。

7200RPMのハードドライブは、通常の5400RPMのドライブよりも33%高速なパフォーマンスを提供します。USB 3.2 Gen 1を使用すると、最大5Gbpsの転送速度が可能です。USBケーブルが付属しており、USB 2.0との下位互換性もあります。専用の使用にはeSATAポートも搭載されています。

  • 容量:2TB-22TB
  • インターフェース:USB 3.0およびeSATA
  • 回転速度:7200 RPM
  • 価格:Amazon $140.92以上
  • 購入リンク:Fantom Drives
  • 実際のコメント:Eric Peterson

Buslink U3-10TS 10TB USB 3.0/eSATA外付けデスクトップハードドライブ

ベストセラーeSATA外付けハードドライブ

このドライブのeSATA接続により、DVRエクスパンダーおよびeSATAドライブとして使用できますが、購入するためには10TBのストレージスペースしか開放されません。NTFSファイルシステムとしてプリフォーマットされており、MacやLinux用に手動でフォーマットすることもできます。

Seagate FreeAgent Pro 320 GB 3.5" USB 2.0/eSATA外付けハードドライブ

ベストセラーeSATA外付けハードドライブ

Seagate eSATA外付けハードドライブは、320GBのストレージスペースを保持しており、USBケーブルまたはeSATAを介してコンピュータに接続することができます。この外付けハードドライブによってもたらされる高速データ転送速度とスムーズなパフォーマンスをお楽しみいただけます。

Seagateのようなドライブメーカーの巨大企業から提供された製品ですが、2007年にリリースされた古い製品なので注意して使用する必要があります。

完璧なeSATA外付けハードドライブを選択できましたか?もっと多くの人々と喜びを共有しませんか?

 

eSATA外付けハードドライブが認識されない場合、修正方法は?

確かに、多くのユーザーがMacでeSATA外付けハードドライブが認識されない問題やWindowsでeSATA外付けハードドライブが認識されない問題について苦情を言っています。これに直面した場合、まずいくつかの簡単なチェックを行うことができます。

  • デバイスを再起動する。
  • ケーブルやeSATAエンクロージャをチェックする。
  • 2TBのeSATA外付けハードドライブ、または他のサイズを別のコンピュータに接続する。
  • MacまたはWindowsで外付けハードドライブを強制的にマウントする。
  • ···

結論

この記事は、外部eSATAハードドライブについて詳しく説明しています。さらに、いくつかの売れ筋のeSATAハードドライブも紹介しています。もしご興味がありましたら、まずはこの記事を読んでから、その性能を試すために一つ選んでみてください。