Home

[修正済み!] macOS Sonoma CSPNEvaluationがドライブ/キーボードを起こす

Updated on 2024年4月24日水曜日

iBoysoft author JackYamamoto

Written by

JackYamamoto
Professional tech editor

Approved by

Jessica Shee

やまと English Français Deutsch Español Português

macOS Sonoma CSPNEvaluation ホームページリンクUSBドライブ/キーボード/マウス毎時起動

概要: このガイドでは、macOS Sonoma CSPNEvaluationが何であるか、それを無効にしてデバイスを通常通りに動かす方法について説明します。-- iBoysoft

macOS Sonoma CSPNEvaluation

macOS Sonoma 14.1.1にアップグレードした後、ユーザーによるスリープの開始直後にCSPNEvaluationという名前のウェイクリクエストがスケジュールされることに気付きました!これにより、指定された時間(通常は7200秒、つまり2時間)後にマシンが起動します。CSPNEvaluationの目的はわかりますか?このリクエストを回避する方法はありますか?CSPNEvaluationのリクエストは次のようになります:

pmset -g log | grep "Wake Request"


2023-11-12 00:58:57 +0000 ウェイクリクエスト        [*process=powerd request=CSPNEvaluation deltaSecs=27742 wakeAt=2023-11-12 08:41:19] 
2023-11-12 08:42:17 +0000 ウェイクリクエスト        [*process=powerd request=CSPNEvaluation deltaSecs=7204 wakeAt=2023-11-12 10:42:22] 
2023-11-12 10:43:21 +0000 ウェイクリクエスト        [*process=powerd request=CSPNEvaluation deltaSecs=3603 wakeAt=2023-11-12 11:43:25] 
2023-11-12 11:44:24 +0000 ウェイクリクエスト        [*process=powerd request=CSPNEvaluation deltaSecs=3604 wakeAt=2023-11-12 12:44:28] 
2023-11-12 12:45:27 +0000 ウェイクリクエスト        [*process=powerd request=CSPNEvaluation deltaSecs=3604 wakeAt=2023-11-12 13:45:31] 
2023-11-12 13:46:30 +0000 ウェイクリクエスト        [*process=powerd request=CSPNEvaluation deltaSecs=3604 wakeAt=2023-11-12 14:46:34

あなたのmacOS SonomaでもこのCSPNEvaluationプロセスに遭遇しましたか?もし遭遇した場合、正しい場所に来ました。CSPNEvaluationは、macOS SonomaユーザーがMacコンピューターをスリープモードにすると現れるもので、内蔵のファンやUSBドライブ、キーボードなどの周辺機器がスピン音やスピーカーの微かなクラック音で起動します。

しかしこれをさらに調査した結果、PowerNapがシステム設定またはターミナルでのpsmetコマンドの実行によって無効にされていても、他のユーザーがこのCSPNEvaluationが出てくると報告していることがわかりました。

心配しないでください。この記事では、CSPNEvaluationの意味とステップバイステップのガイドでの無効化方法を説明します。

macOS Sonoma CSPNEvaluation基本

CSPNEvaluationは、パワーカーネルプロセスによって管理されるCoreSmartPowerNapサービスを意味します。これにより、ユーザーがMacコンピュータをスリープモードまたはパワーナップモードで起動すると、接続されたドライブ、マウス、キーボード、外部ディスプレイ、音声などのコンポーネントと共に、macOS Sonomaにインストールされたコンピュータを起動します。

より詳しい調査の結果、これはmacOS 14 Sonomaで初めて発生し、macOS VenturaやmacOS Montereyなどのそれ以前のmacOSバージョンでは発生しなかったことがわかりました。

確認されたところ、この繰り返されるmacOS Sonoma CSPNEvaluationは、システムフォルダの/System/Library/FeatureFlags/Domain/にあるpower.plistでCoreSmartPowerNapを有効にするためのmacOS FeatureFlagによるものです。

このplistファイルはセキュアなシステムエンクレーブに配置されているため、直接編集することはできません。しかし、/Library/Preferences/FeatureFlags/Domain/フォルダ内のファイルを変更することで、macOS FeatureFlagsを上書きすることができます。自分のMacコンピュータから無効にする方法を学ぶために、以下の手順に従うことができます。

macOS Sonoma CSPNEvaluation

この記事が役に立つと思われる場合は、フォロワーと共有してより多くの人々を助けるために共有しましょう。

 

macOS Sonoma CSPNEvaluationの無効化方法

Macが繰り返し起動されるのを止める方法は1つあります。それは、macOS Sonoma CSPNEvaluationを手動で無効にすることです。この方法はコマンドラインとターミナルが関わっており、ターミナルの初心者の場合は、コマンドラインを正しく入力する前に注意して実行してください。

  1. 「Finder」を起動し、「移動」をクリックして「移動先」を選択します。macOS Sonoma CSPNEvaluationの無効化方法
  2. 以下のパスをコピーしてFinderの「移動先」に貼り付けます。/System/Library/FeatureFlags/Domain/
  3. 「powerd.plist」という名前のファイルを見つけ、次のコードをコピーします。コードは以下のようなものです:

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
    <plist version="1.0">
    <dict>
       <key>CoreSmartPowerNap</key>
       <dict>
           <key>Enabled</key>
           <true/>
       </dict>
    </dict>
    </plist>

  4. テキスト内の<true/><false/>に変更し、さらなる使用のために準備します。
  5. 「Mac Terminal」をデバイスで起動します。「ランチパッド」または「スポットライト検索」から起動できます。
  6. 以下のコマンドラインによりMac Terminalでフォルダ構造を作成します:sudo mkdir -p /Library/Preferences/FeatureFlags/Domain/  
  7. パスワードを要求された場合は、ユーザーパスワードを入力します。入力しているパスワードは表示されない場合もありますが、正しいパスワードであることを確認し、「実行」をクリックして続行します。macOS Sonoma CSPNEvaluationの無効化方法
  8. 変更したテキストファイルをpowerd.plistとして保存し、作成した新しいフォルダに保存します:/Library/Preferences/FeatureFlags/Domain/
  9. Macを再起動します。

これらの手順が完了したら、デバイスをスリープモードに移行させるか、パワーナップを有効にしてMacと接続されたデバイスが起動するかテストできます。

最後に

macOS Sonoma CSPNEvaluationまたはmacOS CSP Evaluationは、macOS Sonomaに含まれる新機能であり、外部モニターやキーボード、マウス、外付けハードドライブ、音声など、Macと接続されたデバイスを起動させます。これが邪魔だと感じた場合は、このガイドラインを読んで無効にすることができます。