Home

[5つの方法含む] PCとMac間でドキュメントを同期する方法

Updated on 2024年4月8日月曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

PCとMacで文書を同期する方法-5つの方法

1つのデバイスに2つのオペレーティングシステムバージョン(Windows OSとmacOS)をデュアルブートする必要がある場合、PCとMac間で文書を同期する方法についての知識は必須です。しかし、どのようにしてその作業を実行できるのでしょうか? 

ご心配なく、iBoysoftのこの記事では、PCとMac間でファイルを同期するための5つの効果的な方法を説明しています。

PCとMacの文書を同期する方法

目次:

PCとMac間でファイルを同期する方法

macOSとWindows OSで同時に作業する人にとって、ファイルの同期は時間の節約と効率の大幅な向上をもたらす問題です。読み進めて、ファイル同期を完了する多数の解決策を得ましょう。

方法1:外付けハードドライブを使用する

macOS互換とWindows互換のファイルシステムとしてフォーマットされた外付けハードドライブは、バックアップドライブとして使用する場合、MacとPC間で文書を同期するのに最適です。 

デバイスに接続するだけで、MacのTime MachineやWindowsのFile Historyを使用してコンピュータをバックアップし、または単純にドキュメント/ファイルを保存するだけで、macOSまたはWindows OSを実行しているときにコンピュータ上のファイルにアクセスできます。

方法2:iCloud Driveを有効にする

iCloud Driveは、デバイスに保存されているすべてのファイルとドキュメントをシームレスに同期する素晴らしいアプリケーションであり、MacユーザーとWindowsユーザーの両方が利用できます。 

macOSとWindows OSの両方にダウンロードし、デバイスに保存されたデータを同期するように有効にすることで、同じiCloudアカウントにログインする場合、どちらのオペレーティングシステムを実行していてもファイルとドキュメントにアクセスできます。

以下はMacでiCloudを使用する方法です:

  1. 画面左上のAppleメニューをクリックし、システム環境設定を選択します。
  2. Apple IDを選択し、左側の列からiCloudを検索し、それをクリックします。
  3. Apple IDとパスワードを入力し、使用するiCloud機能をオンにします。

macOSを実行している場合、同じiCloudアカウントでWindowsに同期されたファイルとフォルダを表示できます。 

1つのアカウントで2つのオペレーティングシステムのiCloudを有効にしているため、iCloudストレージがいっぱいですというメッセージが表示される場合があります。このような場合は、iCloudストレージのサブスクリプションをアップグレードするか、iCloudのジャンクファイルをクリーンアップする必要があります。

今回は、以下の手順に従って、Windows用iCloudを使い方について詳しく説明します。

  1. WindowsのMicrosoft Storeに移動し、iCloudを検索します。
  2. Windows PCにiCloudソフトウェアをインストールします。
  3. iCloudを起動し、Apple IDでサインインしてください。
  4. iCloud Driveのチェックボックスをオンにしてください。
  5. しばらく待って、Windows ExplorerでiCloudを開いてください。

Mac上のiCloudにあるファイルとフォルダは、PC上で表示され、ファイルエクスプローラーでアクセスできます。ダウンロードしたり、オンラインに保管することもできます。また、iCloudユーティリティが同期することを許可する場合は、Macでアクセスできます。

方法3:Google Driveを利用する

Google DriveはGoogle Workspaceの一部であり、どのデバイスからでもファイルにアクセスできる安全な場所です。2012年に発売され、ユーザーはファイルをクラウドに保存し、デバイス間でファイルを同期したり共有できます。Webインターフェースに加えて、Google DriveはWindowsおよびmacOSコンピューターのためのアプリも提供しています。

無料のGoogle Driveアカウントには15GBのスペースがあります。 drive.google.comにアクセスすると、アップロードや同期したファイル/フォルダ、Google Docs、Sheets、Slides、Formsを確認できます。

方法4:OneDriveを起動する

OneDriveはMicrosoftによって2007年に作成されたファイルホスティングサービスであり、ユーザーにファイルを共有し、同期するプラットフォームを提供することを目的としています。5GBのストレージスペースを無料で提供しており、100GB、1TB、6TBのストレージオプションもあります。

OneDriveはWindows OSおよびmacOSに対応しているため、両方のオペレーティングシステムでファイル同期タスクを実行できます。作成または変更したファイルをOneDriveに保存するだけで、同じアカウントで別のオペレーティングシステムでアクセスできます。

方法5:Syncthingを実行する

Syncthingは、2台以上のコンピューター間でファイルをリアルタイムで同期するための無料のオープンソースツールです。プライバシー保護機能もあり、ユーザーはデータの保存場所、サードパーティとの共有の有無、インターネットでのデータ伝送方法を完全に管理できます。

Synchtingは、Webサーバーを利用せず、アカウントが必要ないため、コンピューター、スマートフォン、ハードドライブ上の個々のフォルダを同期できます。

まとめ

1つのデバイスだけで、2つのオペレーティングシステム間でファイルを同期する必要がある場合は、この記事が役立ちます。ここでは、ファイル同期作業を完了するための5つの有効な方法を紹介しました。必要に応じて、1つまたは複数の方法を試すことができます。

この記事が役立ったら、ぜひ多くの人と共有してください!

 

PCとMac間でドキュメントを同期する方法に関するよくある質問(FAQ)

A

外付けハードドライブ、iCloud Drive、Google Drive、OneDrive、そしてSyncthingを使用してMacとPC間でファイルを同期できます。

A

ドライブをシステムに接続し、フォルダに移動してファイルをハードドライブにコピーします。ハードドライブを取り外して、そのコピーしたファイルをこのシステムに取り入れるためにmacOSに接続します。